もの思う年頃~

7月も今日でお仕舞いですね~
今月は色々な出来事があり、ちょっと物思いにふけっています。

うばゆりより若いのに先に逝ってしまった人 美人で聡明、行動力がありました。
だけど、屍は美しさも聡明さも全くなくて、只の骸(むくろ)です。その姿を見たときのショックは未だに消えません。
しわくちゃでも醜女(しこめ)でも生きているだけで美しいです。

又つい先日、憧れだった5歳上の従姉妹に会いました。
昔から年賀状や手紙などの文章が素晴らしくて、作家になるのでは?とずっと思っていた人です。
だけど目の前の従姉妹は何だか言うことや行動が心許なくて、覇気がありません。
f0161708_22563279.png
山あり 谷あり、
乗り越えたり 這いつくばったり、
色々あって、今日があるのです~
やっと穏やかな日々を向かえたと思ったら、体や頭が言うことを聞かないなんて~ 全くつまらない!
「死ぬまで元気」を願っても、叶わぬ夢ならば、どうしましょう?
旨い饅頭に鰻重、ケーキにふぐ刺し 山ほど食べて 腹痛でこの世とおさらばしましょうか。











          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
by ubayuri | 2017-07-31 23:17 | 子ども時代・思い出 | Comments(0)