コレはお宝球根か?

春に可愛い姿を見せた花たちもすっかりしおれて
枯れた茎だけが立っています。
ムスカリやキバナカタクリ、シラーなどは何年も植えっぱなしだったので
掘り起こすことにしました。
f0161708_23132238.gif

枯れた茎を手がかりに掘り進むと、コロコロと球根が出てきました。
嬉しいことにおまけが付いています。

だけど~ この球根はうばゆりの大事な花なのか不明です。
特にムスカリは~
誰にもあげず、大事大事に育てているムスカリがあるのです。
チューリップの様な葉を1枚だけ出して花を付けるムスカリ・ラテフォリウムです。
花のてっぺんだけ花火の様に八方に花びらを開きます。何より良いのが普通のムスカリのように長い葉がモジャモジャと邪魔くさくないのです。
そのムスカリ・ラテフォリウムなのかモジャモジャ邪魔くさムスカリなのか、球根だけでは区別が付きません。
折角、神奈川の家に移植をしようとしているのに、もじゃもじゃ・ムスカリだったらがっかりです。

キバナカタクリも球根が大きく育ち数も増えていました。
凄く得した気分です。

花は手をかければちゃんと答えてくれて 裏切りません。
酷暑の夏も、厳しい冬も乗り越えて、春には花を咲かせてくれます。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2015-07-08 23:16 | 花・植物・庭 | Comments(0)