<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日からスモークの元気がありません。
夕方、えさを持って行くと柱に鎖が巻き付いたままボーとしています。普段ならえさを見るなり狂喜乱舞して走り寄って来ます。例え どんなに複雑に鎖が絡まっていても必ず自分の力で直して。

ところが今日は動こうともしないのです。それで届くところにえさを置いてやりました。
すると、前足でえさ入れを後ろに押しやるです。その上、えさのあった場所におしっこを掛けるのです。
てっきり、いつもと違う場所に置いたのでヘソを曲げてそんな行動をとったのだと思いました。

えさをいつもの場所に置いて様子を見ました。
すると巻き付いた鎖を直して出てきたのは良いけれど、やはりえさを押しやるのです。
「いただきます~」と何回も声を掛けるのに食べる気配はありません。どうしたことでしょう。心配です。   byうばゆり
f0161708_21375466.gif


昨日から気分が悪くて、胸がムカムカするんだ。
それなのに うばゆり嬢ときたらえさを山盛りにして持ってくるんだぜ。
あの匂いを嗅いだだけで吐き気がするので、
「今日は食わね~から、下げてくれ。」 と身振りで意思表示をしたんだ。それなのに空気が読めないんだよ。
場所だけ変えて 「いただきます!」 「いただきます!」 と何度も言って頭を下げるのだ。
馬鹿か!
「いただきます!」って言うのは 食べる本人が言うものだぜ。
いただきますを言った本人が食えってんだよ。

空気が読めないのを相手にしているのは疲れるぜ!益々気分が悪くなってきたよ。
気分悪いついでに、えさをひっくり返してやったんだ。
これでやっと、オレは今日は食わないと言うことが通じたみたいだぜ。
やれやれ、、、、byスモーク


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
この辺りでは唐辛子のことをコショウと言います。字は「小生」と書いています。
皆さんの知っている赤いトンガラシではなくてシシトウに似た形の青唐辛子を使うことが多いのです。

毎年この青唐辛子を刻んで小生味噌を作ります。
f0161708_21204083.gif

みじん切りにした青唐辛子を油で炒め、みりん、味噌、砂糖を入れて煮詰めるだけです。
去年までは4~5kgも作っていたのですが、今年はうんと少なくして1kgです。
味噌が熱せられて、火山の噴火のようにプクップクッとはじけます。焦げないように塩梅を見ながら混ぜていたら、ピシッと何かが跳ねました。
それが、見事に目に入り、、、
唐辛子の種だったのでしょうか、痛いの痛くないのって!!!言葉では表せないほどです。
唐辛子を触った手で目の周りを掻くだけでもヒリヒリ痛いのに、その本体が飛び込んだのだから 如何ばかりか想像をしてください。

あ~私しゃ、目がつぶれた!と思いましたよ。
あまりの痛さに目も開けられません。直ぐに茶碗に水を入れて目を洗いました。本当は目玉を取り出して、流水でジャブジャブ洗いたかったです。
洗面所に行くことも出来なかったので、台所で目洗いです。10分ほど洗っていたら、少し痛みが治まり、今度は目がカッカと熱くなってきました。

1時間ほどで痛みも治まりましたが、あの痛みは5年に1回あるか・無しかの痛みでした。
例の帯状疱疹やギックリ腰よりも痛かったです。
でも その激痛は30分ほどで終わったので、ま~よかったです。
皆さんも 唐辛子だけは目に入れないでくださいね。

若い頃なら、料理中に何かが跳ねトンでも反射的に目をつぶったのに、、、、
最近はこの手のチョイ怪我が増えています。これも老化現象なのでしょう。
唐辛子を扱うときはゴーグル着用することにしました。転ばぬ先の杖です。


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
北の方では寒波が入ってくるという話しです。
そろそろ冬支度を始めましょうか。いえ、衣類のことではなく庭の冬支度です。

