週末に出掛けた旅の話しです。
f0161708_22265316.gif

世界遺産になった五箇山を訪れる予定で、富山県砺波市から山の方へ入りました。
宿はネットで予約をした古い旅館です。
玄関ロービーと庭の素晴らしいこと。どこからか移築をしたのでしょう。
築何百年か?と言うほどの古い作りで飾ってある調度品も歴史を感じさせます。
玄関脇の庭は、築山から滝が落ち、大小の石には苔がむし、コレ又歴史を感じさせます。

案内された部屋は最低価格で泊まるうばゆり達にはそれ相応の感じです。
そこに現れた仲居さん、苔むすほどの年代物の姐さんで、我らよりかなり年上とお見受けしました。
その姐さんは、我らお客を「兄さん、姉さん」と呼ぶのです。
我が町も年上や目上の人は赤の他人でも兄さん、姉さんと呼ぶ習わしですので、それ程驚きません。

我らも負けじと仲居さんのことを「姉さん」「姉さん」と呼びました。
部屋中、姉さん・姉さんの乱舞です。

仲居の姐さんは窓辺のカメムシを見つけるや、
10㎝ほどのガムテープをとりだしてピタッと貼り付けました。そして。
「これは、兄さんの仕事よ。取り方は~」と説明です。
仲居の姐さんのウエストには10㎝ほどのガムテープが何枚か貼り付けてあり、カメムシを見つけるとサッと取り出せるようになっていました。
その後出発まで、山人兄さんの出番はありませんでしたが、カメムシ捕獲方はしっかり学習したようです。

入浴後は待ちに待った食事です。
出るわ!出るわ! 食べきれないほどの皿や椀が並びます。
仲居の姉さんは料理の説明をしてから、
「鍋物はしっかり火を通し、ごゆっくり、ちゃっちゃと食べてください。」

最後の「ちゃっちゃと」を聞いた途端、全員大爆笑です。言った本人だけはしら~と澄まし顔でしたが。

それで、うばゆりたちは ゆっくりちゃっちゃと食べました。

「ゆっくり ちゃっちゃと~」が、すっかり我が家の流行語になりました。

ところで70半ばを優に過ぎたと思われた仲居の姉さんは、自分から
「歯が悪いので老けてみられるけれど、62歳です。」と言ったのです。
うばゆりは姐さんの言葉を信じましたが、山人氏は
「アレは10歳以上サバを読んでいる。」と断固言います。
3日経っても、まだ姐さんの話で持ちきりです。
本当の年齢を知るにはもう一度泊まりに行くしかないのです。
まんまと姐さんの術中に落ちたのかも知れません。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
秋ですね~
そこで紅葉を求めて近県をぶらついてきました。
長野ー新潟ー富山ー岐阜と回って我が家です。
写真を沢山撮ったけれど、結局一番綺麗だったのが、我が家の回りです。
f0161708_2212057.jpg
高瀬渓谷のモミジ

f0161708_221444.jpg
大町ダム

f0161708_222102.jpg
黒沢高原

旅の思いでは、その内 気が向いたら書きますわ。




         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
最近、草木染めがマンネリ化して、やる気が減っています。
折角、長時間かけて染液を作り、手間暇かけて染めても、
出来上がりは代わり映えのない作品ばかりなのです。

今日の草木染め教室も、適当に布を選んでだらだらと~
やる気無しの惰性で出掛けたのです。
f0161708_221762.gif

絹布を板締めして、染液に入れて待つこと20分。
ふと、横の机を見ると助手のお姉さん先生がアイロンをかけ始めました。
次から次へ素敵な布をとりだしてアイロンがけです。
自分の手元より、そちらの布に目が釘付けです。

程よく色が混ざり、
模様は美しく重なり合い、
グラデーションも自然に変化し、
絞り模様はくっきり出て、

染める作業もそっちのけで、先生の作品を見せて貰いました。
いい!良い!素敵!
こんなの染めたい!
これで服を作りたい!
突然 やる気が爆発です。

この布類はキルト作家さんに頼まれて染め、ギャラリーで展示即売する予定だという話しです。
ギャラリーに並ぶ前に、一番気に入った布を売って貰いました。

帰宅後コノ布を目立つ場所に飾りました。
朝晩これを拝んで、うばゆりの草木染めの目標とします。
これで、マンネリから脱出すること間違いなし。やるぞ~!
今日は写真をUPするような染め上がりにはならなかったけれど、
次回は期待してください。
アッと驚くような新境地の染め上がりになるはずです。
絶対とは言わないけれど~
多分~、そのつもり~





