ここでしか出来ない!

転居に備え、大忙しのうばゆりです。
掃除や片付けではなくて~ 布を染めることに です。

草木染めはあちらでは出来ないと思うのです。
狭い台所で草木の葉っぱを長時間煮出したり、薬品で媒染したりすることは無理でしょう。
うばゆりは、一度に10メートル程も染めるのですから。
f0161708_23262975.jpg

手元には買いだめた紬や縮緬など様々な絹が何反もあるのです。
下染めした布も多数です。
それらを何とか仕上げて持ち帰りたいのです。

冷蔵庫や洗濯機、ステレオ、マッサージ器、業務用の鍋、食器などほとんどの物はこの家に付けていきます。
受け取りを拒否された物は廃棄処分です。
勿体ないナンテ言っていられません。
すでにあちらの狭い家には、生活用品が詰め込まれているのですから。
本当は身一つで引き上げ、老前整理ならぬ老中整理を兼ねたいのです。

余分な物を どんどん捨て、 しがらみも捨て~
最後は身一つで、かる~く フンワリふわふわ~と天上界に登っていく………コレがうばゆりの理想です。

まだまだ悟りの境地になれません。
布とキャッシュは捨てられないのです。

ということで、毎日のように染め物です。
ところが、先日一番使う鉄媒染液が空になったのです。
他の物は十分あるのに、鉄媒染液だけを取り寄せ無ければなりません。
本体より送料の方が高く付くので考えました。

作り方を調べて手作りです。
今日、その手作り媒染液で染めてみました。大成功です。
こんなに簡単にできるのなら、もっと早く作れば良かったと思うことしきりです。

調べたところ、作り方は千差万別でしたのであちらこちらを摘まんでうばゆり流でやってみました。
作り方を書いてみますね。興味のある方はお試し下さい。ただし、どうなろうとも責任は持ちません。

うばゆり流 鉄媒染液の作り方  分量を訂正(8/11)
    さびた鉄くず・釘---500g
    米酢        --0.5 リットル
    水         --2.5 リットル
    塩         --大さじ 2
    小麦粉      --大さじ 1
広口瓶またはポリバケツに鉄くず、塩、小麦粉を入れ、酢と水を煮立てて上から注ぎ入れる。
5日ほど置いてから、布でこして瓶に保存する。
出来上がりは くすんだ緑色になる。
        
 買った媒染液以上の媒染効果でした。  









          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2015-08-09 23:34 | 手作り色々 | Comments(0)