春の自然観察・熊篇

   小熊の兄弟がおりました。

   暖かい春の日ざしが嬉しくて~
   かがやく緑の木々や草が嬉しくて~

   二人はじゃれ合っておりました。
f0161708_228634.jpg

   お相撲をとったり、かけっこしたり、
   それから木登り競争です。

   兄ちゃんが木の上から大発見!
   「とうちゃんがいたぞ!」

   二人は一目さんでかけ出しました。
   「と~ちゃ~ん」


   ◆  ◆  ◆
この話全くの作り話ではありません。

今日は白沢天狗岳・春の自然観察会(大町登山案内人組合主催)がありました。

観察の主目的はイワウチワの観賞です。
虚弱体質、運動嫌い、意志薄弱なうばゆりは山男達と行動を共にすることは出来ません。だけどイワウチワの花はどうしても見たいし~
ダメ元、無理なら途中脱落でいいや~
出発地点は我が家の前だから迷子になることもあるまいし~等と考えて急遽参加をしたのです。

参加者に婆さんはいません。おばさんもいません。お姉さんもいません。紅一点のうばゆりです。
それでも、無事イワウチワの群落まで到達し、綺麗な花も堪能したのでそろそろ一人脱落しようかな?と思っていた矢先のことです。

右手の方から小熊が2頭、一目さんで一行目がけて駆けてくるのです。
「父ちゃんだっこ!」と言わんばかりの勢いです。
ずらり人間が10人以上いるのに気がつかず目と鼻の先まで接近したので、山男達は一斉に
ワ~ワ~、ヒュ~ヒュ~、ガ~ガ~、ボ~ボ~などと意味のない大声を上げました。
小熊達は、その雄叫びにやっと気付き、きびすを返して逃げていきました。

実はうばゆりはコレを目撃できなかったのです。くたびれてやっとの思いで後ろについていたので、木の陰で見えなかったのです。でも逃げるときのザワザワという笹音はすぐ近くで聞きました。

皆、今までに熊を見たことがあります。うばゆりだって2度も遭遇しています。
でも全員が口を揃えて、「こんなに近づいてきたのは初めてだ」と、興奮冷めやらぬ様子で話しておりました。

f0161708_22445698.jpg

これがイワウチワの花です。きれいでしょう。

熊とイワウチワと新緑の景色~素晴らしいハイキングになりました。
家に帰ったら、素晴らしいことがもう一つ待っていたのですが、その話しは又明日。




          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]