<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

にくまれっ子 世にはばかる~とはよく言ったものであります。

怪獣ゼニゴンは暗くてジメジメしたところが陣地です。日夜その陣地を広げようと魔の手を広げ 仲間をどんどん増やしているのです。
f0161708_2035533.gif

優しげな相手だと ウムを言わさず上に覆い被さり、息の根を止めてしまうのであります。
相手が大物の時は、周りをぐるりと仲間で囲み ジワリジワリと追い詰めて死に至らせるのであります。

全くもって 憎らしい怪獣ゼニゴン・別名ゼニゴケであります。

アニメ映画に出てくる怪獣たちはゼニゴケがモデルと信じて疑わないうばゆりなのですが、皆さんそう思いません事?

あの憎たらしい顔で触手をジワリジワリ伸ばし 変幻自在に移動し、、、
きれいなスギゴケの上に覆い被さり奴らの陣地にしてしまう。考えただけで憎たらしくてたまりません。

神奈川に住んでいた時は、憎っきゼニゴケを見つけるとピンセットではがしていたのです。しかし多勢に無勢、、、うばゆり一人では太刀打ちできませんでした。狭い庭なんですけどネ~

こちらに来たら ゼニゴケが見あたらず綺麗な苔ばかりで有頂天だったのです。名前は分からないけれど、スギゴケ以外にも色々惚れ惚れするほど綺麗なのがあります。
ところが最近ゼニゴケが何処からともなく現れ、陣地を広げつつあるのです。見つけ次第しっぺ返す様にはぎ取っているのですが、今年の長雨で追いつきません。

ゼニゴケの天敵を知っている人は教えてくださ~い。
きっと正義の味方はいるはずですもの。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
久し振りに雨が上がりました。
あっちもこっちも草ぼうぼうで、庭の草取りが大変です。雑草を抜くと苔が姿を見せました。
石が好きだと昨日書きましたが、石と同じくらいに苔も好きなんです。
その苔を見ていたら、昨日作った石人形を思い出しました。さっそく石と苔と石人形で記念撮影です。
f0161708_21482873.jpg

どうですか、苔と石って似合いますね。
目鼻を書き入れなくても 表情が見えてくるのが不思議です。

若い頃は、今と違って旅行と言えば国内旅行でした。リュックサックを背負って北は北海道から南は九州まで列車で旅したものです。

行く先々でおみやげはほとんど買わず、旅の記念に小さい石ころを拾っていました。
花も恥じらう二十歳前後の娘が何故石に惹かれたのか自分でも不思議です。1回の旅は10日前後が普通でしたから、拾った石がだんだん重くなってきます。すると不用になった衣類と拾った石を自宅に小包で送るのです。

最初の内は母も「みやげかと思えば、石が出てきた」と呆れていましたがその内慣れてしまいました。

ある時、紀伊半島一周旅行をしました。ゴトゴト電車に乗って友人と二人旅です。
確か、「すさみ」という駅、、、、何故観光地でもないその駅に下りたのかは覚えていないのですが、、、下りました。
その駅から海に向かって歩いていると、一軒の家の前で足が釘付けです。家の前の低い塀の上にずらりときれいな石が並んでいたのです。

珊瑚礁の石らしく綺麗な模様になっています。色、形、模様が一つずつ違います。
熱心にそれを見てましたら、中からお婆さんが出てきました。

子供は東京にいて一人暮らしなのだそうです。天気の良い日は毎日海辺に行ってきれいな石を拾ってくるのだそうです。
石を一つずつ指して説明してくれました。
そして、石を上げると言い出しました。余程物欲しそうな顔をしていたのでしょう~

立派な菊目石を2つずつ貰いました。その時の嬉しさは言い表せないほどです。

その菊目石は結婚したときも転居を3回したときも持っていきました。でも5年ほど前についに捨ててしまいました。菊目の小さい穴が埃とゴミで黒ずんでしまったのです。勿論洗ってみましたが、40年分の汚れは落ちなかったのです。

今思えば勿体ないことをしました。ネットで調べれば何か良い洗浄方法が見つかったかも知れないのに、、、

(下の【古日記】にも石人形の写真をupしますので、興味のある方は見てください)


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
昨夜はメール送信不具合で頭を悩ましていたうばゆりです。

