この家紋をどうしましょう!

 3月下旬に我が家で展示会をやります。
狭いうばゆりの部屋が会場ですから、2人入ったらもう満員ですが~
兎も角、それに向けて毎日一生懸命に縫い物です。

3日前に手を付けたのが、この布です。
f0161708_23391574.jpg

上物の絹で、茶色の地に波と花が描かれています。
この布は、袖や見頃の長さに切ってあり家紋も入っていますが、仕立ててはありません。

どんな事情があったのでしょうね~
家紋まで入れたところで、注文がストップしたのって!

それが、流れ流れてうばゆりの手に入ったのです。
まともに買えば何十万もするのでは無いかしら?

勿体なくて、今まで眺めるだけでした。
でも一念発起ワンピースにすることにしたのですが
家紋の処理に頭を悩ませているのです。

柄として生かしたいのですが、ちょうど左右の腰の辺りに一つずつ出てしまうのです。
このままでは、まるで腰のツボのマークです。

丸二日、布を前にして考えました。
タックを取って隠すか
他の家紋をいくつかパッチして模様にするか
家紋の周りに刺繍をしていかすか

手持ちの布から合う布を探しましたが見つかりません。

考えても埒空かないので、取り敢えず洋服に仕立てることにしました。
うまく洋服に仕上がるかドキドキものです。
見切り発車って良くないのは分かっているけれど、何だか気持ちが焦ります。










         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2015-02-12 23:45 | 手作り色々 | Comments(0)