コブナグサで染める~

 
f0161708_22244544.jpg

先日、布の整理をした中に木綿布がありました。
そのまま仕舞い込むと、永久に箱入り布になってしまいそうなので染めることにしました。

丁度コブナグサが使い時です。
コブナグサというと、いかにも染め物用の有り難い植物に思えるでしょうが、見た目はまるきり雑草です。
荒れ地、原野、等に生えている稲科の草で、ススキの孫みたいな感じです。
染め物に使うため、庭の片隅に種をまいて育ているのですが、知らない人が見ると
「どうしてここだけ雑草を抜かないの?」と言います。

このコブナグサは古代から黄色の染料として使われていたと言います。昔の人はどうやって染料となる草を見つけたのでしょう。偉い物です。

写真の右側2枚が木綿を染めた物で、大きな模様は板締めで付けました。
左側はついでに絹の白布を染めてみました。こちらはグラデーションに染めたのですが写真でははっきりしません。
さて、このまま服に仕立てるか、もう一度他の染料で染めてから使うか、
目下思案中です。



         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2012-08-29 22:27 | 手作り色々 | Comments(0)