二日前の夜半は、風雨が強くて小さな家が揺れる様でした。
朝、起きて見たら、ブロッコリーやトウモロコシがなぎ倒されていました。
我が家だけでは無く、ご近所さんみんな同様です。

我が家のモロコシは小さいので目立ちませんが、
お隣の立派なモロコシも倒れて痛々しい程です。
f0161708_21222753.jpg

朝飯前に立て起こして支柱にくくりつけよう〜と思っていると、我が家専属の師匠が見に来てくれ
いわく
起こさなくていいよ! 自分で真っ直ぐなるから〜
と、のたまうのです。

うばゆりは耳を疑いました。
だって〜、手が無いのにどうやって立ち上がるの?
モロコシの重心は中程として………

何としても納得いかないけれど、師匠のお言葉ですから従うことにしました。
もしかしたら、夜中に手がニョキリ出てうんとこしょって立ち上がるのかしら?
それとも、小人が夜中に助けに来るのかしら?

深夜、トイレに起きた時 外を覗いて見たけれど
何も見えませんでした。

次の日、いつの間にか少しだけ起きあがっていました。
そして二日目の今日は、ちゃんと気を付け状態です。
お隣の大きなモロコシも、素知らぬ顔で真っ直ぐ立つていました。
スゴイです! 感動モノです!

うばゆりはバカの大足ですが、倒れた状態から足の力だけで立ち上がることはできません。

やっぱり夜中に小人が助けに来たのかな?

[PR]
今日の収穫はチンゲン菜とサニーレタスとネギ
です。
f0161708_22175651.jpg

初心者にしては、立派なモノでしょう?
ネギが写って無いのは、昼食(冷しうどん)の薬味で食べてしまいました。

何度も自慢しているコンニャクはこんな状態です。
f0161708_22180657.jpg

12本、しっかり出揃いました。
毎日『大きくな〜れ!』 と、念じているかいあってか、 青々と 元気そのものです


[PR]
ほうれん草や春菊、チンゲン菜が収穫出来たと小躍りしているうばゆりですが、ご近所さんの畑に目をやると、驚き過ぎて落ち込んでしまいます。

憐れんで下さるのか、左右のお隣さんが次々と野菜や苗を下さいます。

今日は、大根とイチゴの苗〜
昨日は、レタス
その前は、グリーンボールとカボチャの苗……
と、いう具合です。
f0161708_21044563.jpg

いっそのこと、何も作らないで物欲しげな顔で家の周りをぐるぐる歩いているのが、収穫最大になりそうです。

何かお返しをしたいのだけど、
ナスもトマトも枝豆もスイカもピーマンも 全て ご近所さんの方が立派に育っています。
色々見渡すと〜
ありました。我が家でしか作ってないものが!

コンニャクです。
種イモをやっと見付けて植えたのです。
種イモから収穫まで2〜3年かかると聞いたけど、そんなに待てません。
今年の秋には、お礼のコンニャクを作るつもりです。
1年しか育てていない小さな芋でコンニャクを作ることは出来るのかしら? 誰か教えて下さいませ!

[PR]
畑は広いな〜
大きいな〜
だけど、花壇は小さいな〜

毎日花壇の拡張に汗を流すうばゆりです。
畑以外の所は、土手にある様な雑草の芝に覆われています。
f0161708_22190602.jpg

根が地中深く潜行していて、取り除くのに一苦労です。
表面だけ綺麗にしたのでは、直ぐに化粧が剥がれ 見るも無惨な姿が現われる〜ナンカうばゆりの顔の話しになったみたい……

それで深く掘り返して芝の根っ子を取り除き、
その上に土を入れ、石で囲み
やっと花壇らしくなって来ました。

昨日、今日と二日掛かりで花壇の拡張が終わり
明日から花の移植です。
以前も同じことを書きましたね。
あの時とは規模が全く違い、猫の額程度何だけど〜
もうクタクタ〜
歳を取った分、体力が落ちているのでしょう。

小さくても、うばゆり好みの庭にしたい、
と踏ん張っています。。

[PR]
前回、スマホのお絵かきをブログにアップしてから、画面を見て驚きました。
あれま〜、背景が真っ黒です。
絵を描いている時は気がつかなかったのですが、画面が透過状態だったのです。

今日はあの絵を手直ししてみました。
背景を白にして、字を描き入れ、画面をトリミングして〜
f0161708_22133323.jpg

日常的にスマホで絵を描いている人からみると、
そんな初心的なことをバカみたい〜
と思われるでしょうね!

たけど、70代の婆がやっているのです。
カメの歩みでもちった〜上手くなると思います。
スイスイ絵が描けるまで、後、10年、……元気で
かきますわよ!

