今日もパソコン落書きで遊びました。
やればやる程面白くなってきます。

クリック一つで素敵な波紋が出来ました。

その波紋を見ていたら「ばか~」 「ばか~」とバカが波紋のようにこだましている景色が浮かんできました。
f0161708_20361999.gif
 
頭の隅にこびりついている嫌な記憶ってないですか。
私には子ども時代に「馬鹿なことをした」という恥ずかしい記憶が幾つかあります。

一つは、小学校2年生の時に朝顔の芽を折ったこと。
理科の学習で種を蒔いた鉢が花壇の前に2~300並んでいました。その中に一つだけピョント葉を付けて大きいのがあったのです。それ以外は丸で背比べをしているように小さな双葉だけなのに。
その飛び抜けて大きい1本がとても気になり、、、何故か折ってしまったのです。
今でも、何故あんな馬鹿なことをやったのだろうと、忘れられないのです。

二つめは、小学校4年生の時だったと思います。
近所に住んでいた1歳下の友達宅に遊びに行った時のことです。

あ~これは 私の人生最大の恥ずかしいことなので書くのを悩んでしまいます。でも書くことで、案外 嫌な思い出から解放されるかも知れません。
思い切って書きます。
トイレを借りたのです。でも電灯スイッチが分からなかったので暗闇で用を足しました。そして見事に汚してしまったのです。それを掃除もしないで逃げ帰ってきたのですから、本当に恥ずかしいことです。
相手が大人ならそれ程気にしなかったと思うのですが、掃除をしたのは一つ年下の子なんです。

あの頃は、親の留守中に子ども達が散らかしたり汚したりしたら必ずその家の子が後始末をしていたものです。
これは、今思い出しても恥ずかしいことの筆頭です。

時々、頭にこびりついている「恥ずかしいこと」を思い出し、自分に向かって
「ばか~」と、叫びたくなることがあるのです。

私にも、仲間はずれにされたり、意地悪されたりの経験はあります。でも受け身の嫌なことは年々記憶が薄れていくのですが、自分がやったことは何年経ってもシミのようにこびり付いて変わらないのです。
自分の良心に恥じる行動を取ったからなのでしょうね。

だから迷ったときは自分の良心に聞いてみること、又自分の良心に反する行動をとった時は逃げないで修復を計ること が大切だと思うのです。自分のためにね!
しかし、この「良心」も最近は死語になりつつあるようで心配です。

何だか今日は説教臭くなってしまいました。お恥ずかしい、、、

         -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
寒い冬は 手芸三昧です。

手芸にも 刺繍、パッチワーク、編み物、染め物、ビーズ、粘土細工、他にも色々数え上げたらきりがありません。その中でも最近よくやるのがパペット作りとパッチワークもどきです。

子どもの頃から、手芸は大好きでしたが、習うのはトント駄目でした。
性格的なモノでしょうね。
何しろ「お手本通りやりましょう」が絶体嫌なのです。あ~でもない、こ~でもないと自分流に工夫をすることが楽しいのです。最終的にはお手本通りやっておけば早くて綺麗だったのに、、、と思うことになるのですが、やっぱり自分流がいいのです。

それで、手芸、洋裁、編み物など全く習ったことはないのです。

だから、出来上がった作品をひっくり返して裏を見られたりすると、背筋がゾゾ~として来ます。

そう言うわけで正しいパッチワークのやり方は知りません。私のはただ小さい端布をどんどん縫い合わせて作るのです。
f0161708_20172494.jpg

木綿の端布を縫い合わせてクッションを作りました。
背当てにも枕にもなる長方形のクッションです。大きさは64センチ×44㎝ とかなり大きいです。左側の携帯と比べてください。

50年以上前の古布も少し使ってあります。色合わせにハンカチの花柄をアップリケしてみました。ハンカチは柄が豊富で色合いがきれいなので、アップリケによく利用します。

パッチワークは流行っていて、本や教室も沢山あるようです。それに、毎年1月に後楽園ドームでキルト展も開かれます。テレビで中継を見る時は正座して畏まって見るほど労作揃いです。実際にドームまで見に行ったこともありますが、その素晴らしさに圧倒されてショックを受けたほどです。

私のは その様なパッチワークとは程遠い端布つなぎなのです。
日本にも昔から小さな布きれを縫いつないで、生かした文化があります。
「はぎ合わせ着物」とでも言うのでしょうか。色も材質も異なる布をはぎ合わせて1枚の着物に仕立て上げるのです。
ちくちくと細かい針目でつなぎ合わされた布はとても暖かみを感じますし、色合いも各々の元の布より数段美しくなっています。私もあの様な「はぎ合わせ布」で実際に着る服を作りたいと思っています。

次はこのクッションに合わせた膝掛けを作る予定です。冬の間に完成するか、ちょっと心配です。


         -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
PC落書きが面白くてしょうがない。
やり始めると時間を忘れてしまい、アッと言う間に2~3時間が経っています。

