<   2010年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

f0161708_22195270.jpg


車で走っていても、スモークと散歩中でも、草木や花や雑草が目に飛び込んできます。

以前は花だけが目に付いたのに、最近は植物なら何でもです。
「スカンポは染まると言うけれど どんな色かな~」 とか、
「紫色の葉っぱで染めたら、紫色になるかな~」とか、やたらと気になるのです。
草木染めを始めたから、植物全てが気になるのです。
空き地や森の中を走っているときは、もっぱら脇見運転です。危ない・危ない!

そう言えば大昔
そう、うばゆりが小学生の頃の話しです。1年ほど事情で伯父さんが同居していました。
その伯父さんは大きな会社のれっきとした社員なのに、
「日本橋白木屋の受付嬢が一番美人だ!」とか
「三越本店のエレベーターガールが可愛い!」とかいうのです。
仕事がらみでデパートに行っているのかどうかは知りませんが、なんでそんなことを言うのかな?変な伯父さんだと思っていました。
余程不思議だったのでしょう。伯父さんの言葉が頭にこびりついているのです。

伯父さんは若い女性、それも美人が大好きだったのでしょう。当時デパートガールとバスガールは美人が採用されると言われていました。その美人がうじゃうじゃいるデパートへ行って「超美人」とか「並み美人」とかランキングを付けていたのではないかしら?
伯父さんはちゃんと仕事をしているのか心配になったモノです。

車に興味のある幼い子供は、道を歩いていても次から次へと車を見つけて車種をあてたりします。

だれでも気になるモノは目に飛び込んでくるのでしょう。
考えてみれば痴漢や変質者が町を歩いているときも、そう言う目で対象者が目に付くのでしょう。
恐いですね!



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
f0161708_22162217.jpg

毎日毎日お庭の手入れに余念のないうばゆりです。
ええ~、お肌のお手入れ時間もお花の方に回しているのです。

その甲斐あって、庭はブルーと白の花園です。
何度見ても「きれいだな~」と独り言を言ってしまいます。

背丈の低い小花が絨毯のように咲いているのを見ると、
この柔らかな花の布団に包まれて、お昼寝したいな~と思います。

でもね~
いかにモノに動じない、にぶいうばゆりでもそれは無理な願い事。
ハチはぶんぶん、アリはぞろぞろ、虫たちがせっせと働いているのです。

精神は図太いのですが、お肌は結構敏感なんです。木の葉でかぶれたり虫さされで腫れ上がったり、色々苦労があるのです。だから花の中でお昼寝したり、本を読んだり、お茶したりは夢の話しです。

せめて絵に描いて、やった気分になりましょっと。



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
f0161708_2154466.jpg

常々田舎暮らしに最適な人物はうばゆりであると自負しております。

ゴキブリなんか新聞紙丸めてパ~ンと一撃だし、毛虫は箸でチョイっと摘んでポイするし、蛇も屁とも思わない。
養鶏所の前で鼻を摘んで走る友人がいたけれど、そんなのへっちゃら。
百合に付くアブラムシは素手で払いのけるし、アリやネズミの巣は足でギリギリとつぶしているし、猿は棒きれをもって追いかけるし~
地震や雷にも意外と平気で、布団を被って寝てしまいます。

虫にも獣にも、音にも匂いにも、イヤになるくらい動じないのです。
小さい頃から、「きゃ~恐い!」なんて言った覚えがありません。
黄色い悲鳴に大人や男性は強く反応して、「よっしゃ、俺に任せとけ!」なんてステキなナイトが現れるのでしょうが、うばゆりには全く無関係の世界でした。

それがですね~
夕方、裏の空き地でワラビ採りをしていたら~

片足を置いた、その辺りから突然ガサガサガサーと長い蛇が飛び出したのです。余程蛇も驚いたのでしょうが、うばゆりだって驚きましたよ。本当に足元から、長さ2m以上もあるかという、、、
いや3m、もしかしたら4m、、、
蛇は何十回も見ていますが、今回の蛇が最長記録です。どうもアオダイショウのようですが、余りの速い逃げっぷりに顔すら確認できませんでした。

そう言えば、山人氏も昨日長い蛇を見たと言っていたので 同じやつかもしれません。
猿やネズミは追い払いますが、蛇は日頃から大事にしています。棒や石をぶつけたり追いかけ回したりしません。逃げる姿を静かに見送るのですが、今日はちっとばかり驚きました。

今日はうばゆりが蛇に驚いた記念日です。


         -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
今日は朝から気持ちの良い五月晴れです。
たまっていた庭の手入れに~ オッとその前に日焼け対策をしなければ。
日焼け止めクリームは、汗を拭いたら落ちてしまうので、もっぱら帽子を利用しています。
f0161708_21252159.jpg

捨てようと思った古い麦わら帽子をちょっと改良しました。布で日よけを作り縫いつけたのです。
これだって結構時間がかかったのです。まずツバが大きすぎたので小さく切り取りました。すると切った端からボロボロと藁クズが出てくるので、白いテープで縁取りをしました。それから日よけ部分を縫って麦わら帽子に取り付けたのです。