11月に入ると雪が降ったり、霜柱が立ったりで庭仕事も思うように進みません。だから少し早い内から冬支度を始めるのです。
雑草を取りながら収穫できるものをまず採ります。それから花壇の柵や植木鉢を片付け、庭の飾り物も全部撤去します。最後に除雪機が入る場所の小石を拾います。勿論際限なく落ちてくる落ち葉の掃除もありますし、堆肥作りもやらなくてはなりません。
f0161708_2232572.gif

今日は野菜と種の収穫の予定です。
チョロギを抜いてみたらどうしたことか実がほとんど付いていません。片付けを兼ねて半分ほど抜いたのですがどの株も似たり寄ったりでがっかりです。
次に里芋とゴボウを抜きました。花屋さんで里芋の芽が出たのを売っていたので2本観賞用に植えたのです。小さな里芋が6個ほど付いていました。
それからゴボウです。これは「サラダゴボウ」というのを種まきしたのでした。説明では小さなゴボウで育てやすいとありました。それなら浅い畑でも大丈夫かと思って育てたのですが、抜いてみたら、、、ゴボウとは思えない形状です。くにゃくにゃ曲がっているのです。

普通初心者は里芋やゴボウは作らないのに不思議でしょう?なぜホウレンソウや大根、ジャガイモを植えないのか?って。
これはサルのせいなんです。サルの知らない野菜を植えないと皆盗られてしまうのです。
ココのサルはゴボウや里芋はまだ知らないのです。

本当は自分で育てたトウモロコシを食べたいのだけど~


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
秋日和でとても気持ちの良い日です。
紅葉が顔に映えて、オレンジ色になりました。

前回の草木染めにはドングリの帽子で色を出しましたが、次回は栗のイガで出す予定です。
それでイガを拾いにターちゃんの家に行きました。ターちゃんの庭には大きな栗の木が生えているので イガは拾いたい放題です。
f0161708_23235296.gif

ターちゃんも手伝ってくれたので、アッと言う間に予定量に達しました。
勿論その後はターちゃんの家でお茶とお喋りを楽しみました。

夕方はプールへ行きました。まだ3日坊主にはなっていません。我ながらよく頑張っています。
さて、泳いだ後のことです。
シャワー室で浴びた後バスタオルで体を拭こうとしました。袋からバスタオルと引っ張り出した時 黒いものがバラバラと落ちました。

アリャ~、カメムシが3匹 シャワー室の床に落ちています。コレは大変!次に入った人が悲鳴を上げます。
慌ててカメムシめがけてシャワーをかけました。勿論排水口に流れるように掛けたのですが、、、、
どうしたことか、隣のブースに流れていきました。
お隣から、キャーと悲鳴が聞こえて来るのではと息を潜めていましたが、ウンともスンとも聞こえません。

隣のブースは空いていました。やれやれ良かった。今の内にカメムシの処理をしましょうと、中を見たのだけれど、どこへ行ったのか姿が見あたりません。多分このブースの排水口へ流れ込んだのでしょう。
ひとまず事件にはならなくて良かったです。

私はカメムシとともに生活しているので平気なのですが、人によっては異常反応するもので、、、
カメムシは凄い匂いを出すでしょう?だから汚いと思っていませんか?
彼らは花にとまり花粉を食べているので、汚いことはないのです。
今頃になると冬に備えて家に入り込んでくるのです。洗濯物にも紛れ込みます。それでバスタオルに付いていたのでしょう。
時々こんな風に虫連れでお出かけです。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
今日は病院へMRIとレントゲン検査に行ってきました。
正直言って、検査の必要は全くないといえるほど元気になったのですが、指定の予約日なので出かけたのです。

診察を受けたのは3週間前で、その時は腰痛を抱えてやっとの思いで行ったのです。4度目のギックリ腰ともなればきちんと診察を受けなければ、と一大決心で出かけたのでした。
診察後「念のため検査をしましょう」 と言われての今日なんです。
f0161708_21512337.gif

