カテゴリ:田舎暮らし・都会暮らし( 1266 )

パソコンをやっていると喉が渇きます。
それで、甘酒を入れたカップをパソコン台の端に置きました。
うばゆりとしては確かにパソコン台の端に置いたのです。
が~
ガッチャン!
見事に落下して甘酒が辺り一面に飛散しました。そしてカップは割れました。

1滴も飲んでいない甘酒も惜しいけれど、それ以上にカップが残念です。
7年程使っているマグカップはすっかり手に馴染んでいたのに~
こんなに手に馴染むのが 又見つかるかしら?
f0161708_22093633.png
余分な床掃除をやって、後家事をチョコチョコとやったらもう昼過ぎです。
今日も年賀状は出来ないわ、と諦めました。

そこに弟夫婦が柿を持ってきてくれました。
柿好きのうばゆりは大喜びです。
大病をやった弟が今年もこうやって柿が採れたことに感謝です。
今は家を取り壊して空き地の実家ですが、庭の柿の木は家族皆を繋いでくれます。





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
毎日寒いですね~
朝、布団から手だけを伸ばしてリモコン・オンで暖房を入れます。 

そして、おかしいな~ と頭では思うのですがやっぱり寒いです。
辰野では毎朝 氷点下で地面は一面霜柱でした。
神奈川ではまだ氷点下になったことは無く霜も霜柱も見ません。
寒いと言ってもプラス4度とか7度とかあるのです。
f0161708_21054903.png
だけど、体は「寒い寒い」というのです。

辰野より更に寒かった大町の事を思い出します。
冬になれば日中でも氷点下が当たり前でした。
今頃、雪が降れば北側の雪は春までとけません。

花も草もしおれて、裸木ばかりがニョキニョキ立っています
あの寒さに比べれば、神奈川の今は暖かいはずです。
でも、やっぱり寒いのです。

人間の感覚ってどうなっているのでしょうね。





         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
年末になると「喪中のため年賀欠礼」のハガキが届きます。
以前はせいぜい1~2枚、 無い年もありました。
それが今年は7枚です。
f0161708_22043292.png
うばゆりの年を考えれば致し方ないのでしょう。
ほとんどの方がご高齢で、天寿を全うしたと思われます。
でも、心をこの世に残したまま逝かれたのでは~と胸が痛くなる方がお一人おりました。
ただただ残された方の心の立ち直りを祈るばかりです。

この時期になると思い出すことがあります。
毎年素敵な年賀状をくれていたK子さん。
ある年、賀状が来ませんでした。そんなことは其れまで一度も無かったので正月5日位に電話をしました。
子どもが電話口に出て「k子さん、死んだよ。」と言うのです。
全く信じないうばゆりは再度「K子さん、お願いします。」と言いますと、又「死んだよ。」との答えです。

うばゆりは
「冗談でも言って良いことと悪いことがあるでしょ!」と叱りつけました。
しばらくして男性の声に代わり、、、、
K子さんは11月に突然倒れ、意識の無いまま1ヶ月後に無くなったとのことでした。
12歳の子どもを残して41歳の旅立ちです。

その時のショックは、34年経った今でも鮮明に覚えています。
誤って叱りつけたあの子は元気でいるのかしら? 気になります。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
以前、ハサミを立て続けに落として、上手く切れなくしてしまい そのまま放置してあります。
針仕事には不便なので研ぎに持って行くことにしました。
ネットで調べると、急行で一駅隣の大和に研ぎをしている刃物やさんが有ることが分かりました。
f0161708_21452857.png
電車に乗ってわざわざ行くのだから、ついでに切れ無くなった刃物はないか?と思い
山人氏に
「何か切れ無いもの有りますか?」 と聞きましたら
頭!」と返事がありました。

確かに、最近二人とも頭の切れが悪いです。

だけど研ぎ屋に出してどうにかなるものではありません。
それで頭は置いて、ハサミ2つだけ持って行きました。

職人気質のおじさんにハサミを渡すと、
「こちらのハサミは研ぎに出したことがあるね。」と一目見るなり言いました。
たしかにそれはネット上の研ぎ専門店に郵送して研いでもらったことがあるのです。
ひどい研ぎ方をしている~と言いながら刃の部分を指しながら説明してくれました。

4時間後に取りに行くと、ピカピカのハサミになっていました。
その場で試し切りをすると、気持ちが良い程シャッキッと切れました。
研ぎ料金は刃先が折れて、先端では切れ無くなっていたハサミが2000円。
もう一つの中程が切れ無くなっていた方が1500円でした。

