f0161708_221838.gif

今日は眠くて仕方がありません。
水漏れで大騒ぎした後も、バケツの交換が気になっておちおち眠れませんでした。

それが、山人氏ときたら、帰宅するやチョチョイノチョイ~と30分ほどで直してしまいました。
凍てつく夜に、必死の形相でやっていたのは何だったのか~ア~可哀想なうばゆり!!!

今日はいつものスキー場と様子が違います。
朝から県外ナンバーの車が次々駐車して、ゲレンデもそれなりに賑わっています。
写真でも撮ろうかと思って出掛けましたが、寒くて直ぐに逃げ帰ってきました。

この地では氷点下7~8度くらいまでは ただ「寒い」と言い、
それ以下になると やっと「凄く寒い」になるのです。

凄く寒いときは、温泉帰りのタオルを外で2~3回転するとゴワッと突っ立つのです。
昨日、玄関のガラス拭きをやった時には、最初にぬれ雑巾でガラス全体を拭き、そのあとでゴムへらで水分を取ろうとしたのに凍り付いて取れないのです。勿論ぬるま湯を使って拭いたのですよ。でも一瞬にして凍ってしまうのです。それで窓ふき掃除は断念しました。
そうそうコンポストのフタが開かないのでゴミが捨てられませんでした。今日は少し気温が上がり無事捨てることが出来ました。
寒いと不便なことが続出です。それに歩くのも車の運転も要注意です。

夕方、温泉帰りのことです。うばゆりが超のろのろ運転で進んでいると、車道を歩いていた若者がスッテンコロリン見事に転びました。バスで到着した直後らしく荷物とボードを抱えています。転んだ若者も恐いでしょうがすれ違ったうばゆりだって恐いです。
滑るのは受験だけではありません。雪道にも気をつけましょうね。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
今、うばゆりはパニック状態です。
1時間ほど前に、台所に入ってみたら天井から水がポタポタ漏れて、床一面が水浸しでした。
バケツや洗面器を横一列に並べてから、2階に上ってみると、水漏れ元を発見!

北側トイレ内の水道管からかなりの量の水か流れ落ちていました。
パイプのつなぎ目に当たるところからです。
さて、この水漏れどうしたらよいでしょう。山人氏はこのクソ寒いのに山に行っているし、業者はこの時間では来てくれないし、、、
水を止めることは出来ないけれど、せめて垂れ流しだけはどうにかしなくっちゃ!

水道管の下にバケツを置こうとしたのですが狭くて一番小さいバケツも置けません。鍋とか小さな洗面器は置けますが、それでは直ぐに溢れてしまいます。

外に飛び出して雨樋の樋(とい)を見つけ、これを利用することにしました。
長さが1.8mもあるので、まず切らなければなりません。塩ビの樋は固いし、外は寒いし、
悪戦苦闘している間も水は垂れ流し状態で焦りまくるし~
やっとのことで樋を切り2階に運び入れました。水漏れの位置からバケツまでの長さにピッタリでした。これなら多分1~2時間は持つでしょう。
草木染めをしているので大中小と沢山バケツや洗面器は持っています。

さてそれから、1階と2階の水拭きです。濡れているなんて生やさしい状態ではないのです。トイレ内は2㎝ほどの深さに水がたまっているのです。
雑巾や古タオルを総動員して拭きまくりました。ふ~

洗濯機がタオルを洗っている間にパソコンに向かっています。

これは、凍結による水道管破裂を防ぐためにパッキングを断裂させるようになっているのだと思います。
だからつなぎ目から水が漏れ出すわけです。
もしこの様な装置が付いていないと、床下などで水道管が破裂して大量の水が吹き出すので、それは大変な修繕工事になってしまうのです。
とは言っても、水漏れは水漏れです。2時間おきくらいに目を覚ましてバケツの水を捨てなければ~ふ~

明日は山人氏が帰ってくるので 後始末はバトンタッチです。

と言うわけで今日は絵がありません。



          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_20231430.jpg

年を越す前に、編み上げようと頑張っていたセーターが出来上がりました。
写真の左側にあるのが、草木染めした絹地とそれを裂いた紐。袖部分を編んだ毛糸です。

絹を長く裁断すると糸くずが猛烈に出ますが、それを気にせず編み込みます。
だから出来上がったセーター全体が埃まみれというか、ゴミだらけというか、、、、
出来上がったばかりなのに、もうボロセーターです。

でも、写真で見るよりも着た方が随分と素敵なのです。
これだけ手間を掛けたのだから、そう言わないと治まりません。
兎も角、うばゆりに似合うのです。
世の中に2枚と無いセーターですから、絶対に~勇気を出して着るつもりです。
f0161708_2023397.jpg

ようやく、雪は止みました。
爺が岳スキー場は天然雪でオープンしてました。
余り寒いので斜め前のスキー場のことも知りませんでした。お客はパラパラですがリフトはちゃんと動いてました。


          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_22273381.gif

今日も朝から雪です。
全国的に雪模様のようですが、皆様の所は如何ですか?

