2017年 12月 09日 ( 1 )

辰野で収穫した野菜も残り僅かになりました。
傷む前にきっちり食べようと、毎日2~3品は料理します。
f0161708_20473423.png
今日、食卓に並んだのは大学いも、野沢菜漬け、里芋と大根、イカの煮付けです。
大学いもは大きめの乱切りをした後、水にさらしてから半日干します。
それを油で揚げて蜜と絡めます。干してからあげるとカラッと揚がるし揚げ時間も短縮できます。
大学いもは大成功で、皆が美味しいと言って食事前から食べ始めました。

野沢菜漬けはまだ改良の余地ありで来年に期待です。

里芋と大根、イカの煮付けは家族全員の好物です。
柔らかそうなヤリイカを見つけて求めました。
イカは固くならないように軽く火が通ったところで鍋から取りだし、里芋と大根を柔らかく味がしみるまでコトコト煮ます。
最後に又イカを戻して2~3分加熱して出来上がりです。見るからに美味しそうに出来たのですが、
1口食べて山人氏が変な顔をしました。
イカの腹に砂が入っていたのです。
うばゆりが食べてみてもやはりジャリとしました。
折角の料理が台無しです。
それで、イカだけ避けて里芋と大根を食べましたが、アサリじゃ有るまいし~
イカも砂抜きをしなければならなかったのかしら?

生まれて初めての経験です。
皆さんは、イカは砂抜きをしてから料理してますか?
 




         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]