田舎暮らしの良いことは数々あるけれど、
最近、特に良いと感じているのが郵便局の窓口さんです。

都会の窓口だと、ずらりと人が並び、局によっては整理券を取って待た無ければならないところもあります。
f0161708_23423541.gif

うばゆりが利用している地域の郵便局は人が並んでいることは  まずありません。
その上、窓口さんは優しく、親切、力持ちなのです。
力持ちって、大きな石を持ち上げる力のことじゃなくて、仕事に関する力があるってこと!
どんな質問にも的確な答えが返ってくるのです。それに分かりにくい時には、紙に書いて説明してくれたりするのです。都会では質問するのも憚られますが、ここでは誰に遠慮する必要もありません。

この郵便局は郵便担当一人と貯金担当一人の計二人だけでやっているので、いつ行っても同じ顔ぶれなのです。当然あちらさんもうばゆりの顔も名前も住まいもご存知です。
それだけではありません。年賀状を何枚買ったか?貯金をいつ幾らやったかも覚えてくれているようです。
満期が近づけばきちんと教えてくれるし、何に預けたらよいかも教えてくれます。
良くできた人で、絶対に押しつけがましいセールストークはせず、「どうなさいますか?」と
尋ねてくれます。うばゆりはこの窓口さんがいるかぎり、この小さな郵便局を利用するつもりです。
うばゆりのプライベート・ファイナンシャルプランナーだと思っています。

今日も「例え1000円でもこちらの方がお得ですよ。」だって!
うばゆりにお金がないのもご承知のようですが、嫌な顔1つせずにこやかにアドバイスをしてくれます。
この窓口さんは30代の女性です。
「こんな田舎の小さな郵便局に眠らせておくには勿体ない人物だ!」 と山人氏とも言っているのです。






          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_23255018.gif

もう1週間にもなるというのに、まだ親指のシモヤケが治りません。

この前、雪踏みをせっせとやった後がこの結果です。
雪踏みは結構な運動で、うっすら汗をかくほどなのです。
長靴の中に雪が入っても、体中ポカポカしているのでそんなに苦になりません。それで、2枚重ねの靴下の外の1枚だけを取り替えたのです。
ずくなししたのがいけなかったのでしょう。

「ずくなし」って言葉知っていますか?この辺りでは「だらしのないこと、ずぼらなこと、手抜きをすること」などを言うのですが、「尽くさない」から出た言葉かしら?良い言葉です。

2日ほどしたら、親指の横がキリキリと痛むのです。
余りの痛さに、靴下を脱いでよくよく見たのですが、たんに赤くなっているだけです。
凄まじい格好で、目を近づけて見たけれどやっぱり分かりません。

それで、ルーペを持ち出しました。
ウヒャ~、足の裏ってこんなに筋だらけなんだ!
問題の箇所は肌荒れの筋が縦横に走っています。ゾウの肌よりしわだらけです。
その中央は赤く腫れ、肌荒れの筋が裂けて中の肉が赤く見えてます。
シモヤケとあかぎれが合体して割れているのです。
これじゃあ痛いわけだわ!

それから、1日2~3回、薬を擦り込んでいるのですが、まだすっきりしないのです。
「ずくなし」はもうこりごり!



          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_23214914.gif

確か、中学1年の時のことです。

友達のトノヤマさんが、 「あれ、私のお姉さん」 と指を指した先には
色は抜けるほど白く、目鼻パッチリ、髪の毛は金色に輝き、背はすらりと高く、、、
もう言うこと無しの美人がリレーの練習をしていました。
まるでそこだけ後光が差している感じです。
その素敵なお姉さんは、リレーの花形選手で、勉強も優等生だと言うことです

隣のトノヤマさんはうばゆり同様平凡な顔立ちで平凡な体型で、勉強も鳴かず飛ばずで、集団の中に埋没しています。
二人の後ろには後光じゃなくてただの影が寄りっそっていました。

だけどよく見ると、トノヤマさんも色は白いし、髪の毛は茶色だから 多分本当のお姉さんなんだろうと思いました。

どこにいてもスポットライトを浴びているお姉さんは、2学年上でしたが色々な場面で見かけました。運動会や始業式など学校行事では必ず目に飛び込んでくるのです。
一方的に素敵だな~と見とれているだけで、喋ることもないままお姉さんは卒業をしていきました。

トノヤマさんとも特に親しいわけではなかったので、このことはすっかり忘れていました。

ところが!ジャ~ン!
先日、久しぶりで兄に会ったら、「中学のクラス会があった」という話しになったのです。
そして、同じクラスのトノヤマさんが「うばゆりのことを話していたよ」というのです。
あの外人みたいで超クールな美人がうばゆりのことを知っていただなんて!
例え、妹の友人として記憶されていたとしても、キャッホ~嬉しい!
なにしろ、一学年が300人以上の過密学校で、一人として覚えられていたなんて!
常にその他大勢としか覚えられないうばゆりにとっては大事件です。

今はどんな風になっているのか、興味津々のうばゆりは
根掘り葉掘り兄に聞きました。
「ネッ ネッ、やっぱり凄い美人でしょ。」と言ったら
「う~ん、ちょっと他の人とは違うけれど、それなりにお婆さんだよ。」
と言う返事でした。
あのトノヤマ姉さんがお婆さん! 絶対に信じたくない!
だけど、現実は72歳だもの~仕方がないのだわね。
あ~、歳月の無情よ!