さて、片付け物が沢山出たので朝から仕分けをしてゴミ出しです。
街によってゴミの分別は随分違うようですが、この街のやり方はとても分かり易くてシンプルです。
燃えるゴミ、金属類、瓶類、陶器やガラス食器(割れた破片も)、雑紙類、段ボール、ペットボトル、プラスチック容器包装、、、、こうやって書くと うばゆりも構分類しているのだわ。

ここでは、迷う物は総て燃えるゴミと思っていいのです。例えばぬいぐるみ、靴、プラスチックケース、バック、カセットテープ等皆燃えるゴミなのです。
総てを軽トラに山と積み込んで、雪の降る中を走り出しました。
こんな雪の日にゴミを出す人なんていないだろう~と思っていたら大間違い!
環境プラントは車で一杯です。
みんな、新年はサッパリと迎えたいのでしょうね。

うばゆりの家も、少しサッパリしました。
さてゴミが無くなったので後は掃除をすればよいのですが~ 寒くてね、、、、
雪が止んだらする気になるかしら?


          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_2259145.gif

年を越す前に~と、片付けを始めたのですが しばし中断です。
洗面所の収納棚を片付けていたら、余りの寒さに鼻水が垂れ流し状態になってきたのです。
部屋に入って布の分類を始めたら、去年編みかけていたセーターが出てきました。
後ろ身頃で中断されてました。
なんとかこれを今年中に仕上げたいと3日前から取り組みだしたのです。

このセーター毛糸で編んでいるのではありません。
白絹を草木染めしてから、細く裂いて紐を作り、それを使って編むのです。
例えば1メートルの布を裂いて編んでも10㎝も出来ないのです。
その上2㎝幅にハサミで切るのが大変です。

最初は全部この裂いた絹で編むつもりでしたが断念をしました。身頃だけで後は毛糸で編むつもりです。
この毛糸も自分で染めたのです。

めちゃめちゃ手間と時間を掛けているのに、出来上がりはどうなのかしら?
あと、残すところ片袖です。
変でも何でも、今年中に仕上げて見せます。ここは女の意地で頑張ります。

前回の分からない絵は、この編み物用の紐を作っているところを描いたのです。




          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_22371721.gif

♪~  あと幾つ寝ると お正月~ ♪~

正月が楽しみで数えているわけではありません。猛烈焦っているのです。
毎日掃除をして、毎日片付けをして、
いればいいのだけれど、駄目なんです。うばゆりはやりたいことを優先し、やりたくないことは後回し~なのです。そして後回しがついに年末で後がない状態になりハッと気がつくのです。

ついにゴミ袋を並べました。
一つ目は不用の衣類やバスタオル、マット、、、等布類のゴミ袋。
二つ目は使わない食器やコップなど ガラス陶器類のゴミ袋
三つめはプラスチックの容器や台所用品のゴミ袋
四つ目が木や竹や紙で出来ている箸、しゃもじ、菓子容器などのゴミ袋

何年ぶりかでゴミの大盤振る舞いです。ここ2~3年イヤ4~5年使った記憶がない品、仕舞っておいた間に薄汚れた品など迷わずポイポイゴミ袋に放り込みます。
3日程玄関にゴミ袋を並べておけば、かなりの量が整理される見込みなのですが~

こういうのは勢いでやらなければ捨てられません。
勿体ない~なんて迷いだしたら 中途半端に散らかるだけです。

不要品を捨てれば、やっと掃除が出来るのですから ここは心を鬼にしてでも捨てますわよ!

絵と文が全然合わないでしょ。実は他のことを書くつもりだったのだけど、時間切れです。
何の絵かは勝手に想像してください。


          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_22234410.gif

やっぱり冬はやって来ました。
もう庭は真っ白で、何処を探しても地面は見えません。
これから3月の末まで白一色に閉ざされるのかと思うと気持ちが沈んでいくのです。

車で2分も走れば、地面は黒々と顔を出しているのに、我が家の回りは山の気候なのです。

一日、二日の雪景色はウキウキ嬉しいモノですが、ひと月ふた月となるとどうにもなりません。
特に冬の入り口は、暗い気分になります。
こう言う時は、この土地でいつまで暮らせるかしら~とマイナス思考が働きます。
そして、ついつい饅頭やケーキなど甘いお菓子に手が伸びます。

夕方、温泉に行こうとしたらベランダの階段がカリカリに凍っていて、滑らないように要注意です。

暗く沈んだ空気を跳ね返すような春~
花は一斉に咲き、小鳥はさえずり~
本当にココの春は素晴らしいのです。
アレがあるから、今はじっと我慢です。 早く春にならないかしら~





