チアシードってなんだ?

先日、戴いたお土産を開きました。
ワニの抜けた歯2個、ナイフとフォークセット、マテ茶、マテ茶用カップとストロー、チアシードです。
遠い国から重い物をエンコラショと運んで来てくれたのです。

机の上にそれらを広げて見せると、娘の目がきらりと反応をしました。
「スゴイ!これ欲しかったの!」
と言って、チアシードに手を伸ばしました。

うばゆりは、ダイエットに良いとか聞いたのだけど、なんか怪しい物体だ~と内心思っていたのです。
いっこちゃんごめんなさい!

日本ではまだ手に入りにくいけれど、アメリkではセレブを中心に大流行のダイエット用食品だというのです。
セレブですよ、セレブ!
即、うばゆりは飲むことにしました。
f0161708_23145854.gif

生まれて初めての品ですから、まずは実験です。
透明のグラスにチアシードを大さじ1杯入れて、水をカップ半分ほど入れてみました。
ごまより小さいチアシードは丸でゴミのように見えます。
それが水に浸すと10倍ぐらい大きくなりトロリとしてくるのだそうです。

加熱しないでどうしてとろみが出るのか不思議でなりません。
片栗粉だって、寒天だって、ゼラチンだって、、、
うばゆりが知っている限りとろみが出る物は加熱しなければなりません。それがチアシードは水のままで良いと言うのです。
この目で見るまでは絶対に信じないうばゆりです。

時々コップをのぞき込んで変化を確認です。段々トロリとなり種が白っぽくなってきました。
そして3時間経過。
ジャ~ン! 
なりました! まるでタピオカのようです。
特に味はありません。臭いもありません。

舌触りはなかなか結構なもので、黒蜜を掛けて食べました。
これで、セレブ風の婆さんに変身だわ!ワクワク~

だけど、まだ納得できないのよね。
だって、チアという植物の種がチアシードなんだけど、水でトロリとなるんだったら、
種が実った頃雨が降ったらどうなっちゃうの?
畑中がベトベトになっちゃうじゃあないの?
f0161708_23162424.jpg

何しろ、小さいのです。まち針の頭の10分の1位です。







          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2015-03-19 23:23 | 手作り色々 | Comments(0)