紫芋をふかしたら~

先日、タカさんに紫芋を貰いました。
体に良いとかで、紫芋の饅頭や羊羹、パンなど色々な商品でお目にかかるアレです。
2~3年前からちょっとしたブームです。
f0161708_23181589.gif

早速、ふかしてみました。
串がスッと通るようになったので火を止め取り出しました。
鍋底に綺麗な紫色の水が残っています。

こんなに綺麗な色水なら、染め物が出来るかもしれません。
すぐに白い絹をハンカチ程度の大きさに切って蒸し器に入れました。
染液に浸けている間に、芋の味見です。
芋のまま食べるとしたら、普通のお芋さんの方がホクホクして美味しいです。
それで、芋ようかんを作ることにしました。

そう言えば小さい頃、母が良く
「栗より うまい じゅうさんりはん」 と言いながら食べていたっけ。
うばゆりは、本当は栗の方が食べたいけれどぐっと我慢です
それにしても サツマイモのことを 「9里 4里 うまい 13里半」 とはうまく言ったものです。

紫芋の水に浸けた布は、最初の内は綺麗な紫色でしたが
鉄媒染液に浸けたら、ネズミ色になってしまいました。 
でも墨を薄めたようなネズミ色ではなくてほんのり紫色帯びた 上品な色です。

来年、また紫芋を貰ったら、皮をむいて染め物用にしようと思います。
中身・本体は芋ようかんです。
また、タカさんくれるかな~





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2014-11-07 23:21 | 手作り色々 | Comments(0)