最近はネット上の店を利用することが多くなっていますが、
今回の研ぎは店に持って行った方が手間が掛からず、仕上がりがよく、その上お値段も安かったです。
こういう事は顔を見て依頼をした方が良いですね。



          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
ええっ、今日は12月!
いつ、神奈川に戻ってきたのだっけ?
日にちの感覚がありません。
f0161708_21561138.png
毎日バタバタしている内に過ぎていきます。
荷物の片付けは ほぼ終わったような? 散らかったような?
衣類にしても食料にしても、既にこちらの入れ場所は一杯なのです。
そこにギュウギュウねじ込むのですから、きちんと片付いたとは言えない状況です。
保存食品は賞味期限を見て処分です。カレー粉、だし昆布、乾麺などゴミ箱行きになりました。

持ち帰った野菜の処理も手間が掛かります。
白菜はお尻の方に十字の切り込みを入れ。そこにお酢を少し垂らしてから新聞で1つずつ包みます。
本当にこの方法がよいのかは分かりませんが、マ~うばゆりのおまじないです。
葉物は茹でて冷凍にします。
里芋やサツマイモは通気のよい箱に入れて納戸に置きます。
ジャガイモはハッポースチロールの箱に入れ上にリンゴを1つ載せます。

最近、山人氏が漬け物に目覚めて白菜漬けと野沢菜漬けを作ります。管理もお任せです。これだけでも随分と助かります。

やっと午後から布をいじる時間が出来ました。
明日からは又チクチクを始められそうです。





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
昨夜、7時過ぎに無事神奈川の自宅に帰着しました。
これから4ヶ月半はこちらでの生活になります。
f0161708_22582735.png
荷物を下ろして、家に入ろうとしたら玄関の鍵がありません。
そうだ、10月に玄関の鍵をなくしていたのだった!
鍵が無いことに気が付いたときは、辰野に置いてきたのだ~と思い よく探しませんでした。
11月に辰野に行った時は見つからず、鍵はやっぱり神奈川なのだ~と思いました。
結局2ヶ月間鍵は行方不明のままで、その間は予備鍵を使っていました。
以前なら直ぐに鍵屋に行って複製を作るのですが、最近のドアは複製が出来ないのです。
メーカーに手続きをしないといけないとかで面倒なことです。

ならば、玄関横の秘密場所に隠してある予備の鍵で家に入ろうとしましたが其れもありません。
車内の荷物の山をかき分けて山人氏の鍵を引っ張り出して開けました。
すっかりうばゆりは落ち込んでしまいました。2つも鍵を紛失するなんて常識では考えられません。
ついに、来たか! 呆けうばゆりになったのだ!
ショボ~ン、イジイジ・・・

夜寝ていても鍵の場所を考えます。
きっと暗かったので秘密の場所の予備鍵が見つからなかったのだ~ と思いやっと眠りにつきました。
朝 起きて一番に秘密の置き場所に直行です。やっぱりありません。

ア~、今後のうばゆりはどうなるのかしら?
今は鍵だけど、その内 家族も分からなくなるのかしら?

10月になくした自分専用の鍵と予備の鍵を真剣に探しました。
誰にも言わずこっそりとモゾモゾと探すこと30分。
まず、予備鍵がうばゆりの買い物袋から見つかりました。

それから10分、辰野へ行くときに使う旅行鞄の底からもう一つが見つかりました。
うわ~、感激! よかった!
何度も探した場所なのに~、狐につままれた気分です。

ウジウジしていた気分がすっきり晴れました。
まだ呆けていないのだ! まだまだ元気だよ~
「鍵があったよ~!」 大きな声で言いましたが家人からの反応はありません。
それでも「鍵が見つかった!」と再度言わずにはいられませんでした。

鍵探しが終わり、やっと朝食です。
食卓に座ると、朝刊が目に付きました。
昨夜帰ってきたばかりなのに、もう朝刊があるとは! 
マドンナが手配しておいたのだわ ナンテ気が付く娘でしょう! 天下一の気の回り方!
もう、大感激です。

早速、「有り難う、新聞屋さんに連絡してくれたのね。」と礼を言うとキョトンとした顔をしました。

気が利いたのはマドンナでは無くて新聞販売店の方でした。
毎年この時期に依頼をするので連絡前に入れてくれたのでした。

 






