やっと袋物が完成

昨日は手抜き料理のことを書きましたが、これをベテラン主婦の知恵とおとり下さった方もいて嬉しい限りです。
さて、今日もその知恵の続きです。

毎日雪やみぞれがちらつき、寒くなってきました。寒くなると手芸を引っ張り出すうばゆりです。
昨シーズン作りかけたまま 春を迎えた手芸品を完成させました。
f0161708_21233141.jpg

どれも、古い着物地で作ってあります。強く引っ張ると裂けそうな部分もありますが、そこで主婦の知恵の活躍です。キルティング用綿の上に古布を置きチクチク上から運針するのです。
あれ?もしかして運針って言葉知らないかもね。今でも家庭科で習うのかしら、、
小さな端切れもつないでから、綿とともに運針です。それから袋物に仕立て上げるのです。

本を見るとか型紙を取るとか一切しないので、中断してしまうとさてコレは何の布?と悩むことがしばしばです。
この袋たちも3月頃布をつなぎ合わせ運針までしたのですが、春になりそのまま放っておいたのです。
7ヶ月間は頭の中は庭と花で一杯です。
久しぶりに引っ張り出したものの、どんな形に仕様として布をつないだのか忘却の彼方です。

それで マ~、いつもの適当精神で作ったのがこの袋です。
絹地で作った袋は軽くて肌触りがよいので年配の人にはうってつけです。

↓「古日記」の方に もう少し詳しく載せておきますね



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
by ubayuri | 2009-11-20 21:41 | 手作り色々 | Comments(0)