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_2230274.gif

朝から肩こりがひどくて大変です。

寒いと首を縮めているので肩こりがひどくなりますが、今回のは~
昨日荷物を持ちすぎてこうなったのです。

4~50代まではどんなに荷物が重くても、欲が勝って気分ルンルンで来られたのに、最近は駄目ですね。
一寸無理をすると翌日に響きます。
分かってはいるのだけれど、帰りがけになるとバックはどんどん膨らむのです。

今回の原因は着物です。
娘が「お正月に着物を着ようかな~」などと言いだしたものだから、和箪笥の中をひっくり返しました。
出所不明の着物や反物が出てきたので、その中から手芸に使えそうな物を選び出してバックに詰め、
ついでにもらい物の漬け物にお菓子に、、、、荷物はどんどん膨らんでいきました。

駅の階段では人にぶつかるし、電車の中では座席からはみ出すし、時々じろりと睨む人もいましたが素知らぬ顔でやりすごし、、、、
人様に迷惑を掛けつつ田舎に持ち帰ったのです。

こんなことなら、宅配便を利用すれば良かったわ。
全くケチが高じて病を呼び込むわ。



          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
関東地方は気持ちの良い快晴でした。
だけど、着いた我が家は吹雪です。寒いの何のって、寒さのケタが違います。

今回の帰路は全く問題なし。
忘れ物もしないし、切符も正しく買えたし、、、こんな事は久しぶりです。
とは言っても前回の切符購入に懲りて3日前に買いに行ったのです。
f0161708_22475876.gif

さすが12月の第3土曜日です、緑の窓口は長い列が出来ていました。
待ち時間は覚悟で並びました。
直ぐに目に入ったのが右側の窓口です。
子連れの若いママが突然携帯電話をプッシュです。窓口の係さんはじっと待っているのですが、携帯の相手がなかなか出ません。やっと出たらしく「席がとtれないのよ~」とか言ってます。
係さんが他の時刻を言ったらしく、又携帯に向かって「どうする~」とか言っています。
「ったく!!!!」
事前に第二・第三の希望時刻ぐらい考えてこい!っていうのよ。又は自己裁量しないさいよ!

順当に動いていた左側の窓口も止まりました。
こちらは、学生とおぼしき若いカップルです。うばゆりの6人ほど前なので声も良く聞こえます。
「30日は 指定席が売り切れました」とか係が言いますと
「名古屋までで良いからないの?」と食い下がっています。
オイオイ、いい若い者が名古屋くらい立っていったらどうなのよ。70近いうばゆりだって【あずさ19号自由席】を買うのだよ。

若いカップルはなんとか購入したらしく窓口を離れましたが、右側のヤンママはまだ窓口を独占しています。

窓口職員は全く焦った様子もなく、淡々と目の前の相手だけを見て仕事をこなしています。
どんなに列が伸びようが全く意に介してないのです。
窓口さんが焦ってミスをしたらそれこそ迷惑千万ですもの。プロの仕事ってこうなのでしょうね。

ということで、うばゆりは無事切符を手に入れてトラブル無しで帰ってきました。めでたし、めでたし。





         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_2350564.gif

郵便局にエアメールを出しに行きました。
中に小物を入れたので、料金がバカ高いのではと心配になりました。
ところが、国内の宅配便並みの料金で、あまりの安さにびっくりです。

昔、うばゆりが中学生の頃、ペンフレンドなるものが流行りました。
正しい名称は忘れましたが、ペンフレンド協会?てな名前の組織があり小冊子が出ていました。中には文通希望者の住所氏名と紹介文がついています。
それから、季節の例文も載っていました。

うばゆりは英語が大の苦手でしたから、その例文の地名とか名前だけを入れ替えて丸写しで、アメリカのペンフレンドと文通をしました。
結構長く続き、やがて写真の交換もしたのです。
アメリカの少女だから、当然金髪の青い目と思い込んでいたのですが
送られてきた写真には黒髪の黒い目の少女が写っていました。もっともあの頃は黒白写真ですから、焦げ茶色だったかもしれませんが。
50年以上経った今でもはっきり名前を覚えています。アン・ヤンガーさんと言いました。

手紙は向こうが透けて見えるほど薄い紙に書きました。何しろ航空便の料金が高いので少しでも軽くしなければならなかったのです。
それにくらべると今は隔世の感があります。手元にあった紙と封筒を無造作に使っても安いのですから。

1ドル360円で、月給が3~4000円とかの時代です。ということはエアメール1通が今だと何千円に当たるのかしら?
貧乏だったのによく親はお金を出してくれたものです。
今頃気づくのは遅すぎだけど、感謝です。






          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]