被ってみると、それ程息苦しくもなく、顔に陰を作ってくれますしマーマーの出来映えです。

流木利用でクレマチスのアーチもどきを3カ所作りました。こればかりは山人氏の出番です。
太い針金を使って柱が倒れないようにしっかり固定をして貰います。
毎年今頃作り、雪が降り出す前に解体するのです。雪国は余分な手間が一つも二つもかかります。毎年やっているのに出来映えは? 今年は40点と言うところかしら?でもクレマチスがからまり花でも咲かせれば満点に変身でしょう。

夕方スーパーに買い物に行ったら、帽子が山のように置いてありました。
手にとって見たらなかなかお洒落で色合いもステキです。端から藁クズが落ちてくる心配もありません。それで580円でした。マ~ナント安い!ボロ帽子を時間掛けて改良したのがバカバカしくなりました。
でも買うのは悔しいので試着しただけで、元の場所に置いてきました。その上、自分で作ったのよりも、うばゆりに似合っていたのが何とも小憎らしいことです。



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
昨日は草木染め教室がありました。
タンポポとクルミの皮で染めたのですが、なかなかよい色に仕上がりました。

その布にアイロンをかけ、ブログ用に写真を撮ったのですが~
f0161708_22202542.jpg

違うんだな~
こんな色じゃないのよね~
目で見ている色はもっと深みのある色なのに~
写真を3度も撮り直したのですが、見たとおりの色にはなりません。太陽光線がよいかしら、と外で写したり、フラッシュがよいかしらと暗いところで写したり、色々やっては見たのですがやはり色はうまく出ませんでした。
うばゆりがひいき目で見ているから良い色に見えちゃうのかしら?
兎に角伝えたいことがうまく伝わらないもどかしさを感じます。
(右からタンポポ染め・鉄媒染、 タンポポ染め・アルミ媒染、 ヤシャブシ染め→クルミ染め・鉄媒染、アカネ染め→クルミ染め・鉄媒染)

たかがブログ、伝わらなくてもどうってことないのですが、残念至極でございます。

友人と話していて相手にうまく伝わらないときってありますよね。
「あれ?誤解しているみたい~」とか感じるときが。
そう言うとき、皆さんはどうしているのかしら。
いちいち言い直したり、説明を追加したりしてますか?話しの流れがとぎれるし、なんだか言葉尻をとらえるようでもあるし、、、迷っちゃうのよね。

うばゆりは大抵の場合 「生き死にに関係ないから、まっいいか~」なんて流しちゃうのよ。
これって日本人の悪い癖かもね。
ええっ、皆さんは違う?うばゆりだけの悪い癖っていうこと?



          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
今日も一日中雨になりました。

若葉が雨に濡れてみずみずしいこと。
華やかな花にも負けないほどの美しさです。
f0161708_21194052.jpg

この時期の葉っぱは黄色、黄緑、白、濃い緑と木によって様々です。それらが嬉しそうに雨を受けています。

植物だけではなく、果物も動物もお肌もみずみずしいのが一番です。
ア~、うばゆりのお肌がみずみずしかったのは一体いつのことだったかしら、もう忘却の彼方です。

確か40代の頃に、「お肌の曲がり角をすぎたのだわ~」と鏡を見てしみじみ思ったのですが、、、
今 思い返せば、あの頃は十分若くてお肌も結構なモノだったはずです。
失ってみて、後からしみじみわかるのです。

さて、現在 もう駄目だわ~なんて嘆いていることだって、まだまだイケルのかもしれません。
手芸をやっていて 一番苦労しているのが針目の糸通しです。
縫うのが10分、糸通しが20分ナンテこともあるのです。時々もう駄目だ~と投げ出したくなるのですが、これだって、10年後から今を思い起こせばどうってこと無い程度なのかも知れません。

さて、糸に唾を付けて 精神統一してと、、、「今が一番若い!」と自分に言い聞かせ、、、
頑張ってみま~す。


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
ウドやワラビが採り頃になってきました。
3日も雨が続いたので、今日こそ採らなければとナイフとカゴをもって出ました。

特にウドはあっという間に大きくなり食べられなくなってしまうのです。
庭だけで20本以上採れました。
裏の方にも同じくらい植えてあるので回りました。
f0161708_21512662.jpg

アンラ~、誰かがすでに採った後です。
それもご丁寧に来年のために1~2本だけ残して、きれいに切ってあります。

山菜類はどんなものでも1~2本は残しておくのが常識です。こうしないと消えてしまうのです。

14年前、うばゆりが引っ越して来たとき、ウドの大株が入り口の特等地にデ~ンと生えていたのです。
ウドは夏にはわさわさ茂りまるで木のようになります。花だって直ぐには思い出せないほど地味なんです。ハッキリ言って邪魔くさいの何のって!
それで庭の奥の方に移植をしました。
その5年後に、さらに庭の隅と裏の空き地に移植したわけです。今では全部で6カ所に生えていて、ウドだけは我が家の周りだけで堪能するほど食べられるのです。

それで、裏のウドを盗られてガックリしたのですが、実は文句が言えないのです。
地続きの他人様の空き地にウドを移植したのです。所有者も分からないし、手入れも全くされてない土地です。倒れそうな木を除去したり笹藪を刈ったり、勝手にうばゆりが管理をしています。ついでに石をどけてウドを移植したりもしたのです。

楽しみにしていたウドを盗られてがっかりしたけれど、よく考えてみれば天からの贈り物を他人様の土地に植えていたわけだから文句も言えないか~ クシュン!

