機内で社会勉強~

お天気の良い連休になりました。
お彼岸でお墓参りにお出かけの方もいらっしゃるのでしょうね。

お彼岸と言えば~ お寺~ お坊さん~   と言うことで先日の旅行時のことを思い出しました。
行きの機内でのことです。
座席は満席でしたが、何故かうばゆりが座った最前列だけは空いていました。
あの、足が伸ばせるチョットだけ余分に払うあの席です。
f0161708_22543231.png
通路を挟んで左側は誰も座っていませんでした。
飛行機が飛び立ち、シートベルトのランプが消えるとお坊さんが2人案内されてその座席に移動してきました。

間もなく、お坊さんに軽食?が手渡されました。
うばゆりも貰えると思って待っていたのに、待てど暮らせど来ませんでした。

次に出国カードが後ろの方から順番に手渡されましたが、お坊さんの所は抜かしました。
あれ?お坊さんは出国カードがいらないのかしら?
この辺りから坊さんの扱いをじっくり観察することにしました。
しばらくして、客室乗務員さんが小さなトレーに出国カードを載せて来ました。
ふ~ん、手渡しをしないのだわ。

やっとワゴンを押した乗務員さんが現れ、機内食が配られ始めました。
これは前の方から順番に手渡しです。だけどお坊さんには渡しません。
ふむふむ、、最初に渡したからかな~ と思っていたら
全部渡し終えた頃、お盆に載せて渡しに来ました。

次はゴミの回収です。
大きなゴミ袋を持ちポリ手袋の乗務員さんが無造作にゴミ類をポイポイ袋の中に入れていきます が、
お坊さんの所は飛ばします。
後から、お坊さんのゴミを恭しく受け取っていました。この時は素手です。

やっとバンコク空港に到着し、降りる段になりました。
狭い搭乗口に殺到して結構待つのが普通です。
ところがベルトランプが消えるや、乗務員さんに案内されてお坊さんはさっとカーテンの向こうに消えました。
多分ファーストクラスの降り口に回ったのでしょう。

タイではお坊さんがとても尊敬されていると聞いていましたが、本当なのだ~と実感しました。
日本でも昔は随分と尊敬されていたと思いますが、今はどうなんでしょうね。

学校の先生や警察官、議員さんも尊敬されていた時代です。
今、庶民に尊敬されている職業って有るのかしら?






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
by ubayuri | 2017-03-19 23:03 | 旅・お出かけ | Comments(0)