f0161708_22203617.gif

今年は紅葉が早く訪れたのに、どうした訳か赤い葉っぱがいつまでも枝にしがみついています。

葉っぱだって秋を惜しんでいるのだわ~
同じ!同じ! うばゆりも同じよ!

朝からどんより曇っていた空が昼前についに泣き出しました。
よく見るとみぞれっぽいのです。

ついに雪になるか~、と覚悟を決めたら、霧雨のようになりいつの間にか止んでました。

毎年今頃、初雪が降るのです。
山の雪が、この辺りに迷い込むらしく、町の人は誰も知らないし、ニュースにもなりません。

明日は又良い天気に戻るとか、庭の冬支度をせっせとしましょっと。


話は飛びますが、、、、
春以来、オークションで着物地を落札するのが面白くて、最近ではほとんど中毒症状です。
このまま冬に突入すると、家に籠もってますます重症化すると~自己診断。
それで、今日・10月31日をもちましてオークションは春まで休むことに固く決心をしました。

記念すべき、最後だから、後腐れがない様に思いきり今日は落札しました。
ワイワイ~楽しみだな~早く荷物が届かないかしら~





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_22534669.gif

今日も秋晴れ気持ちが良いよ~、と庭の手入れに余念がありません。

もう何ヶ月も前から気になっていた、嫌な仕事に取り組みました。
霞網の取り外しです。
何故霞網かというと、サル除けように数年前に透明のナイロン網を買ったのです。そして山人氏が菜園コーナーにぐるりとその網を張り巡らしたのですが、サルには何の効果もありませんでした。

その網を今年の2月頃、冬用コンポストの回りにかけていたのです。
エサの無くなる冬だけサルはコンポスト荒らしをするので、その対策でした。
うばゆりがゴミを捨てるときは網が引っかかって苦労をしたのですが、サルも同じらしくてそこそこの効果はああったのです。

春になってその網を外せば良かったのに、そのままにしておいたのが大きな間違い!
タニウツギの木に引っかけてコンポストを囲っていたのですが、春になり木から芽が出て、枝は伸び、花は咲き、、、、、
網の目の間に1m程も枝が伸び葉が入り込み、どうやっても網が回収できないのです。仕方がないので網の目を1つ1つ切り離したのです。上から枯れ葉や種が降り注ぎ、目に入って痛くてたまりません。

サル対策であれこれやってみたけれど、どれも効果が無くて 後片付けばかりが苦労です。

さて、これで冬用コンポストの用意も出来ました。

冬用コンポストっていうのは、普通のコンポストの底に網を張ってあるです。冬は沢山のネズミがコンポストをエサ場にして増えるのです。
以前、逃げることも歩くことも出来ないほど太ったネズミを目撃して、
余りの気持ち悪さにやって貰ったのです。それ以降ネズミがコンポストの入ることはなくなりま、健康的なネズミばかりになりました。

冬に向かって、まだまだ庭仕事が続きます。









          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_21442796.jpg

今日も気持ちの良い秋日和です。

天気の良い内にせっせと庭の秋支度に精を出しました。
まずは、こぼれ種で出た雑草抜き。特にアヤメの間にはびこる草は厄介です。
まず鎌でアヤメの葉を刈り取り、それから雑草を抜きます。あっと言う間に一輪車一杯になり崖の方に運びます。

やってもやっても埒が明かない。
こう言うときは、「庭が広すぎる」と恨めしくなります。
秋には通路を拡張して花壇部分を縮小する計画だったのに、そこまで手が回りません。

雪が降る前に植木鉢や柵の撤去、石拾い、支柱の取り外し、、、
毎年毎年、同じことの繰り返しです。雪のない地方なら総てやる必要のない作業です。
本当に雪国は大変なのです。

その分、花も葉もとびきり綺麗な色になるのだから~
冬に向かってアリになります。
f0161708_21453652.jpg

紫色の花はトリカブトです。人をも殺す猛毒があると言います。
毒があるけれど綺麗です。
あら~、言葉に刺のある美人のMさんを思い出しちゃったわ!