朝、起きると同時に昨日の続きです。サポート係に電話をするつもりでしたが、まずは最後の悪あがきをすることにしました。
色々、メール設定をいじってはテスト送信です。ついに6回目・・「test6」とメールボックスに届きました。念には念を入れ おまけをモウ1回。大丈夫でした。
結局何が功を奏したのかは???分かりませんが 直ったのだから総てよしです。
f0161708_205309.jpg

さ~て、パソコンも元気になったことだし、庭に出ましょうと外を見たら、、、
また 今日も雨です。

もう 心も体もカビが生えそうで~何もやる気が起きません。こういう日に限ってwowowも面白い映画をやってないし、、

河原で拾ってきた小石がベランダに転がっているのを思い出しました。時々スモーク散歩の時にポケットに入る程度の石を拾って来るのです。
きれいな石はただ転がしておいても、花瓶の横に飾っても、いいものです。何故か子供の頃から石が大好きなんです。

そうだ!小石を付けて人形にしよう。

石を洗って乾かし、接着剤でピタッ。ハイ出来上がり。あっと言う間に6コ出来上がりました。
ウンウン、なかなか芸術的な石ころ人形だわ~
植木鉢や庭石の上に飾ったら 素敵そう~
早く雨が上がらないかな~

(写真の地蔵は以前作ったものです。今日のは、天気が良くなったら写真を写してupしますね。)

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
メールが、、、、アリャリャ??
さっき気がついて 大慌てのうばゆりです。

確かに先週の中頃から様子は変だったのですが、気にも留めていませんでした。

受信したメールはちゃんと読め、返信を出すと「エラー」表示が出るのです。でも送信済みトレイを開けると、その送ったメールがしっかり入っているので大丈夫と思っていたのです。
f0161708_2239864.gif

夕食後、メールをチェックして返信を出しました。今日もやっぱり「エラー」の表示です。
コレはおかしいと気になりだしたので、自分宛にテストメールを送信しました。
届きません。サーバーをチェックしたり無い知恵絞って色々やって又テスト送信です。
5回繰り返したけれどやはりだめでした。

ということは、先週からのメール送信は全部届いてないと言うこと! 
ギャ~! ど・ど・どうしよう!

まずは 電話急げ!(善は急げ)とかけまくりました。

「来週お待ちしています」とか、「戴いたアイス美味しかったです」とか「その日は都合が悪いです」とか、、、皆、ゴメンナサイと共に電話です。

メールは便利だけど、不便だわ。糸電話とまで言わないけれどちゃんと声が聞ける方が安心・安全です。

明日は朝一番でプロバイダーのサポートへ電話をしましょ、、、

こういうパソコンのトラブルは気が重いものです。「電池が切れた。だから動かない」というように原因と結果が分かるものなら対処のしようがあるのですが、、、パソコンに関しては何が何だかさっぱり分からず、調べれば調べるほど分からなくなり、結果頭がバクハツです。皆さんはそんなことないですか?

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
人を愛し、愛され、でもどこか哀しげだったアイさんが亡くなって数ヶ月が経ちました。

昨秋、見舞いに行ったときは小康状態で、病院から一時退院をして湖のホテルに泊まりに行きました。アイさんとアイさんの妹、そしてうばゆりの婆さん3人連れの1泊旅行です。その折りお会いしたご主人は噂通りの素敵なロマンスグレーでそれは優しく接しておられ、ナント仲の良いご夫婦と羨ましく思ったのです。
f0161708_21515441.gif

でも真実は、、、
「遠路見舞いに来て貰い、浅からぬ親戚づきあいもありながら、葬儀の連絡もせず心苦しい~」と、妹さんが生前の感謝を兼ねて報告にいらしたのです。

アイさんは事情で婚期が遅れておりましたが、是非にと望まれてある会社の二代目と結婚したのです。経済的には何の苦労もなく人も羨むような二人でした。でも子供は出来なかったのです。

ところが三十数年前に夫の社長と部下の女子社員とが特別な仲になり、別宅を構えたのでした。別宅さんの方には子供が二人生まれました。
いつかアイさんの知るところになりましたが、誰にも言わずずっとそのままの生活を続けたのだそうです。アイさんは妹にも隠していました。

ところが6年前に癌を発病。「余命3年」と宣告されたのです。
アイさん夫婦は別宅さんの長女を養子にすることにしました。勿論アイさんも了解の上です。養子と言っても戸籍上のことで一緒に住むわけでも、看病をするわけでもありません。養女も結婚して家族も仕事もありそんなゆとりも無かったのかも知れませんが、、