ウドは薄切りにしてきんぴらにします。皮もむかず芽の先まで利用でき、とても美味しいですよ。
沢山出来たら冷凍保存もできます。




          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
以前草木染めで染めた布を写真UPしましたが、
あの布でブラウスを作りました。

自分で染めた布を使って、ブラウスを作ったのですから、名実共に世界でたった一つのブラウスです。
f0161708_21475052.jpg

トロンとした絹の肌触りが何とも言い難い感触です。
適当に裁断して、手縫いで仕上げたのですが、着てみるとわが身にぴったりです。
柔らかい布なので体に馴染んでしまうようです。

だれも実物を見ないので、言ってしまいますが、、、
うばゆりに似合うのです。それに絹だと着た人まで上品に見せる魔法の力を持っています。
残った布も余りよい色合いなので細いマフラーにしました。

鏡の前で一人ファッションショーをやり、大いに満足の~
山百合かスカシ百合になった気分のうばゆりです。

マフラーの色はアカネで染めた後にヤシャブシで2回染め、鉄媒染したのです。
染液-媒染-水洗いと手間はかかりますが、最後にどんな色が現れるかワクワクしながらの作業です。

午後から端切れで袋物を作ったのですが、こちらは失敗作でした。
f0161708_21482523.jpg

大きさが中途半端だし、持ち手がどうしても気に入りません。

色々手作りしてますが、「これはよい、気に入った!」となるのは半分もありません。
それでも、作るのが楽しくて、次から次へと挑戦です。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
花を愛で、山菜を味わい、晴れの日は楽しみ満載のうばゆりです。

久しぶりに今日は朝から雨なので、花の世話も山菜探しも一服です。
丁度良い骨休め~と家にいたのですが
部屋にいればいるで何かゴチョゴチョしたくなるのです。
f0161708_2130946.jpg


袋物でも作ろうと布を引っ張り出したのですが、創作欲を刺激するような布地がありません。それに綿か麻で草木染めもやりたいので、生地屋さんに行くことにしました。

こんな小さい町には不釣り合いなほど沢山の布を置いてある店があるのです。
実は東京で手広く生地問屋をやっている会社の倉庫です。土・日だけ営業するその店の名は ズバリ
「土日のお店」です。

ターちゃんを誘って夕方でかけました。
布はビルの2・3階に山積みです。
通路はやっと体一つが通るだけで、左右は天井まで反物が積み上げられてます。

種類が多すぎて目移りしてしまい 散々迷った末に4つを選んで買いました。
それでたったの2000円です。
ターちゃんもお気に入りの布を見つけ、小躍りするように帰ってきました。

1つはもんぺ型ズボンを作り、1つは草木染めをしてから上着を作り、残り2種類は組み合わせて袋物を作る計画です。
こんなに買ったのでは、週に3日は雨にならないと、作ることが出来ません。

晴れも良し、又雨も良し~
梅雨を待つ心境です。


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
先日戴いた 白花ヤマシャクヤクの花が咲きました。
f0161708_2282114.jpg

内気なヤマシャクヤクはほんの少し花びらを開いただけなんです。
ネッとっても清楚な感じでしょ。下界の汚れた空気を知らずに育った純情娘です。
この辺りの山では時々見かけるそうですが、うばゆりはまだ一度も遭遇したことがありません。

折角珍しい花を戴いたのに、枯らしてしまっては元も子もありません。
毎日、ハラハラ見守っていたのですが、もう大丈夫なようでホッと胸をなで下ろしたところです。

庭には、見落としそうな程小さな花が色々あります。
どんなに小さくても精一杯咲いている姿は健気です。
f0161708_22173266.jpg

草丈5センチもない ミチノクコザクラです。
「一寸の虫にも五分の魂」とか言いますが、「一寸の花でも十分美しい」です。
あれ?意味全然なさない?

それから、これも小さいけれどきれいでしょう。
f0161708_22232981.jpg

こちらは草丈が15センチくらいで、花のサイズは1センチ程のチゴユリです。
庭の外れにちょっとした群落を作っているのですが、風に揺れて可憐なこと。
この地域にとても多くて、我が家のも自然に生えてきたのです。道路沿いにも結構咲いているのですが、余り小さいので気がつく人もほとんどいません。

うばゆりは見かけによらず派手で大きな花より、こういう小さな楚々とした花が好きなんです。
無い物ねだりというか、自分とかけ離れているから憧れるのかしら?
毎日 庭から 「小さな発見、大きな驚き」をもらっています。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]