ネクタイや着物地を利用して


f0161708_20563169.jpg


正月から小さな端布をチクチクつないできました。
母の残した着物地、友人から戴いた端布、骨董市で買った絹地など色々です。そうそう恨みのネクタイも入っています。

色合い良く並べてつなげたら、マフラーに仕立て上げます。総て手縫いですので時間ばかり掛かりますが、それが結構楽しいのです。

左側の細いマフラーには恨みのネクタイが使ってあります。
シックな縦縞布と白い文字のように見えるナス紫の布がそうです。
どちらも素敵な色柄だと思いませんか?私はそう思って、山人氏に買ったのです。
ところが趣味が全く違う山人氏には最悪のネクタイに見えたのでしょう。
一度も、、全く、、全然、、使うことがなかったのです。
特価品を買ったわけではありません。随分と高いネクタイです。それで、捨てるに捨てられず、ほどいて手芸用布として取って置いたのです。

このネクタイばかりではありません。ワイシャツ、Tシャツ、等私が買った衣類は全く手を通すことがありませんでした。30代半ばでバカバカしい買い物は止めにし、それ以降は二度と下着や靴下以外は買わないことにしています。

その方が仲も円満です。
「モウ~折角買ったのに・・・」と思うこともないし、山人氏も、
「こんな変な物、着られない!」と気兼ねしつつ文句を言う必要もないのですから。

それに、山人氏の気持ちはよく分かるのです。
私だって、自分の趣味ではない洋服は絶体に着たくありませんから!

世の中に、ココまで趣味が違う夫婦はいないと思うぐらい違うのです。それがナント40年近く一緒に暮らしているのだから 【奇跡】 です。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]
by ubayuri | 2009-01-11 21:25 | 手作り色々 | Comments(0)