カリンサワーは美味しい!

f0161708_2253811.gif

勿体ない精神旺盛なうばゆりは、考えました。
毎年戴くカリンです。
最初はカリン酒を作っていたのですが、まだ2年前のが残っています。

カリンはそのまま食べられないし、ジャムにするとジャリジャリして喉ごしが悪いし、蜂蜜漬けはお金がかかるし、、、
去年、初挑戦でカリンサワーを作ってみたのです。梅サワーや柚子サワーと同じ要領でやってみたら、
ナント美味しいこと。そのまま飲むのなら梅サワー・柚子サワーより美味しいのです。
カリン独特の甘い香りと酸味が口中に広がり、優しい気持ちになります。

梅サワーは料理に使えて、長期間保管しても味が変わらず万能選手です。
柚子サワーは出来たては柚子のよい香りがして美味しいのですが、半年以上経つと薬っぽい味になります。
さて、カリンサワーは、1年経っても味に変化はなく美味しいです。料理には不向きかも知れませんが喉が痛いときはトローチ代わりに美味しく飲めるし、夏は氷を浮かべて飲んだり重宝です。

カリンの木をお庭で時々見かけますが、余り活用されてないようですね。作り方はとても簡単ですので是非お試しください。といってもまだ2年目ですので試行錯誤の最中です。一応今年の分量を書いてみますね。
   ☆   ☆   ☆


カリンサワーの作り方
カリン  大4個 (1.5kg程度)
酢    3.6㍑
砂糖  2kg


カリンは洗ってざくざく切る。種も皮もそのまま入れるが黒ずんた所や虫食いの所は捨てる)
酢は米酢または穀物酢を利用。
砂糖は氷砂糖1kgグラニュー糖1kgを用いたが、普通の砂糖でもよい。
以上を果実酒用の瓶に入れて一番上にガーゼかキッチンペーパーを置いて表面にも液が回るようにする。

カリンは空気に触れると赤茶色に変色するので、瓶に酢を半分くらい入れてから、切ったカリンを直ぐに投入していく。上から砂糖を入れる。
冷暗所で保管するのだが、砂糖がとけるまでは時々ゆすってやる。
1ヶ月くらいで出来上がるがカリンの熟し具合や気温によって差があるので、味で確かめる。
果汁が出てスカスカになったカリンは取り除き、布巾かペーパーで漉して瓶に保存する。
20度以下の冷暗所で1年間保存できる。 





          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2010-12-02 22:11 | 手作り色々 | Comments(0)