この頃 初めて妹に真実を話したのだそうです。そして
「死んだら、実家の墓に入りたい。」 と、言ったそうです。

実家だとて代替わりはしているし そう簡単な話ではありません。そのまま有耶無耶になってしまったそうです。

アイさんが亡くなって、葬儀の時 参列者全員あっと驚いたそうです。喪主の席に全員全く知らない養女が座っていたからです。会社関係者も御近所も養女の存在を知らなかったのだから無理もありません。でも社長の夫としては この際娘を公表する良い機会と考えたのでしょう。
そうそう、喪主としての挨拶はこの上なく立派だったそうです。

後、何年かするとアイさんの墓には社長と別宅さんが入ることになるのでしょう。
アイさんはそのことを承知していたのでしょうね。だから せめて墓だけは、、と願ったのでしょう。

アイさんの本当の気持ちは誰にも分かりません。でもとても安らかな顔で逝かれたと言うのが せめてもの救いです。

アイさんの選んだ道は
妻として、社長夫人として全うし~
日陰にいた別宅さん一家は日向に出られ~
社長にとっては実の娘が財産を継ぎ、且つ自分の老後を頼める~
と、八方丸く収まったという事かしら?

でも、胸がざわつく話です。
アイさん 享年78歳 合掌!

      ★
(アイさんは仮名です。誰?誰?って詮索しないでくださいね。新しい人生を踏み出した人達がいるのですから)
          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
山野草コーナーの草取りをしていたら、シキンカラマツが芽を出していました。
親株は今が丁度花盛り。だから去年のこぼれ種から芽を出したのでしょう。

その小さな芽の回りにはシラヒゲソウ、ダイモンジソウ、ホウチャクソウ、ホトトギスなど大事な草花が沢山植えてあります。
f0161708_2181774.jpg

どれも丹精してここ迄育ててきたのです。だけどこのままでは小さなシキンカラマツは消えてしまうでしょう。

上の写真でも分かるように、シキンカラマツの花は色も形も可愛いのです。
だからと言って、シラヒゲソウやホトトギスが可愛くないわけではありません。マ~言わば皆可愛い我が子なんです、、、が、、、

ここは心を鬼にして順番を付けることにしました。大事にする順番です。
1番...シキンカラマツ
2番...ダイモンジソウ
3番...シラヒゲソウ  となりました。

それで、4番以下のホトトギスとホウチャクソウを抜いて席替えです。もっと条件の悪い庭の片隅に移動をさせようと、抜き出したら、突然大粒の雨が降ってきました。

途中であきらめて 家の中に入ったのですが、アレは天の神様が哀れんで流した涙だったのかしら? 
それとも うばゆりの身勝手さに怒って飛ばした唾なのかしら?


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
毎日 花の手入れに大忙しのうばゆりです。

山人氏の留守中はスモーク担当になるのですが、ほとんど放りっぱなし。相手をするのはエサと散歩の時ぐらいです。
f0161708_20405089.gif

我が家のスモークは年をとっても、食欲旺盛で いつもガツガツ食べるのです。
ところが相手をしなかった日は、直ぐにはエサを食べ始めないのです。
私の顔をチラチラ見て よだれを流しして我慢をします。エサを食べ始めると直ぐに立ち去ると分かっているのでしょう。
「側にいるから、お食べ!」と言うとおもむろに食べ始めるのです。

犬でも 無視されるのは寂しいのでしょう。そして食べないことが一番気を引くと知っているのでしょう。

たしかに「要求貫徹!」ナンテ言うときに我ら人間もハンガーストライキやりますよね。
只のストライキよりずっと注目浴びることは周知の事実です。犬も賢いものです。

無視されるのが辛いのは、動物や子供ばかりではありません。幾つになろうが、どんなに教養があろうが、皆同じです。
小さい頃は、大人はそんなこと気にしてない と思ってましたが 学校の先生であろうと宗教家であろうと心理学者であろうと110歳になろうと 皆同じです。

人との繋がりを大切にしないと、巡り巡って淋しい老後になってしまいます。そうじゃなくても親しい人が先に旅立ち辛いのに、、、 

人は人の中でしか生きられない動物なんでしょう。
この年まで友達付き合いをしてくれている人々に感謝!です。

私は手芸や庭仕事、読書、パソコンなど一人遊びが大好きで、人との付き合いが余り多い方ではないのです。それに対して何の不安も不満も無かったのですが、最近色々と思うところがありまして、、、
そう言えば 今日も誰とも話してない!


