染め模様と思ったら~

f0161708_238552.gif

久しぶりの草木染め教室なので、張り切っていきました。
家で下準備をしておいたので、すぐに伸子張りをして刷毛で色を塗り始めました。

刷毛にたっぷり染液をしみ込ませ、サッサッサ~と横に動かします。
何だか濃いところと薄いところとが出来、目にも鮮やかなむら状態です。

先生がいち早く気付き、お手本です。
細かく、でも力を入れて左右に刷毛を動かします。するとアラ不思議、均一に色は広がるのです。

直ぐに真似をしてやったのですが~、難しいものです。
そこで、わざとむらを出して 模様にしてみることにしました。
余った染液を、布の上からポタポタと垂らしたのです。
ウ~ム、コレは芸術的になるわ~
想像を超えた、不思議な模様だわ~

と、思ったのに乾いてみたら、素敵だと思った模様は明らかにシミとしか見えません。

【あばたもえくぼ】に見えるのだから、見ようによっては芸術的に~ と逆さから見たり斜めから見たり
したけれど、しみはやっぱりしみでした。

そうだわよね~
顔のシミが、何かもっと良い物に見えることは絶対にないわよね。

白い帯地を染めているのです。
染め上がったらバックかリュックを作ろうかな?


          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2011-06-22 23:11 | 手作り色々 | Comments(0)