見てよし、食べてよし~食用菊

大町に住んでいた頃、食用菊の美味しさに目覚めました。
農産物直売所で、朝どりの食用菊をよく買ったモノです。

ちょっとほろ苦くて、かすかな甘みもあり、その上 良い香りがして、正に大人の味です。
8月下旬に黄色い菊、10月下旬には紫色の菊が出回ります。
サッと茹でて、酢の物に入れたり、サラダに飾ったりしました。

神奈川に来てからもスーパーで見かけますが、いつ採ったものとも知れず
買う気になれません。

ならば自分で育てようと思い立ったのですが、花屋さんで苗を見つけることが出来ませんでした。
それで、ネットで調べてみたら、一応ヒットはしたのですが~
「売り切れ」の表示で
「来年5月から売り出し」と出ていました。
f0161708_21462703.jpg
来年の春までお預けだ~と諦めていたのですが、偶然駅前の花屋で夕方見つけました。
薄紫色の「もってのほか」でした。
「もってのほか」は食用菊の中ではとても有名な品種です。
4ポット残っていた中から2ポット選びました。

来春、脇芽が出て株数も増えるでしょう。
何年も欲しいと思っていた苗が手に入り嬉しい限りです。
今から来年の秋が楽しみです。

夕方写真に写っている菊の花を全部摘み取り、料理しました。
料理と言ってもただ花びらをむしり取って茹でただけです。
酢の物にしようと思ったのに、箸にひっかかったゴミ程度の量でがっかりです。
来年は口中モゴモゴ出来るほど収穫だ!





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
by ubayuri | 2017-11-10 21:58 | 花・植物・庭 | Comments(0)