2017年 12月 05日 ( 1 )

年末になると「喪中のため年賀欠礼」のハガキが届きます。
以前はせいぜい1~2枚、 無い年もありました。
それが今年は7枚です。
f0161708_22043292.png
うばゆりの年を考えれば致し方ないのでしょう。
ほとんどの方がご高齢で、天寿を全うしたと思われます。
でも、心をこの世に残したまま逝かれたのでは~と胸が痛くなる方がお一人おりました。
ただただ残された方の心の立ち直りを祈るばかりです。

この時期になると思い出すことがあります。
毎年素敵な年賀状をくれていたK子さん。
ある年、賀状が来ませんでした。そんなことは其れまで一度も無かったので正月5日位に電話をしました。
子どもが電話口に出て「k子さん、死んだよ。」と言うのです。
全く信じないうばゆりは再度「K子さん、お願いします。」と言いますと、又「死んだよ。」との答えです。

うばゆりは
「冗談でも言って良いことと悪いことがあるでしょ!」と叱りつけました。
しばらくして男性の声に代わり、、、、
K子さんは11月に突然倒れ、意識の無いまま1ヶ月後に無くなったとのことでした。
12歳の子どもを残して41歳の旅立ちです。

その時のショックは、34年経った今でも鮮明に覚えています。
誤って叱りつけたあの子は元気でいるのかしら? 気になります。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]