思い出のフルーツケーキ

f0161708_2320834.gif

先日、東京のホテルでランチバイキングに挑戦しました。
和・洋・中華のメインからサラダ、スープ、蕎麦、ケーキ、フルーツ、、、とあらゆる物が並んでいます。
欲に駆られて、ローストビーフにスモークサーモン、餃子、肉団子、卵焼き、ラザニア、パン、ゴマ団子、、、支離滅裂にチョイスです。食後のデザートはぶどうにババロアにコーヒー、最後の〆はフルーツケーキです。

そしてハルさんと同時に
「自分たちのフルーツケーキの方が美味しいね!」と意見が一致です。

今から40年くらい前にフルーツケーキの作り方をハルさんから教えて貰いました。それ以来うばゆりの定番ケーキなのです。この味には絶対の自信があり、何人の人にレシピをコピーして渡したか分かりません。
美味しさの秘訣はフルーツ漬けなんです。大層手間暇がかかりますが、一度作っておけば長期保存が利き便利です。
そういえば、最近作ってないな~と思いつつ帰ってきました。

今日はそのフルーツケーキ作りです。
作りながら昔の友人の顔が浮かんできます。
余りの美味しさに当時の仲良しは皆 このフルーツケーキ作りにのめり込みました。
うばゆりは、お土産や誕生祝いにと沢山作って、あちらこちらに差し上げたのですが、友人達も似たり寄ったりです。

みんな~、今でも作っているかしら?

ハルさんは20年前のフルーツ漬けを出して最近作ったと言ってました。
うばゆりは10年まえのフルーツ漬け利用ですが、依然と変わらぬ美味しいケーキが完成しました。

フルーツ漬けの作り方を書いておきますね。下のは基本料ですので適当に増減してください。うばゆりはいつもレーズンを5~6kg使っていました。

------------------
フルーツ漬けの作り方

レーズン      500g --- 湯洗いして1粒を3等分する
オレンジピール  235g ---みじん切り
アーモンド     100g ---薄切り
くるみ        200g ---薄切り
りんご・紅玉   2.5こ ---すり下ろして少し水気を切る
ラム酒    180cc
砂糖   750g
シナモン・大さじ 山1   ナツメグ・小さじ1/4   オールスパイス・小さじ1/4  クローブ・小さじ1/4 

広口瓶に全部を入れて、毎日かき混ぜる
全部が馴染んで薄茶色になったら、冷暗所で保管する。長期保存してもカビが生えたり腐ったりすることは無い。

------------
フルーツケーキ
薄力粉   240g
バター   160g
卵      240g
砂糖    240g
フルーツ漬け 300~600g

1 柔らかくしたバターと砂糖をよく混ぜる。
2 卵を1つずつ割りほぐして混ぜ込む。
3 2の中にフルーツ漬けを入れ、ふるっておいた粉をざっくり混ぜる
4 型に流し入れ、5~60分焼く。
 



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2011-02-05 23:24 | 手作り色々 | Comments(0)