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
10日程前のことです。
テレビのチャンネルを変えていたら、お姉さんが袋物を見せながら、
「こうやって、こうやって2度ひっくり返すとホラ出来上がりました!」
と手品のように見せています。
f0161708_22511729.gif

すご~い!
びっくり!
あんなに簡単に蓋付きの袋が出来上がるのだ!
ふむふむ、裏と表を重ねて縫うのだな~と瞬時に理解して~?
早速布を切り縫い上げました。
テレビのお姉さんのように、
こうやって、こうやって~と2度ひっくり返しましたが袋物の形にはなりません。
アレコレ考えて、切り込みを入れたり、縫う場所を変えたり
色々やってみましたが蓋付き袋にはなりません。
結局、全部ほどいて今までのやり方で仕上げました。

だけど、テレビで見たときはチョイチョイとやっていたのに~

それから寝ても覚めても、そのやり方を考えています。
昨夜、布団の中で、手順をイメージしていたら
頭の中でパッと電球が点きました。
分かったぞ!これで出来るぞ!

早速、今日布をとりだしてやり始めました。
完全に分かった!と思っていたのに、やっぱりフタの部分がうまくいきません。

自分の頭の悪さにホトホト困惑です。
「私って、ここまで馬鹿だったかしら?」と独り言です。
NHKのテキストを見れば分かるはず、明日は本屋までひとっ走りしようかな。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_2236827.gif

ゴミため屋敷にゴミが増え~
う~ん、 どうしようかな~

手作り作品はどんどん増えます。
洋服にしろ、袋物にしろ、使ってこそ役に立つもの!
作ったままではゴミ同然。
う~ん、どうしようかな~

うばゆりは、布が好き。作るのが好き。
出来上がったら、もう次のに頭が行っています。

勿論、自分で作った洋服を着て 手提袋を持って出掛けるのも好きですが、
体は1つ! 袋を3つも4つも持てるわけではありません。

オークションに出してみようかな?
手始めに袋物だけでも出そうかな?
「巾着袋」でオークション検索をかけてみたら、出る出る。凄い数の巾着袋。それがほとんど入札ゼロです。
こんな激戦区に出したところで人目に触れることもないし~
落札されるなんて夢の又夢だわ。

今まで、オークションに出品したのは犬ぞり、スノーシュー、チョロギ、布で、自分が作った物は出したことがありません。
果たして買う気になる人が出るのか確かめたい気もします。
う~ん、どうしようかな~





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
山は、紅葉が見頃です。
白馬五竜のゴンドラに乗って、地蔵の頭に出掛けました。

正に、今が見頃!
うばゆりがくるのを待っていたみたいです。
地蔵の頭から地蔵池に向かう途中の景色です。
f0161708_22023.jpg
赤や黄色に山は燃えていました。

f0161708_2205612.jpg

高山植物園では、マツムシソウが咲いていました。可憐でいい花です。

歩いている間は晴れて風もなく良い日和だったのに、
麓に着くと、急に空が暗くなり 雨もぱらついてきました。

後は、温泉とお蕎麦で締めくくり機嫌良く帰宅しました。
今日も一日良い日でした。


          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_23135560.gif

爺さんは今日も山へ行きました。
婆さんは川へイモ洗いに行きました。

イモと言ってもキクイモです。体にとても良いというので、5年程前から栽培しています。
花はヒマワリに似ていて愛でることが出来、
茎や葉は草木染めにも使え、
根にはイモが付いて食べられる~  と言う優れ物です。
ただ増えすぎて困るのです。

今まで、サルの被害はなかったのですが
一昨日、ついに土の下の芋に気がついたようです。端の2~3本が倒されて、土がほじくり返されてました。
慌てて全部抜いて収穫です。食べきれないほど採れるのだからサルにあげても良いのだけれど、山ほど意地悪をされているのだから1つだってやる気になりません。
買い物籠3つ分、10kg以上も採れました。さて、これをどう始末しましょう。

