カテゴリ:花・植物・庭( 82 )

この家に住み始めた時から、バーゴラが作りたいと思っていました。
家といっても、畑の中の出作り小屋の様な小さな家です。
小さな家の軒先に木やツルで作った大きなバーゴラが似合うと思ったのです。

去年から木やツルは拾い集めていました。
一番長いツルは大きな円形にし、その外側を木とツルで囲むつもりです。
構想は温まり過ぎて熟成状態ですが、力不足のうばゆりには太い木で枠を作ることができません。

畑仕事が一段落した山人氏の力を借りることにしました。
f0161708_21354699.png
あっという間に支柱になる外枠を作ってくれました。
さて、うばゆりの出番です。
脚立に乗って、ツルを案配よく巻き付けて縛るのです。
長いツルはあっちに跳ねたり、こっちに跳ねたり なかなかいうことを聞きません。
脚立の上で両手離しで立つのは、かなり怖いです。
だけど両手を離さなければツルを縛ることはできません。

【老婆、脚立より転落し大けが!】~なんて新聞の見出しが頭を散らつきました。

無事作業は終了。
だけど~ 出来上がったバーゴラは、、、廃材にゴミがぶら下がっているみたいです。

いやいや~中央にバラの花、周りに朝顔が巻き付けば それなりに美しく見えるかもしれないと
気を取り直しました。

絵はずいぶんと高い脚立に乗って作業をしているようですが、実際は4段登っただけです。
高所作業で怖かった気持ちが絵に現れたと思し召しくださいませ。




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
田舎暮らしって、何をしていると思いますか?
うばゆりの場合は1日中庭仕事で、掃除・洗濯・炊事はチョチョイのチョイと1時間足らずです。

それが、ここのところの雨です。
どうすりゃ良いのでしょう。

今日は「一日中大雨」の予報だったので観念していたのですが、
なんと、昼前に日が差してきたのです。
f0161708_22515735.png
あら~ 嬉しや~
と、小躍りして外に飛び出しました。
30分もしないうちに、又雨です。

残念~ 悔しや~
と、家に飛び込みました。

この繰り返しが2度です。

観念して本でも読もうと開いたのですが、又お日様が顔を出し
やっぱり外に飛び出すうばゆりです。

 




         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
バラが咲き終わったら、今度は百合が咲き始めました。
派手な黄色のすかし百合です。
百合というと楚々としたイメージですがこの百合は楚々の楚の字もありません。
f0161708_21353526.jpg
バラのためにバーゴラを作りました。
次に咲いたときはこのバーゴラにそって花を咲かせることでしょう。
縛った木がいびつなのはご愛嬌です。
f0161708_21393552.jpg
通路の横を拡張して、姫トラノオを植えました。
これは大町の思い出の花です。
来年には、石の後ろ一杯に広がると良いのだけど~

庭作りは、いつも次の季節、来年、と先を見て苗を植えたり種をまいたりします。
空いている場所があると何か植えたくなるのですが、ぐっと我慢して今ある花の成長用にとっておきます。

もうすぐ、白や黄色のビオラを抜くので、その後に何を植えようか目下考え中です。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
雨上がりの景色は大好きです。
山がボーとかすみ、近くの木々の葉が濃い緑に光り、庭の花々は露を花びらに乗せて鮮やかに咲き、
f0161708_22250822.png
朝から庭をうろついているうばゆりです。
ここでは、徘徊老人と間違われる心配は無いので、大いにうろうろを楽しみます。

だんだんと景色に自分が溶け込んでいる様な感覚になります。
他人の目から見ても、景色の中に老婆が一人~と風景の中の添景物に見えることでしょう。
これぞ田舎暮らしの醍醐味です・・・たぶん皆様には意味不明でしょうね。

話は変わりますが昨日の「ためしてガッテン」で
納豆にヨーグルトを混ぜて、ゲストが「旨い!」 と叫んでいましたね。
早速、やってみました。
納豆をよくかき混ぜ 醤油と辛子を入れ、そこにヨーグルトを3さじ加えて出来上がり。
食べてみました。
「旨い!」 うばゆりも思わず叫びました。
次にご飯を入れて納豆ご飯として食べました。 こちらはどうも~
いつもの方がよいようです。
お試しあれ!




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
天気予報によれば、明日は雨だそうです。
待ちに待った雨!
みんなが首を長くして待っていた雨!

ご近所さんも、顔を合わせると
 明日は雨ですよ
と、口を揃えます。
f0161708_21545643.png
まずはアヤメの株分け二日目です。
朝から始めて昼過ぎにやっと終了しました。

それから、今まで移植を見合わせてきたナスタチュームの移植です
苗床の4〜5センチに育った苗を抜いては、定植地に植え替えです。

家の周りをぐるりとナスタチュームで囲む計画です。
華やかなナスタチュームに囲まれたら、幸せな気分になるでしょう。

移植の後は、満開のバラの花摘みです。
花が雨に当たると水分の重みでしなだれて良くないとか聞いています。2度目3度目と花を咲かせたいので、ここは心を鬼にして花を摘み取りました。

アレコレ忙しい一日でした。
明日は絶対に雨にならないと困ります。




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
辰野へ来て、今日で1週間です。その間全く雨は振りません。
畑も庭もカラカラで、歩くと土埃が立ちます。
朝晩水を撒いているのですが、全くの焼け石に水です。

