散り際の美しさ~

今日は朝から冷え込んで、冬の寒さです。
余り寒いので庭仕事はおやすみしました。

今の気温は4度です。
庭の紅葉も今日が見納めになりそうです。
落葉する直前の美しさを見て下さいませ。
f0161708_22182994.jpg
上の写真はうばゆりの庭から見たよそ様の林です。
ミズナラと楓の木が多い林です。
今年はミズナラの実(ドングリ)が大不作です。例年は屋根にドングリが当たりカンコンカンコンと賑やかな音を奏でるのですが、今年は聞くことがありませんでした。
クマやリスが困っていることでしょう。

f0161708_22185871.jpg

こちらはうばゆりの庭です。
右側の黄色い葉っぱの木は「ダンコウバイ」だと思います。
15~6年前にお隣との境目の斜面に咲いているのを見つけました。
今にも折れそうな程細く ひょろひょろと1メートルほどの背丈でした。
そんなか細い体で、春一番に黄色い花を付けました。
うばゆりはてっきり マンサク だと思って庭に移動することにしました。
斜面の石の間から生えているので、簡単に抜くことができ、そのまま3メートルほど引きずってきました。
ちゃんと土のあるところに植えたので、どんどん大きくなり、今では見上げるほどです。
花や新緑も良いですが、紅葉が実に美しいのです。
透き通るような優しい黄色です。雑味というか~茶色がかったり赤みを帯びたりしないのです。
その上、長期間黄色い葉を保持しています。

殊更美しく輝いて散っていく葉
茶色くしわしわになって、くたびれきって落ちてゆく葉
散りゆく様は色々です。

うばゆりは散り際くらい 美しくなくても良いと思います。(散り際
人に褒められなくても良いです。
どうせ死ぬのだから我慢しないで、ギャーギャー 痛いの 苦しいのって騒いで逝きたいです。
そして残された人が
アー やっと静かになったー とホッとして欲しいです。






          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]