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
先日失敗した草木染めの布が やっとブラウスに仕上がりました。
元々は1度も手を通さなかった夏の着物(変わり織りの浴衣地?)をほどいて草木染めしたのです。

着物をほどく→洗う→ススキで染める→一部を化学染料で染める
と、大変な手間が掛かっています。気に入らない色だからと言って捨てる気にはなりません。
f0161708_20513734.jpg

左側のブラウスがそれです。、
どうにか着られそうに仕立て上がったので嬉しくなりました。

中央のは、6月にゴバイシで染めた絹地利用のブラウスです。
こちらは、染め上がったと時点でとても色合いが気に入り、勢い込んで仕立てたのです。ブラウスになっても期待を裏切らず大・大のお気に入りブラウスになりました。
色がとても上品でしょう~ 馬子にも衣装、、うばゆりもコレを着るとチョットした奥様風になるのです。まだ誰も言ってくれないけれど、、、

右側のは、友人から貰った古い浴衣を仕立て直したものです。
朝顔の模様と黒白の縞模様が粋で、一目見て気に入りました。その感じを残そうと直線裁ちで着物のように仕立てました。

浴衣は扱いやすくて裁つのも縫うのも楽ですし、個性的な柄が沢山あります。
タンスの中で眠っている浴衣をリメイクしては如何でしょう。とても簡単ですよ。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
山人氏はガイドの仕事で今日も山です。それでスモークの散歩相手をうばゆりが務めます。

歩くのもやっとで、ちょっと歩くとゼーゼー言っていたスモークが、最近とても元気です。
スモークが引っ張っていることを鎖を通して感じます。
「元気だ!元気だ!」と 言っているようで その感触が嬉しくてたまりません。
f0161708_2231268.gif

半年ほど前に、河原に下りるダラダラ坂でスモークが横倒しに転び驚いたことがあります。それからは河原には怖くて連れて行ったことがありません。

でも今日はとても元気なので、その河原に行ってみました。
なんと大喜びで水かさの増している川に入ったのです。

体重50kg以上のバカデカ犬が水中で転んだら、とても助けることは出来ません。だから水の中に入れるのは迷ったのですが、、心配無用でした。
本人も自信が付いたのか、意気揚々と水から上がってきた時、すれ違うように軽トラが2台河原に入ってきました。

車のおじさん達は荷台から何かを下ろして、水辺に駆け寄っています。
よく見ると大きなニジマスを放流しているのでした。

ニジマスはピチピチ跳ねるように水に入るとアッと言う間に姿を消しました。
それを 橋の上からスモークと二人で見物をしてから家に帰りました。

よたよた老犬を引っ張って歩くより、元気な犬と歩く方がずっと楽しいですね!

それにしても、どうして以前より足腰が良くなったのか考えてみました。
答えは鎖だと思います。スモークは真相を教えてくれないので推測ではありますが。

成犬になってからはずっと超大型犬用の重い鎖と首輪を付けていました。街のペットショップでは売っていない様な鎖です。
その鎖が摩耗してきたので1年半前に買い換えたのです。その時はすでに足を引きずっていたので中型犬用の軽い物にしたのですが、それが良かったのだと思います。
かく言う私も若い頃は首の回りにジャラジャラネックレスやペンダントをぶら下げていたのですが、今では重くてとてもつけられません。
もっと早く気がついてやれば、あんな転ばずにすんだかも知れないのに、可哀想なことをしました。
          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
老化は足から。それとも記憶力から。
いえいえ、やっぱり 老化はお肌からでしょう。
f0161708_22183375.jpg

マ~ 奥様! お肌が荒れちゃって、、、
お若いときはさぞやお美しかったんでしょう?
でもこのお肌では台無しよ。

ガサガサに荒れたお肌に深いシワ、、、
その上 しみやアバタに苔までついて、、、

このお肌に化粧をしても、お化けのようになるだけでしょう~

平均寿命は延び、あと2~30年は生きるのだから、
お肌を若返らせて、ひと花もふた花も咲かせなくっちゃ。
それには、この基礎化粧品がピッタリよ。如何?
      


ナンテ言われてもね~
このガサガサの厚い肌の下には繊細な神経が隠されているのザマスノよ。
そのお陰で平常心が保たれて今日まで来ましたの、、、
それに深いシワは思い悩んで生きてきた証。

これが私の顔でございます。シワも身のうち、コケも身のうち、、、
高い化粧品は無用でございます。


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]