生の藍で染める

 
f0161708_23445281.gif

作品展を見てから、俄然やる気が出てきたうばゆりです。
良い刺激を受けるのって大事ですね。
頭の中で居眠りしていたやる気がシャンと目を覚まし、血の流れが急に良くなったみたいです。
「人からパワーを貰う」とか言いますがこういう事なのでしょう。

さて、朝起き抜けに栽培している藍の状態を見に出ました。
そこで、直ぐに藍を摘んで作業を始めれば良かったのに、つい目が雑草の方にいってしまい~
草取りをはじめてしまいました。
雑草は取っても取っても終わりになりません。腰が痛くなってハッと気がついたら2時間ほど過ぎていました。

慌てて藍を刈り取って、それから朝食。
かき込むようにして食べてから、まず藍の葉を1枚ずつ茎から外します。
その後の工程はざっと書くと、
葉を水で洗う → 手でちぎる → ミキサーで撹拌 → 布で漉す → 水に浸けておいた絹布を絞って藍の汁に浸す → 液の中で静かに布を動かす → 絞って空気にあてる → 又液に浸す →絞って空気に →液に浸す → 絞って空気 → 水洗い → オキシドール水に漬ける → 酢水に浸ける

ざっとこんな感じです。
不思議なことに空気にさらすと色が濃くなるのです。だから絞った布をパタパタ空気中で泳がします。
発酵させた藍で染めるのと違って、あの深い藍色は出ませんが、それでも藍の葉から貰った天然の色です。染め上がった色を見ると何だか愛おしくなるから不思議です。

今日は少しやりすぎたみたい。
疲れ切って夕食後は居眠りをたっぷり1時間以上です。




         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2011-09-11 23:46 | 手作り色々 | Comments(0)