布の中から辰が飛び去る~

相変わらず布を愛でているうばゆりです。
先日、オークションで素敵な柄の長襦袢を見つけました。
肩や裾部分には絞り模様が大きく入り、所々に龍の模様が入っているのです。
一目見て気に入り、オークションに参戦しました。
どこかの馬の骨が食いついてきましたが、最後は振りはtらってうばゆりがゲットです。
f0161708_23112480.gif

届いた着物は思った通りの色柄で多いに気に入りました。
その日の内に解いて、直ぐに洗いました。洗濯をしている間もどんな風に仕立てようか~想いが次々浮かびます。

あ~、それなのに~
龍の模様は布から消えていたのです。
全体に入っている絞り模様はハッキリ残っているのに!

オークションで反物や着物を買い始めて4~5年経ちますが、こんなことは初めてです。
手書きの模様に見えましたが、雨に当たったり、汗をかいたりしたら消える柄なんて考えられません。

1回限りの舞台衣装だったのかしら?
それとも、なんかのディスプレイ用だったのかしら?

辰年の暮れに龍がが飛び去ったと考えましょ!




         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2012-12-24 23:13 | 手作り色々 | Comments(0)