実は挫折の連続でした~

只者ではないおたまさんが、犬ぞりのことを突いてきました。

当事者のうばゆりはすっかり忘れていた犬ぞりです。
f0161708_2329101.gif

あれは、今から20年近く前のことです。
雪国に移り住んだうばゆりは、犬ぞりに挑戦するのだ!と張り切りました。
大型犬・スモークが控えているので、あとは犬ぞり一式を買うだけです。
その辺のホームセンターやスポーツ店では売っていないので、輸入代理店みたいな所を通して外国の犬ぞりを手に入れました。
やる気満々のうばゆりでしたが、スモーク〔犬)は全くやる気を起こしません。
何度、練習しても、そりを引っ張らないでうばゆりのそばに来てしまうのです。
見かねた山人氏が前を走ると、それを追いかけてスモークが走り、ソリも走るという具合です。
山人氏がへたばると、追いついたスモークは大喜びします。
結局、数回挑戦しただけで犬ぞりは諦めたのです。

その犬ぞりは数年前にオークションに出し、北国へ渡っていきました。

と言うことで、昨日
「唯一、挫折したのは小鳥の観察です」 と、書きましたがアレは大間違いでした。

犬ぞりのことから、イモずる式に挫折したことが思い出されます。
最大にして最短時間で挫折したのが犬ぞりで、
次がテレマークスキーです。北欧の方ではとても盛んな冬の遊びだそうですが、日本では余り見かけません。雪の野山をスキーを履いて歩き回るのです。靴の踵は固定されないで歩きやすい構造です。板も細くて軽く出来ています。
こんなに軽くて動きやすいスキーならきっとうばゆりでも野山を自由に散歩が出来ると思い、道具一式を買いました。
しかし見るのとやるのとでは大違い。現実は厳しかったです。
踵が自由に動くと言うことはとても不安定で歩けたものではありません。
自然の野山で転ぶと、木の間に挟まったり、川に落ちそうになったり、新雪に埋もれたり~もう大変なのです。
と、言うことでテレマークも4~5回の挑戦で挫折です。

あと、畑でスイカとメロン作りに挑戦して挫折。
気の毒がった友人がスイカとメロンをくれました。

それから、庭に流れを作ろうとしたのですが~
ホースで水をかけている状態で終わりました。

ゆっくり考えれば まだまだ出てきそうですが
いつもはサッパリ忘れているのです。
何故か楽しかったことばかりが思い出されるのです。

とはいえ、失敗も懐かしい思い出ですので、おたまさん有り難う。








          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]