神さま・仏さま・おばば様~

朝、車を走らせていると前方に腰の曲がった老人が見えてきました。
はるか前方でしたが、しっかり減速して先に渡ってもらおうとしました。
ところが、まるで止まっているがごとくで~
車はどんどん近づいて行きます。
f0161708_2310973.gif

お婆さんの手前で車を止めて待ちました。
歩幅は10センチ、いや5センチ、若しかしたらもっと狭いかもしれません。
腰は90度以上曲がっています。直角以上です!
手には空鍋を持ち、それを杖代わりにつきながら1歩ずつ歩いているのです。

あ~、おばば様 アナタはすごい! 手を合わせて拝みたい気分です

うばゆりは、その時腰が痛いので病院に行く途中でありました。
腰には湿布薬をべたべた貼り、痛み止めと炎症止めの薬を飲み、
病院に行けば電気をかけてもらうのです。
我ながら、意気地なしで恥ずかしいです。

アノお婆さんは腰が痛くても働いて~
泣きたいほど痛くても働いて働いて~
それを何十年も続けて、あーなったのでしょう。

うばゆりは思うのです。
ユネスコの世界遺産になるのも
新たな国立公園になるのもいいですが、
アノお婆さんはそれ以上の価値があると思うのです。
何か保護する方法はないかしら?
絶滅危惧種はおかしいし~ 無形文化財じゃないし~

ここは、神さま・仏さま・おばば様で祭り上げるのが一番でしょう。
毎日、お婆様の姿をナムナムナムと拝み、自分のだらしなさを反省するのです。そして今の日本を築いた無名の人々に感謝をするのです。

以前、温泉で溺れそうになる程腰の曲がったお婆さんのことを書きましたが、今日見たお婆さんの方が
曲がり方といい、歩き方といい数段 苦労係数が上でした。

それにしても、アノお婆さんは鍋を運んでいたのかしら?
それとも杖がなかったので鍋を代わりに使っていたのかしら?
気になるわ~

------------------
同じようなことを何度も書いてごめんなさい。腰の曲がったお年寄りを見るといたく感動するもので、ついつい同じことを書いてしまいます。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]