イモから手作りの自家製コンニャクだい!

1日に1つだけ、年末仕事をこなしています。
障子の張り替え、持ち帰った野菜の整理、衣類ケースの後ろの掃除、、、
そして今日はコンニャク作りです。

辰野で育てたコンニャクイモを使って、コンニャクを作るのですから、
正真正銘の自家製コンニャクです。
f0161708_21280522.png
イモは1.9kgもありました。
これ、1つでコンニャクは20枚以上できそうです。
もう作る前からワクワクです。

さて、必要な品を揃えてテーブルに載せます。
大鍋、はかり、へら、バット、ミキサー
コンニャクイモ、水、炭酸ソーダ

コンニャク作りも3年目ですから、少し慣れて来ましたが
まだ要領は掴んでいません。
なにせ年に1回作るだけなので忘れてしまうのです。

メモを見ながら奮闘しましたが、途中であわや失敗か?と思う場面もありました。
コンニャクイモをミキサーで攪拌してから、火にかけ~
その後凝固剤の炭酸ソーダを入れながらよくかき混ぜます。
型に流し込み固まったら、切り分けて煮立てる・・・こんな手順で進めます。
最後の切り分ける所まで来て、
「あら~固まってない!」
綺麗に切り分けられないのです。
それで、大きなお玉ですくって湯の中に落としました。
湯が煮立ってきたらフニャフニャしていたコンニャクがしっかりと固まってきたのです。

どうやら炭酸ソーダの量が少なかったようです。
履きつぶした運動靴のようなだらしのない形に出来上がりました。
でも味は上々でコンニャク特有の臭いはありません。
間違えたことがかえってよい結果を生んだようです。

畑でコンニャクイモが採れるようになったので、春までに後3~4回はコンニャクを作るつもりです。
次回はもう少し上手に出来ると思います。





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
by ubayuri | 2017-12-12 21:34 | 手作り色々 | Comments(0)