          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_22292585.gif

今日の気分は~
晴れのち曇り、時々快晴、つむじ風~夕方より嵐
何のことだか意味不明でしょうが、ようするに良いこともあれば悪いこともあったと言うことです。

この町には素敵な人形を作るyokoさんがいます。
その腕、人形作家として立派に通用するほどで、作品を見るたびに唸ってしまうのです。

そのyokoさんと教室の生徒さんの作品展を見に行きました。
相変わらず、丁寧な仕事で感心しきりなのですが、yokoさん自身の新作が少なくいのが残念でした。
「お教室をやっていると自分の作品を作る時間がない」と いうことで、本人もジレンマに陥っているようです。

良い作品を見て、ターちゃんと2人 やる気を沢山貰って外に出ました。
近くのケーキ屋さんにより、一寸コーヒータイムです。
このケーキ屋さんは4月に開店したばかりで、とても洗練された内装です。
店内の片隅には手芸作品が飾ってあり販売もしています。

前回この店で、委託販売を受けていると聞き、内心うばゆりはやる気になっていたのです。
と言うのは、趣味の草木染めや縫い物作品がたまってきたので、それを委託したらどうかしら~と思ったのです。仲間のターちゃんや師匠も賛同をしてくれたので、ますますそれに向かって気持ちの上では突撃です。

それで、今回委託方法をついでに聞こうと思って行ったのですが~
店の方では、高い敷居をもうけているようで、素敵なベストをさして
「この品は店に合わないでしょう」と開口一番言われるのです。暗に店の雰囲気に合わないのは置きたくないのだ!と言わんばかりなのです。
うばゆりはその品はとても素敵に見えたのに、それすら合わないと言うことは~
我らの作品などとてもとても、、、、委託の詳細を聞くどころではなく外に出ました。
でも、コーヒーもケーキもとびきり美味しかったので 又行くつもりですが、手作り品販売の夢は見事にしぼんでしまいました。

家に帰ってしばらくすると、猿の大群が庭に押し寄せてきて
サルババ合戦になったのですが、この大嵐の顛末は又暇なときにでも~




          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]

相変わらず朝からチクチク~精を出しているうばゆりです。

オークッションや心ある友人のお陰で布は随分とたまってきました。
布と同じくらい欲しいのがボタンです。
こちらはオークションを見ても欲しいようなのがありません。それで大昔のボタンを引っ張り出しました。
f0161708_2122483.gif

古い物は60年ほど前の物です。
母は着られなくなった衣類を捨てるときは、必ずボタンを切り離しとって置いたので ボタンが溜まりにたまって箱いっぱいあるのです。

まず、どう見ても使えそうもないのははねて、残りを洗いました。
濃い洗剤につけ、ザラザラ芋洗いの要領です。
よくすすいでから、ザルで水切りをし乾燥です。すすけていたボタンが光ってきました。

それを白系ボタン、黒系、その他と分類したのですが、何百コとあるし、大小色々で大変です。
それに安物の平凡なボタンばかりです。

世の中の変化が、ボタンを通して見えてきます。
最近はブローチかと見まごうばかりの洒落たボタンがありますが、昔のは止められれば良いという感じです。
それでも、捨てるには忍びないのです。

皆さんは古いボタンはどうしていますか?




          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_21385792.jpg

クリタケって言うキノコを知っていますか?
良いダシが出て歯触りも良く美味しいのですよ。

このキノコはまだ大量生産が出来ないらしくて、地元でもスパーには置いてありません。
農産物直売所に今頃並ぶだけなのです。
我が家では3年ほど前にクリタケの菌をホダ木に植え込んで育てています。
シイタケのようにホダ木を並べて置くのではなく、地中に埋め込むのです。
すると、写真のようにニョキニョキ顔を出して、収穫と相成るわけです。

夕食は、自家製のシイタケとクリタケを味醂と醤油で煮て溶き卵をサッと流し入れ、
熱々ご飯の上にトロリとかけて キノコご飯です。
キノコを炊き込んだキノコご飯もやりますが、何故かクリタケは炊き込むより この卵とじキノコご飯の方が美味しいです。

庭で採れたキノコを食べると、秋だな~と感じます。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
は~い、若干お二人様、お待たせしました。
こんな感じに出来上がりました。
f0161708_2231158.jpg

左側が手間暇かけて作った表側で、右はついでに作った裏側です。
表側は絹地をつないだのですが、一部色柄の関係で化繊混紡も混じっています。
裏側はモスで作りました。
f0161708_22312654.jpg

首筋が寒いので襟巻き風の代え襟を作ってみました。
ボタンが二つ付いているので止め方によって色々な形が楽しめます。

--------------------
御願い!

