アルバイト学生とくたびれた中年?

「くたびれた~」 と、我が家の洗濯機が
半年ほど前から不平を言うようになりました。無視をして使っていると、
「ギーギー」と変な声を出して 時々アピールするのです。

それでも騙し騙し使っていましたが、ついに買い換えることにしました。
もう、とっくに定年退職して良いほどの年数を働かせていたのだから
ここはスッパリ諦めることにしたのです。
f0161708_2213977.gif

入り口に電気屋さんのトラックが止まったかと思うと、
若くて生きの良いお兄さんが小走りで玄関に来ました。
どこからみてもアルバイトのお兄さんです。高校生に見えるので内心
「学校が休みになってバイトをしているのだわ~」とうばゆりは思いました。

バイトのお兄さんは
「設置する場所は?」「古い方のリサイクル手続きは?」とか、次々質問してテキパキ動いています。
トラックの横には40台後半と見える中年のオジサンが立っていましたが全く口を利きません。

若い者はこうこなくっちゃ!
きびきび動いてなんぼでしょ! と好ましく見ていると、

洗濯機置き場に二人で運び入れると、バイトのお兄さんが
「そっちを持ち上げて!」とため口です。

うばゆりはビックリして耳をそばだてて二人の会話を聞いていました。
なんと、高校生のバイトと思ったお兄さんがすべて指示を出しているのです。
そして電源やアースをつないだり、給排水のホースを設置したり、等全部お兄さんが
キビキビ・テキパキやるのです。

オジサンの方は剥がしたシールや空箱の片付けです。
そして、終始口を閉じたままです。
帰るまでにおじさんの声を聞くことは出来ませんでした。

いやー、見た目で判断してはいけませんね。
配送係の主任があの若いお兄さんで、中年オジサンはバイト?だったのでしょう。

それにしても、親子ほど年の違う若い者に指示されて働くのも辛いものがあることでしょう。
世の中厳しいね~!







          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]