まずレントゲン撮影をしてからMRIの検査室に行きました。
20年近く前に1度受けたような気がするのですが、どんなだったか すっかり忘れています。
指示通り細いベットの上に寝ると「そのままで30分間動かないように。」と言われました。
ええっ30分間も!手も動かしては駄目と言われ それfだけで凄いストレスです。音が大きいので耳栓もされました。「万が一気分が悪くなったらコレをを押すように」とブザーを右手に持たされました。
ドーム型のトンネルの中に移動した後は目をつぶってしまい、観察するゆとりもなく、石のようにじっとしていました。

ガンガン!ガンガン!まるで工事現場の音が耳元でします。うるさいの何のって、、、
機械が壊れているのじゃ無いかと心配になりました。これでは火事や緊急サイレンの音も聞こえません。
もしかして遠くかすかに聞こえる別の音はサイレンじゃないのかしら?と コレ又心配になります。

どういう訳か顔の周りに風が横切るのです。それが鼻をくすぐりクシャミが出そうになりました。余程ブザーを押そうかと思いましたがクシャミは治まりました。
次は鼻の横が痒くなりました。チョコチョコっと掻きたいのですが これはぐっと我慢です。

ガンガン!ガンガン!の音にも慣れてきたら、だんだん他の音に聞こえてきました。聞いたことがあるな~と考えている内に祭り太鼓の音に変わりました。この音に合わせた踊りがあったけ!等と考えている内に、、、

「もしもし、検査終わりましたよ。寝ていたんですか?」
と技師さんに言われました。

寝ていたつもりはないのですが、やっぱり寝ちゃったのかしら? ふ~

兎も角検査は無事終了。結果は11月に入ってから聞きに行く予定です。


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
今日は草木染め第2回の教室です。

色の変化を勉強するために、白いハンカチ1枚に アカネ、コブナ草、ドングリで染色をしました。媒染液はそれぞれアルミ媒染と鉄媒染です。重ね染めをしたり、しなかったり、媒染液を変えてみたり、と複雑です。
1枚のハンカチの中に1回だけ染めた模様から5回まで重ね染めしたのまで複雑な色変化を体験しました。
f0161708_20533063.gif

さて、帰り際のことです。係をやっている先輩から11月にある文化祭に出品するようにとの話しがありました。

でも私は先月入会したばかりで作品と呼べるものはありません。
「来年は出しますが、今年はパスで、、、」と固辞したのですが、横から先生が
「枯れ木も山の賑わい。前回のでも今日のでも出しなさい」と仰せです。

枯れ木ね~立っていれば賑わいにもなりますが、私しゃ倒木状態で~
さて、どうしましょう。




          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
元気回復 第1弾として、ターちゃんと紅葉狩りに出かけました。
目的地は大町と池田町との間にある大峰高原の七色大カエデです。管理事務所駐車場に車を置いて歩きました。
大峰高原は白樺、楓、ツツジ、桜、など木の種類がとても豊富です。それらの木がどれも赤く紅葉して美しいトンネルを作っていました。あちらこちらでグループがお弁当を広げ楽しそうです。中には芋煮会をやっている所もありました。綺麗!綺麗!と上を見て歩いていたのですが、さすが芋煮の匂いには負け そちらを覗き見などしてしまいます。白い湯気が登りそれは美味しそうでした。
f0161708_2173575.jpg

ぶらぶら歩くこと40分ほどで七色大カエデに到着です。
この大カエデ結構有名なんです。テレビで紹介されたり、映画のロケ地になったり、cdジャケットの表紙を飾ったり、ポスターになったりと。

高さ11m、樹齢250年とかですが、横に広がった姿が何より素晴らしく見応えがあります。丁度見頃とあって沢山の来訪者がいました。
広々とした景色と素晴らしい楓、、、心が洗われるような気がしました。

さて、その後は八坂に回り新蕎麦を楽しみました。

帰路は唐花見湿原に寄り、散策です。
f0161708_21184723.jpg

ここはウメモドキの群生が有名です。やや遅い感はありましたがあちらこちらに赤い実が散見出来ました。それに湿原全体を何種類ものコケが絨毯のように覆っています。
こちらは静かなもので、芋煮の匂いは全くありませんでした。写真愛好家の方々が3組いらしただけで静かな限りでした。