昨日から、5日計画であやめの株分けを始めました。
昨日は道路縁を掘り返して、培養土や腐葉土を入れて花壇の拡張です。
f0161708_21551990.png
今日はアヤメを掘り起こして古根を外して、株を1〜2本に分けます。
掘り起こしたら一輪車に山盛り1杯になりました。
これで、アヤメひと塊です。
古根は木質化してとても固く剪定ばさみでは切れません。
包丁で古根を切り外してから、一株ずつにばらしました。
日陰て椅子に座って半日仕事です。

今まで株分けを全くしていなかったらしく、本当に大仕事です。
花にとっても人間にとっても、2〜3年に1回は株分けをするといいですね。
古根や枯れ葉を除いて、さっぱりした苗を昨日用意した花壇に植えました。
まだ、アヤメの塊は3箇所あるので、あと3日はかかります。
来年はスッキリしたアヤメの花壇が現れるでしょう。

アヤメの株分けは花が終わったらなるべく早くするのが良い様です。遅くなると花芽が付かず来年花が咲かなくなってしまいます。




         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
昨日は手芸会で沢山刺激を受けました。
それで、やる気が沸騰して朝からチクチク針仕事です。
煮詰まると、庭に出て草むしりをして、また布に向かいます。
f0161708_23541212.png
庭の隅の方が妙に気になり、座り込んで草むしりやら剪定やらをしていました。
すると、どこからか「こちらのバラ綺麗ですね!」と声が聞こえてきました。
顔を上げて声の主を探すと、境界線は点で接している斜め前の方でした。

今まで会釈はしたことがある位で話したことはありません。
家の裏側が接していると言うこともあり、30年以上住んでいるというのに疎遠でした。
そう言えばお名前は???
垣根越しにバラ談義をしている内に、「お庭を見せて下さい」と言うことになり
ぐるりと回ってこられました。
挿し芽用のバラとホタルブクロを差し上げ、今度はうばゆりがお庭拝見に訪問です。

ランとバラの見事なお庭でした。
特にランは30年以上やっていると言うことで、木にランの鉢が幾つもぶら下がっていました。
ランを育てるのは別世界に住む方と今まで思っていましたが、ご近所にいらしたとは!
今度はうばゆりがブラックベリーの苗と百合の球根を戴いて帰宅です。

こんなに近くに花好きの人がいたなんて~嬉しい大発見です。




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
明日は神奈川に帰ります。
10日程留守になるので、その間の心配は花たちです。

咲き終わりかけている花は摘み取ります。
今が盛りの花も可愛そうだけど切ってしまいます。
f0161708_22414516.png




大事大事に育ててきたのに、可哀そう〜
だけど、留守中一人寂しく咲くよりも
うわー 綺麗!と言われて咲く方がいいでしょ!
などとうばゆりの勝手な思い込みでチョキン、チョキンと切りました。

これで又花たちに会えるかな?





         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
「早く芽を出せ花の種!」
3週間以上前にツリガネソウのたねを撒きました。
毎日、水をやり、日向に出したり、風よけしたりしながら見ているのに中々芽を出しません。
やっと数日前に芽を出したのですが、何本も重なるように密集しています。
これじゃあ、育つものも育ちません。
早い内に間引かなければ〜と、思いました。

メガネをかけて顔を擦り付けるようにして糸のような芽を抜こうとしました。
うばゆりの手ではどうやっても、1本ずつなんて抜けません。
指が太すぎて4〜5本掴みになってしまうのです。
f0161708_22365021.png

そもそも種を巻く時にパラパラと適量を蒔けばよかったのです。だけど、その時も指がごっつすぎて少量掴めなかったのです。
白魚のような細い指ならこんなことにならなかったのに〜
この指が恨めしいです。。

いつもは何でもガバッとつかめる指を便利だと内心喜んでいたのですが、今回は違います。

去年だって指は太かったのだから、ハテどうしたのだっけ?と考えました。
ピンセットを思い出しました。
道具入れを探したら、見つかりました。
ピンセットで間引いたら上手く出来ました。
あと、2〜3回は間引き、1本ずつにして少し大きいポットに植え替え、それから庭に定植します。

これで来年の初夏にはツリガネソウの花が見られることでしょう。ワクワク〜

花を育てるのって、結構気が長くなくては出来ませんね。
そりゃー、蕾付きの花苗を買ってくれば簡単ですが、出来る限り種から育てたいと思ううばゆりです。勿論安くつくからでもありますが。




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
一昨日、森の中を散歩していて 素敵なゴミを沢山見つけました。
森林組合の人が森の手入れをした後なので、細い間伐材やアケビやフジのつる、切り株等が残っていたのです。 
使える材木類は運び出された後なので、残されたゴミは拾っても 多分大丈夫だろうと、都合の良いように判断しました。
アレコレ楽しい宝探しです。
使えそうなツルヤ切り株を一輪車に載せて持ち帰りました。
f0161708_22392416.png

その切り株を見ていたら、庭の通路に置きたくなりました。
去年、踏み石を買って置いたばかりですが、石より切り株の方がずっと良いと思われたのです。
石をどけて、切り株の大きさに穴を掘り埋め込みました。
試しに二つだけやってみたら、素敵な塩梅です。
それで、昨日も今日もその続きです。
拾った6個の切り株を全部飛び石風に埋め込みました。
周りにイブキジャコウ草を植えて完成です。

後、5つ程切り株があると通路全体が統一されていい感じなのですが、熱中してやり過ぎ、腰が痛くなってきたので一先ずここまででです。
全く、庭の手入れって終わりがありません。
一つ終わっても、直したくなってくるのですから。。 




       -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]