画面に顔を近づけないでください。
ルーペを使うのもおやめ下さい。
ディスプレイの裏側に回っても後ろ側は見えませんのでご注意下さい。
アラが見えても、見ない振りを御願いします。





         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
 
f0161708_22403812.gif

空は青空、空気はうまい!
久しぶりに散歩に出掛けました。

いつもの1周1時間半のコースです。
リュックの中にはビニール袋を忍ばせます。
運動のためにウオーキングと思って出掛けても、必ず何かを拾ってくるのです。
袋がないのでズボンや上着のポケットに詰め込んで帰ってくるので、後始末が大変です。だから今日は転ばぬ前の杖~と事前に用意をしたのです。

いつもより、今日は何故か張り切って出発です。
手を大きく振って、大股歩きでズンズン進みます。
元々うばゆりは歩幅が広くて大股歩きなのですが、昨日のテレビで「大股歩きは健康によい」と言っていたので益々意を強くして足を前に放り出します。

昔はこんな歩き方をしていると、「マ~うら若い乙女が肩で風を切って歩いて~」なんて言われたものです。
それに都会では人を蹴飛ばしたり、ぶつかったりしてします。

田舎はその点良いですよ。
どんなに手を振ろうが、グルグル回そうが
足を水平にあげようが、歩幅1mで歩こうが
全く誰にも会わないのですから。

3分の1くらい歩いたところで、立派なホオバの葉を見つけました。色が濃くてしっかり厚いのです。これなら煮出しても良い色が出るはずです。
辺り一面に落ちている葉っぱを拾い、用意してあったビニール袋に入れました。

お土産付き大股ウオーキングで気分爽快です。
今日も一日良い日になりました。





         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_22204428.gif

昨日でやっと上着が完成しました。
小さな布をつないでから裁断して上着に仕立てたのですが、ほとんどの部分が手縫いの上、リバーシブルにしたので時間がとても掛かりました。
出来上がったと言っても最後の【画竜点睛】が残っています。
いつも洋服を作ると最後の最後にこだわるのがボタンです。

気に入ったボタンがないと折角の服が死んでしまう様な気がするのです。だから、ボタンを決めるのに何時間もかかってしまいます。
大小、色とりどり、形も様々なボタンを山ほど持っているのですが、今回はなかなか決まらず
途中で饅頭の御茶タイムを入れて気分を変えてから再度探しました。
そして決まったのがコレ↓です。
f0161708_22212278.jpg

一番大きいのは手作りのウッドボタン。
下の小さな葉の形は水牛の角で作ったホーンボタン、丸いのは寄せ木のようになっているウッドボタンです。

今日の絵はいつものようにGIMPで描きましたが、ボタンの穴を二つずつ描くのがホント大変でした。ふ~



          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_22345693.gif
 
昨日、草木染めの材料集めをしましたが、一番のお目当てのクサギはやはり量が足りません。

それで、ついでに採った柳で染めることにしました。

草木染めの面白いところは、何度も染め重ねが出来て予想外の色になることです。
段々と深い色合いになってきたり、絞っておいたところが面白い色模様になったりします。だから失敗と思った布も季節を変えて他の材料で染めるのです。
失敗と思ったことが成功への道だったりするわけで、人生と相通じるところがありますね~

それで今回は、以前スオウで染めて気に入らない赤い布と藍で染めておいたブルーの布を使うことにしました。

赤い布はクチャクチャと丸めて柳の染液に付け込み最初は銅媒染をして、オレンジ色と赤のまだら模様にしました。その後染液に戻して鉄媒染で、赤、オレンジ、茶色の複雑なまだら模様になりました
外の景色と同じ秋色です。

ブルーの布は柳で染めて銅媒染で緑色にしました。これには斜めの絞りを入れておいたのでブルーの絞り模様が出てなかなか個性的な色柄です。
見る人が見れば、「うへ~ 個性的!」 となるのでしょうが。

でも、うばゆりは大満足!
さて、これで何を作ろうかしら?






         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]