そのまま自宅に直行と思ったのですが、途中清音の滝を思い出して、ここも寄り道です。
以前は道標が出ていたのに、道路工事をしてからはそれも無くなり入り口が大層分かり憎かったです。
f0161708_21315541.jpg

滝まで下る道も未整備で滑りやすいのですが、ホンの2~3分の距離なので挑戦しました。
県道の脇にあるのに標識もなく全く忘れられた所ですが、大層由緒ある場所なんです。江戸時代の名所案内にも滝の絵とともに紹介されているとか。又ココを読み込んだ漢詩や和歌も幾つもあるそうです。

 写し絵の ふでもおよばじ から衣
    きよとの滝の 水の粧ひを   利忠

折角の史跡です。整備して後に伝えて貰いたいと思いました。



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
今日は完全復活したうばゆりです。
ギックリ腰の後遺症でおそるおそるの行動でした。プールへ行っても水中歩行中心で泳ぐのもクロールだけ、スモーク散歩は最短距離、庭は花を見るだけで手入れはナシでした。それが2~3日前から痛みが薄れ、何をやるのも楽になり、少しずつ行動を広げていました。

今日はスモークの散歩も庭の手入れもやりましたし、水泳もクロール、平泳ぎ、バックと3種類に挑戦です。バタフライは特に腰に悪いのでやりません。と言うより溺れてアップアップしているみたいに見えるのでやりません。
これで 日常やっていたこと全部出来たので、完全復活です。
f0161708_22135480.gif

あ~、これで 田舎暮らしが続けられそうです。腰痛が慢性化したら神奈川に戻らなければならないと、半分覚悟していたのですが、、、

ところで、あなたは田舎暮らしの家計について知りたくないですか?
時々「田舎暮らしをしたいのだけど、経済的には都会と比べてどうですか?」と聞かれることがあります。

我が家というか、私を例に取りますと食費や被服費は都会に比べて半分程度だと思います。スーパーの食品や衣類の単価は同じか田舎の方が高いのですが、余分なものを買わないのです。買い物に行っても商品が多くて目移りすると言うことはありません。それに頂き物の野菜中心のおかずになるので益々出費は減ります。ただし外食好きな人は要注意です。都会なら超高級店から激安食堂まで色々あるので、懐具合で選べます。こちらでは高級店も激安店もありません。スパゲティー、ラーメン、うどん等庶民的なものは都会の方が安いと思います。
私の場合は外食費に限って言えば4分の1程度です。こちらではほとんど外食をしませんので。

光熱費については、田舎の方が倍近くかかります。何故かガス代が高いのです。ご近所のターちゃんの所はガス代が高いので電気調理器に変えたほどです。それから寒冷地ですので暖房費が馬鹿になりません。1~2月は24時間暖房しています。それに水道管にも熱ヒーターを入れています。冬場だけですが電気・灯油代は3~4倍ほどです。夏はクーラーを使わない分安くなりますが。

後、趣味、娯楽にかかる費用は断然こちらの方が安いです。例えば習い事も公民館主催のものが多いので月謝は無料~2千円程度です。プールも年間券(シルバー)15000円・1月当たり1250円で毎日泳げるのです。マレットゴルフや人工壁クライミングは無料です。

全ての出費を比べると田舎の方がかからないでしょう。暖かい地域なら大きな差が出ることと思います。

だから、経済的なことで田舎暮らしに不安を感じる必要はないと思います。問題はそれ以外のことです。
生活習慣の違いとか、ご近所さんとの付き合い、知り合いがいない寂しさ、買い物などの不便さなど色々あるでしょうが、住んでしまえば田舎の楽しみの方に目が向き、マイナス点は全く気にならなくなります。
要するに、山菜採りやハイキング、野菜や庭作り、木工やツル細工など田舎暮らしの楽しみが好きかどうかにかかっているといえます。そう言うことが好きな人は定年後田舎に移り住むのも良いものです。ただし健康なら。