昨日掘り出したキクイモを持って川に洗いに行きました。
キクイモはショウガによく似た形で凸凹があります。凹んだところの泥を洗うのが大変なのです。
流れの中に籠ごと入れて大まかに泥を流し、後は1つずつブラシを使って洗います。

顔を上げると山々の紅葉が目に飛び込み、
水は清くサラサラと流れ、
静かな秋晴れの中で、ゴシゴシイモ洗いです。

気分は爽やかなのですが、2時間以上も腰を屈めていたので背中と腰がきりきり痛んできました。

午後は酒粕と味噌を買いにスーパーまでひとっ走りし、
それから粕味噌漬け、醤油漬け、甘酢漬けと漬け込みましたが、まだまだ残っています。
体のために調理して食べることにしましょう。
昨日はキクイモのピリ辛炒め、
今日はキクイモの甘辛煮、
これからしばらく食卓に上らない日はないでしょう。。

欲しい方には差し上げますよ。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
ストーブを点けると冬が来るので、ぐっと我慢をしてました。
でもね~、我慢の限界です。
明日は霜注意報も出ているし、凍死したら元も子もないのでストーブに点火です。
f0161708_23341920.gif

やっぱりね~
思った通り、突然冬に襲われました。
点火前までは、秋の気分だったのに~

毎年、秋口に電気座布団を引っ張り出して暖を取ります。
次にストーブを出して、寒さをしのぎ、
最後に床暖房とストーブの併用です。

なんとか11月中旬までは床暖房を我慢をするつもりです。ひとたび床暖房のスイッチを入れれば24時間連続暖房になるので~地球温暖化防止と二酸化炭素削減、節電に協力のため~
とかいっても本音は節約の為の我慢です。
今年はそこまで我慢が出来るかしら?
老骨には寒さが浸みますもの~





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]

「犬はイイナ~、年を取っても同じ顔をしているもの~」
と、いつも思っていました。皺も出なければシミも出ません。
バカデカ犬・スモークは死に顔まで可愛いままでした。

ブログ上での我が姿、描いても見ても嫌になるほど婆様です。
じゃあ、実物はそうじゃないのかと言えば、あの絵とどっこいどっこいですが、
ブログ上で、老醜を再確認している気分になるのです。
f0161708_2212214.gif

今日は気分転換で こんな絵を描きました。
可愛い絵を描くと明るい気分になります。
ネコをお伴にお空をスイスイお散歩です。本当は犬をお伴にしたかったのだけどバカデカ犬が空を飛ぶ姿がどうしても描けなかったのでネコにじました。

子供の頃は猫を飼っていました。
黒と白のブチ模様の雌猫でしたが、名前はクロです。
黒白半々の女の子にクロと名前を付けたのは誰かしら?

クロは野性的でネズミは勿論スズメまで捕まえました。
20年近くも生き、全く家族同然でした。
我が家は3度引っ越しをしましたが、クロはいつも付いてきました。
【犬は人に付き、ネコは家に付く】とか言いますが、家族の一員のクロは勿論家族と行動を共にしたのです。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
クリ、イモ、ブドウ、、、地元産の野菜や果物が美味しい季節です。
忘れてならないりんごも美味しくなりました。
庭仕事にも散歩にも良い季節なのに~
人と挨拶するときは「嫌ね~」の言葉が異口同音に口をつきます。
f0161708_2385417.gif

今日、農産物直売所に行き、美味しい果物をどっさり買いました。
店番の叔母さんとちょっと立ち話です。
「朝晩めっきり涼しくなりましたね。」と、うばゆりが言うと 叔母さんはすかさず
「嫌ね~、直ぐに寒くなるわよ。」と返事です。うばゆりも心底
「ホント、嫌ね~。」と答えました。

よその土地の人には分からない気持ちだと思います。
今が一番良い季節なのに、口をついて出るのは「嫌ね~」です。

ここでは、あと1ヶ月もしないうちに震え上がるほど寒くなるのです。
ここのところ朝晩は8度前後ですが、11月に入れば霜や霜柱が日常になるのです。
ホント、嫌ね~

そう言えば高い山では紅葉が始まり、10年に一度の美しさだとか言う話しです。
我が家の回りも10年に一度の美しさが下りてくるかしら?
嫌ネ~ の前の楽しみです。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]