渋くて上品な色

f0161708_21512455.jpg

ねえ、写真見て下さった?
良い色でしょう?
特に左側の、紫がかった鼠色!

見れば見るほど惚れ惚れしちゃうわ。
これでブラウスを作ったりすれば、山姥のごときうばゆりも見違えるように上品なサユリ婆に変身よ。

この色、ナント!××で染めたのよ。
誰の家にも必ずあるもの。
日本人なら誰でも知っている。な~んだ?

正解はお茶です。
お茶を沸騰後20分煮出して染液を作ります。
その液に20分間浸し、鉄媒染したのが紫グレーで、
右側の薄いクリーム色がアルミ媒染、
真ん中のくすんだクリーム色が銅媒染です。

お茶なのに緑や茶色などお茶の色に染まらないのよね。草木染めは不思議な世界です。
勿論煮出して作った染液はお茶を出しすぎた時の緑がかった茶色です。ところが媒染液に浸けるとみるみる違う色になるのです。

マ~、何も知らない純真無垢な花嫁さん!等と衣装の白に惑わされて思い込んだのが大間違い。その正体はジャ~ン!百戦錬磨の虹色仮面なんてことありません?

いつも正義感を振りかざし堂々論陣を張っている人が、実はお腹の中は真っ黒で、陰では何をやっているのか分からない~

目先の色に惑わされると痛い目に遭いますよ。
高齢者や小金持ちの奥さん~ お気を付け遊ばせ。

ア~、うばゆりは大丈夫よ
高齢者でもないし小金持ちでもないから。それに草木染めで見た目の色とうちに秘めた色素は違うとしっかり勉強していますもの。



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2010-11-04 22:01 | 手作り色々 | Comments(0)