          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
昨日、貨車のことを書いたら子供時代の話しを思い出しました。
小学校2~3年くらいの時のことですから、かれこれ60年前になります。
f0161708_22545357.gif

我が家から2~3分離れた線路脇の家に、子供連れの家族が引っ越してきました。
子供は3歳位の坊やで、名前もしりません。

ある日、大人の話しているのを小耳に挟みました。
「電車が通るたびに坊やがひきつけを起こすのだそうよ。」というのです。
引きつけがどんなものか知らなかったので、たずねると、突然体を強ばらせたり、気を失ったりする病気だと言いました。

電車の音や振動のたびに気絶をする病気ってものすごいと思いました。
余りのショックで誰かに言いたくなり、仲良しのエミちゃんに
「ね~ね~、知っている?電車が通ると気絶をする病気なんだって!」と声を潜めて坊やのことを話しました。
エミちゃんがどんな反応をしたかは全く覚えてないのですが、
その坊やの家族は程なく引っ越していきました。

電車のせいで、病気になると言うことが、頭にこびりついていつまでも離れません。

今日食べた朝食のメニューを忘れるのに、60年も前の話を覚えているのです。
それに女性は幾つであろうと噂話が好きですね。






          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
最近、野暮用が立て込みあちらこちらに出掛けています。
今週は静岡県内をウロウロ~です。
f0161708_22482776.gif

甲府から身延線に乗って富士へ、そこから東海道線に乗って沼津へ出向きました。
初めて乗った身延線は富士川沿いに走り、なかなか長閑な景色です。

でも旅行中 一番良かったのが、富士駅で見た貨車の行列!
全く見なくなっていた貨車ですが、東海道線では大活躍しているのですね。
延々つながっている貨車が目の前にやって来ました。先頭は運転席が無くてコンテナです。
アリャ~、どうなっているのかしら?
目を皿にしてみれば、何十輛もの最後尾に運転席がありました。と言うことは後ろから押して進んでいるのです。途中から切り替えで別の線路に入るので
「脱線しちゃう!」と思ったけれど、上手にガッタン・ガッタンと貨車のプールに入りました。

台車だけのがつながっているのだけれど、どうやってコンテナを乗っけるのかしら?
行く先順にうまくつながっているのかしら?
何時までも見ていたかったけれど、乗るべき電車が来てしまいました。残念!

小学生の頃は毎日のように貨車を見ていました。
低学年の頃は何輛あるか アッテコをしたりして数えたものです。
高学年になると、踏切が開かないので 「ア~、今日は運が悪かった!」等と貨車を憎らしく思ったものです。

今回はとても懐かしい気持ちになりました。




          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
しっかり運動をして 気分シャッキリのうばゆりです。今晩は!
f0161708_2259520.gif

そうだ今日こそ散歩に行こう!
と、決心をして外に出たのだけれど、外は一面の雪で道路は滑りそうだし~
一歩も歩かないうちに気分がくじけてしまいました。

何も道を歩くだけが運動ではない、庭で雪踏みをすればいいのだわ~
駐車場の部分だけは機械で除雪をしますが、コンポストや石油タンクへの通路は雪を踏み固めて道を造るのです。
雪が降るたびに一歩ずつ足を高く上げて踏み固めるのだけれど、これが結構良い運動なのです。20分もやると汗出てきます。上着を脱いで又エッチラオッチラ歩を進めます。
今日は給油に来る日なので、特に念入りにがに股歩きで広い道を造ります。

それから、サルのレストランの回りを踏み固めてコンポストを見えるようにします。客のサルがフタを外したま帰った後に雪が降り、行方不明のフタを探します。
一面真っ白しろでフタの痕跡もないので、この辺りかな?あの辺りかな?適当に雪を取り除いて見るのです。自称「雪の中のお宝探しのベテラン」だから、程なく見つかりました。ふ~

足踏み運動をしっかりやったら、気分も体も軽くなりました。
老化は足から~ やっぱり足を使わないといけませんね! 





