残り少ない日々~と思うと・・・

この地で暮らせるのもあと僅かです。
最近は、知人に会うと、転居の予定であることを話します。
f0161708_23525013.gif

たいていの人は、
それは寂しいわ~ とか
折角お友達になったのに残念だわ~ と、言って下さいます。
外交辞令半分にしても悪い気はしません。それに
うばゆりも同じで、寂しくもあり残念でもあるのです。

だけど仕方が無いことです。
会うは別れの初めとか~
誰とも、必ず別れはあるのですもの。

7月中は、そんな気持ちにならなかったのに、最近はとても感傷的な気分になるのです。
庭の手入れをしていても、この花が咲く頃はいないのだわ~ とか
染め物材料の葉っぱを集めていても、もうコレで染めることは無いのだわ~  とか
サルを見てさえも、あと何回 君たちに遭遇できるかしら~ とか思うのです。

今年の夏は単なる偶然でしょうが、古い知人や友人が何人も
「近くに来たついで」 と言って尋ねてきてくれました。
5~6年ぶりでひょっこり顔を出した横浜の知人とか、関西在住の従姉妹とか、山遊びを一緒に楽しんだ地元の友人とか、、、
「9月末に転居予定」 と、話すと、皆驚いて
「立ち寄ってみて良かった!」と言って下さいます。

それから、このブログで転居予定を知り、尋ねて下さった別荘族のご近所さんもいます。
この機会を逃すと、お目にかからず仕舞いででサヨナラになるところでした。有り難いことです。

いつも一人で 花の世話と針仕事で暮らしていた~ と思っていたけれど
ソレは大間違いでした。
結構沢山の人と知り合い、お世話になってきたのです。
清涼な空気や水、緑いっぱいの景色との別れも寂しいですが、友人知人との別れもそれ以上です。

でも仕方が無いです。
永遠に今まで通りの生活なんてあり得ないのですもの。

余分な物を捨てて、身軽な1歩を踏み出すのです。
そのためには、まず家の片付けと余分な物の処分です。
明日もせっせと捨てるのガンバリマス!







          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]