         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
朝から快晴、風弱く、引き上げる日としては打って付けです。
葉物野菜を収穫して洗い、家の周りの片付け、家の中の掃除と片付けと大忙しです。
f0161708_22422671.png
今日、小屋仕舞いをして引き上げると、来春まで来ません。
だから、冷蔵庫の中も空っぽにして帰ります。シーツや布団カバーも全部持ち帰ります。
空き瓶や空き缶、プラスチックゴミ等も持ち帰ります。
車の中はゴミと洗濯物と野菜の箱や袋でぎゅう詰めになりました。

最後に水回りの凍結防止対策をして、出発は午後2時過ぎになりました。

毎日氷点下で、外水道は凍り付き、庭は霜柱で真っ白です。
11月下旬でこんな様子ですから、本格的冬になったら本当に大変です。
ご近所の皆さんも今週中には引き上げると言うことで、今度お目に掛かるのは来春です。

何だか出稼ぎ労働者の一団みたいですね~
今から、春を楽しみに過ごします。
庭も今年より綺麗になることでしょう。楽しみ!




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
11月も残りわずかになりました。
後、2日で小屋じまいです。
うばゆりの最後の仕事は通路の完成とバラの剪定です。

ずっとやりかけのままだった切り株を置く通路がやっと完成しました。
f0161708_22021631.jpg
手前の5つ木を並べた箇所が今回の仕事です。
たった5個、されど5個~
木の向きや位置でさんざん悩み、芝生を切り取って穴を掘ってから埋め込みます。
高さを合わせるのが結構大変ですがここは慎重にしなければなりません。
 まちぼうけ~♪ まちぼうけ~♪  のウサギにはなりたくありませんので。

最後に切り株の周りにイブキジャコウソウを植え込みました。
切り株拾いも合わせると3日もかかりました。

出来上がったら、嬉しくて何度も園路を行ったり来たりです。
穴底を固めなかったからか、踏んでいる内に少し傾いて来ましたが、手直しは来春です。
f0161708_22155500.jpg
f0161708_22154324.jpg
そろそろドッコイショ横川も見納めになるので園内を1周して来ました。
 





         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
田舎ではプロバイダー契約をしないでレンタルのポケットWi-Fiでネット接続をしています。
そのポケットWi-Fiが一昨日から故障です。
後、5日程で神奈川に戻るのでPC無しの生活で行こう~と思っていましたが、
あちこち押したりさすったりしてみたら、突然息を吹き返しました。
と言うことで、2日前の日記です。
f0161708_20480725.png
ドッコイショのご近所さんが近くの民家を借りられました。
「これから、床や壁を自分たちの手できれいにするので、ビフォアー状態を見て下さい。」
とご招待です。
早速、目下ココに滞在中の3軒で押しかけることになりました。

古い民家の床や壁の手直しをする前~ と言うことは
すきま風ピューピューで、床は板張りで氷のように冷たくて、戸はガタピシ締まりが悪くて~
家は傾いている と、想像しました。
そこで靴下を重ね履きした上にルームソックスを持ち、背中にはホカホカを貼り、スキー用の上着を着て
出かけました。

着いた家の前に立って驚きました。
屋根付き門、それも格子戸付きのです。
うばゆりは、子供の頃の夢は屋根の付いた門の家に住むことでした。

家の中に入って、又驚きました。
障子や襖、欄間の素晴らしいこと。
欄間は1本の木から彫り出した彫刻です。個人のお宅では見たこともありません。
家具類も立派で我が家のものより何十倍も高価そうです。

この家をボランティアの人たちと改装して来春にはゲストハウスにするのだそうです。
今はやりの民泊です。

うわ~どんなになるのかしら? 面白そう!
アフターを勝手に想像するうばゆりです。
うばゆりも後30年、いや20年、せめて10年若かったらボランティアで参加するのに。

純和風を基調にしたゲストハウスになるのかしら?
それとも和モダンな感じかしら?
門までのアプローチは?
通路は花で埋めるといいわね~
どんな花にしようかな?
和風と言っても、菊はイヤだわ。
春はカタクリ、桜草、夏はキキョウにゆりの花 秋はナデシコにリンドウに・・・
妄想はどんどん膨らみます。
おっと他人様の家だった!

ちゃんと暖房の効いた和室、炬燵付きで鍋料理を戴きました。
背中に貼ったほかほかが熱く感じました。
心も体も温かくなり、夜遅く辞去しました。










          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
昨日、木曽路で買ったツル製の篭、結構気に入っています。
バックとして持ち歩くには大きすぎますが、端切れの布や作った巾着袋などを入れて飾るには良いようです。
f0161708_22282033.jpg
篭を置いた椅子はドッコイショ横川から転出するとし子さんから戴きました。
短いお付き合いでしたが、思い出も沢山あります。
記念の品として大切に使います。




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]