[PR]
今日もマイ野菜をたっぷりたべました。
昼食はひやしうどんです。薬味は間引きネギと下ろしラディッシュです。
本当は下ろし大根が欲しかったのですが、畑の大根はまだエンピツ程度の太さです。
そこで育ち過ぎたラディッシュを下ろしてみました。味は立派な大根おろしですが、色が赤いのはご愛嬌。
f0161708_21243920.jpg

話は変わりますが、田舎の小屋にパソコンは持って来ていません。そこで、今日からスマホでお絵かきをしてみることにしました。
パソコンと違って描きにくいこと!画面が狭すぎで、どうしようもありません。
やつとのことで描き上げたのがこの絵です。
レイヤーとかグラディーション、変形等の機能は付いてないし、色数、線の種類もわずかです。
下手うま風でシンプルな絵を目標に練習するつもりです。
しばらくお付き合い下さいませ!
[PR]
午後、辰野町の我が家に着きました。
白いヤマボウシの花が満開で迎えてくれました。
f0161708_21244499.jpg

荷物も降ろさず、畑の点検です。
f0161708_21244870.jpg

じゃがいもは葉っぱがワサワサ繁り、よれよれだったネギはシャンと気をつけをしているし、種をまいておいたカボチャは元気な葉を広げていました。
春菊とほうれん草は食べ頃の大きさです。

早速、農作業と花壇の草取りに没頭です。
間引いたミョウガの白い茎、実りすぎたラディッシュ、ほうれん草と春菊等が今日の収穫です。
まさか、収穫があるとは思っていなかったので、スーパーでほうれん草を買ってきましたが、勿論我が家のほうれん草が食卓に乗りました。

春菊、ほうれん草とも 甘みがあって柔らかく飛び切り美味しかったです。
こんなに上手に育つとは嬉しい誤算です。
次の収穫は何かな〜
[PR]
明後日田舎に戻ります。
今頃、畑はどうなっているのかしら?
蒔いた種はちゃんと出たのかしら?
植えた苗は順調に育っているのかしら?
f0161708_22441316.gif
帰る日が近づいてくると、畑や花壇のことが気になります。
ネットでサツマイモの育て方を調べたら、驚きましたね~ 
サツマイモは根にイモが付くのでは無いのだそうです。茎の間から根が出てそこにイモが付くのだそうです。
山人氏が買ったサツマイモのポット苗は、苗を作るための苗だったのかしら?ややこしい話です。
帰ったら、あの苗から出た芽を切って苗にした方が良いのでしょうか?

枝豆やインゲンを沢山植えたのだけど、食べきれない場合は実るまで放っておけば大豆とかインゲン豆とかで収穫できるのかしら? 二人で考えたけれど分かりません。
野菜の育て方の本を買ったけれど、うばゆりの疑問のことは全然出ていません。多分常識以下なのでしょう。
本当に分からないことだらけで、師匠に聞くのも恥ずかしいほどです。

今年は収穫を当てにしないで練習と思いましょう~と、言ってはみるけれど、
やっぱり、キュウリもトマトもナスもトウモロコシも欲しい!




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
年に一度、柿渋で染め物をします。
最近は日本手ぬぐいを柿渋で染めて、バックや巾着袋などに仕立てています。
f0161708_23134100.gif
日本手ぬぐいの柄は個性的な物が多くて、とても重宝するのです。
オークションで買い漁っているのを知った友人たちが、次々手ぬぐいを寄付してくれました。
美智子さん、おけいさん、わかさん、ふみさん有り難うございました。

「同行二人」の文字手ぬぐいや
「般若心経」を全文書いてある手ぬぐい、
交通安全の手ぬぐい、
開店記念の手ぬぐい、
劇団の手ぬぐい、等々 買おうと思っても買えない珍品が一杯です。

長期保管品や使用済みなど状態も様々なので、糊落としをかねてまずは洗濯をします。
脱水をしたら直ぐに柿渋液に入れて、良く染み込ませます。

手で絞って、今日は陰干しをして明日から2~3日 お日様にあてます。
今は汗染みが付いたような薄い黄色ですが、段々と赤茶色に変わっていきます。
色合いを見て再度柿渋液に浸け2~3日日に当て、、、を繰り返します。
濃い色にしたい時は3度くらい染め重ねます。

日々の色変化が楽しみで、何度も物干しに出ては手ぬぐいをなで回します。
今回は50枚以上染めたので、コレを使い切るには百歳くらいまでチクチクしなければなりません。
うわ~、まだ30年も楽しみが続けられるのよ!
嬉しいな~




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
 昨日、街の方へ出掛けました。
待ち合わせの時間より早く着いたので、改札口を通る人達を観察していました。
老若男女、青い目、黒い目、、、色々の人が通過していきます。
f0161708_21582659.gif
人の流れの中で、一際目立つ男性が歩いてきました。
ハンチング帽、上着、ズボン、靴に至るまでピンクです。リュックを背負っていたので後ろ姿を確認したら
リュックもピンクでした。
年の頃は~
17.8,、、いや24.5、、、それとも30近い???チョット年齢不詳です。
でも色白の顔にピンクは似合っていました。
余程ピンク色が好きなのでしょうね。あそこまで徹底するのは偉いものです。
もしかして、名前はモモ太郎君?モモ次郎君、モモ助君?

話は飛びますが、昔、うばゆりが乙女だった頃のことです。
お友達にアオイさんという名前の子がいました。
裕福な家庭で欲しい物は何でも買って貰っていました。
そのアオイさんはいつも、1年365日 着ている服は青色です。
靴も鞄も青色でした。
あの当時、女の子用にブルーの物は売っていなかったような気がします。
あれはどこで買ったのかしら? と不思議に思っていました。
とても気になっていたのに、「どこのお店?」と 聞くことはありませんでした。

なぜなら、うばゆりは上から下までバーゲン品で固めていたので、
聞いたところで買ってもらえるはずも無かったのです。

あのアオイさんは、今でも元気で青い服を着ているのかしら?





         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]