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
昨日の続きです。
小学校時代のヤギの思い出を書いたら、その続きも思い出しました。

確か見知らぬ子が自分の小学校理科園に紛れ込んでいたのは1学期末から夏休みの間だったと思います。
2学期になるとその姿は消え、又平和な学校生活に戻りました。
その子がいたから争いがあったわけではないのです。ただよそ者が紛れ込んでいて落ち着か無かったのです。
f0161708_214918100.gif

さて、小学校も無事卒業して中学校に進みました。勿論地元の公立中学です。

入学して2~3日目に あのヤギの子を見つけました。モウびっくりです。
後から考えると、不思議でも何でもないのです。中学は線路の向こう側とこちら側二つの小学校から入学して来るのですから。
でも私にとっては青天の霹靂。住所不定 氏名不詳の得体の知れない子が今度は同級生だなんて!

向こう側の小学校から来たユッチャンがその子の名前を教えてくれました。
その名前が予想外の名前で又又ビックリ!

だってヤギの世話が板についていた子だから、山田、木村、鈴木、小川、福田とか自然にちなんだ平凡な名前だと思っていたらトンでもなかったのです。

武者小路とか綾小路、円城寺、天花寺など最後にジの音がつく名前は皆高貴な感じがします。その子も最後にジの音が付いて由緒ありそうな苗字だったのです。
ヤギと仲良しでヤギ小屋がよく似合い、顔もどことなくヤギに似ているのに 名前が間違っている~と思いました。

子供の感覚って今思い出しても面白いです。いつ、どこにあの感覚を置いてきてしまったのでしょう。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
久しぶりに 自由市場に野菜を買いに行きました。
自由市場ではウサギとヤギを飼っています。とても人なつこくて、側に寄ると顔をこすりつけてきます。

市場のおじさんが
「東京のレストランで野ウサギを探していると言うので これを売ろうかと思ったんだけど可愛そうなのでやめたんだ。」と話していました。道理で どのウサギもおじさんがアッチに行けばアッチ、コッチに行けばコッチと姿を追いかけます命の恩人って分かっているのでしょう。
f0161708_22134589.jpg

ヤギはカップルなのかとても仲良しで、見ているだけで微笑ましくなります。2匹がいつも同じ行動を取るのです。1匹がキャベツをくわえるとすかさずもう1匹もくわえます。1匹が右を向けばもう1匹も右を向きます。
仲が良いのは本当にいいな~ 

ところでヤギを見るといつも思い出すことがあるのです。
50年以上前の小学校時代のことです。
通っていた小学校には立派な理科園があり、小鳥や鶏、アヒル、ヤギ等を飼っていました。
6年生になると当番が回ってきて掃除や餌やりをします。確かお豆腐屋さんでおからを貰ってきたり、八百屋さんで野菜クズを貰ってきてやったと思います。
それが、ある時見知らぬ男の子がヤギの小屋に入って世話をしているのです。とても慣れた手つきでまるで飼い主かと思うほどです。
ヤギもなついているので「あんた、どこの子?」とも聞けない雰囲気です。

その子は毎日ヤギの世話に通ってきました。夏休みも毎日です。その頃には立派なヤギの飼い主の雰囲気です。何日も経ってから、その子は線路の向こう側にある小学校の子だと分かりました。

余所の学校の子が紛れ込んでいるのはとても気になるものです。ご飯に小石が入っていたのと同じくらい邪魔くさいのです。
大人なら見知らぬ人がいても会釈する程度で気にならなくなるのに、、、
あの時は宇宙人が紛れ込んだと言うほど気になったのでした。何年経ってもあの時の違和感は覚えています。
多分ヤギが大好きで余所の学校に紛れ込んでいたのでしょう。理科の先生はその子がいても平気な顔をしているのも不思議でした。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]