         -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_23251188.gif

お久しぶりです。
寒さに耐えきれず、南の方に逃げ出したのに、
何処へ行っても寒さがついて来るのです。

余り寒いので、重ね着でゴロゴロです。特に首回りは念入りにマフラーを巻いたのですが、これがどうもいけません。肩こりがだんだんひどくなり、チクチク左肩が痛んできます。

話しは飛びますが、またまたうばゆりが大発見。
サルに盗られたので干し柿を家の中にぶら下げた~と以前書きましたが
あの干し柿、いつまでたっても渋が抜けないのです。やっぱりお日様と風の力が足りないと駄目なのかしら?
かなり甘くなっているのですが、渋味が少し舌に残るのです。だからといって捨てる気にもならず、、、
電子レンジでチンしてみました。
なんと!渋味が抜けたのです。
おくさん!知ってました?
うばゆりの大発見、誰か驚いてくれないかしら?





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_238649.gif

毎日寒くて、弱気になっているうばゆりです。
この位寒いと~って 
言っても分からないでしょうね~
兎に角寒いと、まず動かなくなります。自室から他の部屋に行くのも億劫なんです。
まして、外に出るなんて海外旅行より大変で、うばゆりにとってはジェットコースターに乗るくらい大ごとなんです。

だから肩はこるし、体中強ばってくるし、鼻水は出るし、ついでに愚痴もでるのです。

元旦以来 1回しか買い物にも出ていません。出るのは温泉だけなのです。
そろそろ食べ物も底をついてきたので どうにかしなければ~

ほんの2~3年前までは、寒くても買い物にも散歩にも、そうそうプールにも行っていたのに。
やはり年なのかしら?
何しろ、体を小さく丸めていると、気力も小さくなってしまうのです。

あと、3ヶ月! 
いや、2ヶ月半!

早く春が来ないかな~
雪がとけると、花が咲くより早くうばゆりはよみがえるのです。

くだらない愚痴にお付き合い下さってありがとう。
おかげで、ちょっと元気が出ました。




          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]

今日も寒い一日でした。
朝起きて台所に立ったら、太い大根が丸ごと凍み大根になっていました。
f0161708_21463291.gif

あ~あ~、冷蔵庫に入れておけば良かった。

我が家の台所は氷点下になるので、気をつけないと何でも凍ってしまいます。
一番簡単な対策は冷蔵庫に入れることです。
冷蔵庫の中では絶対に凍らないので安心です。
ビールを凍らせると瓶ごと破裂するし、里芋やサツマイモは食べられなくなります。
意外と寒さに強いのが葉っぱ類でホウレンソウも春菊もどうってことありません。

冬はなるべく野菜を買いだめせず、乾物類で乗り切ります。
ひじき、切り干し大根、豆類などは冬のお助けマンなのです。

今朝は台所の水道も凍り、半日たってもとけません。
仕方がないので、必要もない給湯器を点け家中ボイラーでお湯を回したり、無人なのにストーブも付けてみたりしたのですが駄目でした。
勿論、蛇口周辺に熱湯をかけたのですがそんなの焼け石に水らしく何の変化も起こりません。

台所をもっと暖かくするには、長時間火を使うことです。
それで、思い立ってフルーツケーキを焼きました。

美味しく焼き上がったのに、まだ水道は凍ったままです。

寒冷地では水道管を凍らせたままにすると、日に日に凍った部分が長くなり、ある所で管が破裂をするのです。
2階の水道管が破裂でもしようものなら、家は水浸しではなくて、氷のお城になってしまうのです。
だから一刻も早く解凍しなければいけないのに~

元はと言えば昨夜、水を出しっぱなしにするのを忘れて寝てしまったからなのです。
チョットした油断で、無駄な労力を使わなければなりません。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
f0161708_21383447.gif

  明けまして
    おめでとうございます
  今年も宜しく御願いいたします

年を越したと思ったら、もう2日になっていまいました。
最近は、年賀状を書くのが億劫になっているうばゆりです。
年に一度のご挨拶~ これでもなければ生きているのか死んでいるのか分からない程
疎遠になっている人が多くて、、、

30年ほど前のことですが、
毎年届いていた賀状が届かなかったので、友人宅に電話をしました。
すると、中学生のこどもが、さらりと
「死んだよ!」と言ったのです。うばゆりは全くその言葉を信じず、
「冗談は止めなさい!」とその子を叱りとばしたのです。

でも冗談ではなくてそれは事実だったのです。
年末に、くも膜下出血で突然倒れ、そのまま帰らぬ人になったとのことでした。

年賀状を見てあの時のことを思い出しました。
もし生きていたら、どんな意地悪婆さんになっていたかしら?
強い者に迎合しない生き方は「天晴れ」としか言いようがなかった人です。
なつかしいな~   会いたいな~






          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]