ひび、アカギレ、しもやけ の思い出

足の裏が痛いな~  特に踵が~
と、思ったのは先週のことです。

いつの間になったのかしら?
うばゆりの足の裏はぞうさんの肌よりガサガサで白い粉も吹いていました。
家にあったハンドクリームやオロ**ン軟膏を塗ってみたのですが一向に変わりません。
f0161708_21502518.png
買い物ついでに薬局に寄りました。
踵がスベスベになる~という薬が何種類もありました。
だけど踵にこのお値段?
とても買う気になりません。お顔がスベスベなら速攻飛びつくのですが。

棚の下の方を見たらワセリンが置いてありました。
懐かしい名前です。
うばゆりが子どもの頃はひびやアカギレ、切り傷にもワセリンを塗っていました。
あの頃の肌荒れの薬と言えば椿油とかオリーブ油、それにワセリンくらいでした。
確か、オリーブ油はオレイフ油と言って薬箱にあり、料理には使いませんでした。

うばゆりがはな垂れ小娘だった4~6歳頃、毎年手や足に霜焼けが出来ていました。
一番ひどい年には、左手の甲の霜焼けが崩れ、まるで噴火した火山のようになりました。
その跡は1円玉ほどのケロイド状になり何十年も残りました。
今はシワと浮いた血管が隠してくれて見えません。
足も霜焼けだらけで痒かったことを覚えています。
あの頃は栄養不足と不衛生で霜焼けやアカギレの子どもが多かったのでしょう。

仲良しのみっちゃんはひびが出来て痛がっていましたがうばゆりは霜焼けでした。

それで、ワセリンですが買って帰り、早速塗りました。
驚くほど効きました。
たった1回塗っただけで見違える程の変化です。
白い粉は直ぐに消え、2日目にはガサガサもほとんど無くなりました。
踵ツルツル~お薬の5分の1程の値段でしたが、大満足です。
何だかちょっと得した気分です。




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
by ubayuri | 2017-12-15 22:31 | 子ども時代・思い出 | Comments(0)