特に最近熱中しているのが、Azペインターのフィルター利用です。
下の幾何模様?を見てください。ネッ面白いでしょ。
f0161708_2004140.gif

私はペンタブは持っていないので、総てマウス1丁で描くのですが、
上の模様はそのマウスで描くこともなく クリックだけで出来るのです。

まず左側の波紋の描き方を説明しますね。
ピンクとブルーを選んで グラデーション→丸塗りつぶし をクリック。
次にフィルターの変形・波紋をクリックすると出来上がりです。
色は濃淡色々あるので好きな色を選びましょう。
波紋の強度は試しにやっては「戻る」で色々変えて試してみましょう。

右側の描き方は
好きな色で直線や丸、長方形を描きます。
次にフィルターのひっかきをクリックします。それだけで出来上がりです。

それ以外のフィルターではエンボスやモザイクなど楽しい機能があります。

偶然から生まれる美しい色の世界に引き込まれ、気に入るのが現れるまで何度も何度も繰り返して遊んでいます。
気に入った色を見ていると、そこに何かが見えてきます。それを描き足して出来上がりです。

下の絵もそうやって描いたものです。
f0161708_2019613.gif

これは、グラデーションで丸塗りつぶし→フィルターのエンボスとモザイク
で背景が出来上がりです。
そこに人魚と黄色の光を描きたしました。

ソフトは総てAzペインター(フリーソフト)利用です。

興味のない方ごめんなさい。ココまでお付き合い下さって有り難う御座います。絵が苦手でも、誰でも簡単に楽しめますよ。それもマウスだけで。
一緒に楽しみましょう!
やってみようかな?と思った方は下↓「シニア日記」をピポッとお願いします。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]

f0161708_21542972.gif

大寒に入り本格的な寒さはこれからです。
積雪量も1月下旬から2月末の間がいつも最大量になります。

そんな寒いときに欠かせないのが防寒小物ですが、皆さんが思い浮かべるのは帽子や手袋でしょうね。

勿論それらも大事です。だけど出かけるときだけでなく四六時中必要なのがレックウオーマーと首に巻く小さめのマフラーです。

首に大判ハンカチとかバンダナとかを巻くだけで随分寒さがしのげます。
首に1枚布を巻くと1枚分服を着たのと同じ効果があると言われますが、全くその通りです。
若い頃、なぜお婆さんはいつもぺらぺらの変なネッカチーフを巻いているのか?と思ったものです。洋服であろうと着物であろうと年寄りは皆 首に何か巻いていました。
婆さんくさい おかしな格好、と散々馬鹿にした私ですが、今は首に何かを巻いている毎日です。アレはおまじないでも婆さんのシンボルでもないのです。寒さ対策の必需品なのです。

同じやるなら ちょっとオシャレにと思い、絹の端布をつないでマフラーを作って巻いています。

首元から空気を逃がさないと暖かいと、同じことが足首にも言えます。
ズボンの裾が広くてパタパタはためいていると寒いので足首はしぼったモンペ型のズボンを着用します。勿論ズボン下もはきます。さらに足首にはレックウオーマーです。
50を過ぎてから足首からスネにかけてが冷たくなり、そこから全身に冷気が伝わる感じです。レックウオーマーで暖めると足先まで暖かくなるのだから不思議です。足が冷えて眠れない方は靴下を履くのではなくてレックウオーマーで足首を暖めることを勧めます。

足先まであるタイツやストッキングは使いません。特に冬は。
雪深いところの方は多分お分かりでしょう。濡れたときのことを考えるからです。
ちょっとポストへ手紙をとりに、ちょっと生ゴミをコンポストに入れに、ちょっとスモークにえさやりに、、とホンの5~6歩歩くだけでも長靴から雪が入ってくることがあるのです。濡れた靴下のままいたら大変です。霜焼けやアカギレになってしまいますので、濡れた時は即靴下を取り替えます。
ズボラで面倒くさがりの私でもこれだけは素早い行動です。その時にタイツをはいていると、、、ほらズボンから脱がなければいけないので、、、分かるでしょ。
だから足首までのモモヒキみたいな形が良いわけです。あっ、モモヒキって知らない? じゃあズボン下。コレも分からない?

雪国に住めば、寒さ対策の知恵が自ずと付いてきます。豪雪地帯に滞在予定の方は参考にしてみて下さいね。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ
[PR]
f0161708_193146100.jpg

帽子をまた作りました。
同じ型紙で、かれこれ20個以上作っているでしょうか。
いつもはエプロンとお揃いで作るキッチン帽子です。

でも今回は頭がスースーするので、フリースで作り、キッチン仕事以外の時に使うつもりです。

我が家にお越しの方なら 誰でもご存知の帽子です。
私のトレードマーク、、、
私の頭に いつも乗っている、、、アレですよ。


どうして、この帽子を被るようになったか? それは今思い出しても恥ずかしい思い出があるのです。

ロッジを始めて直ぐのことです。
全くやったことがない商売を一人で始めたばかりです。

毎日バタバタ、ゆとりもありませんでした。そんなある日、義兄の紹介でご夫妻がお泊まりになったのです。
2泊目の朝、寝坊をしてしまい大慌てで朝食を作り、そしてお見送りしたのですが、その後 鏡で自分の姿を見て驚きました。

元々化粧はせず、衣服にもヘヤースタイルにも無頓着な私ですが、そんな私がビックリ仰天、ひっくり返ったのです。

見事に髪の毛が逆立っていたのです。ライオンのたてがみにも負けないほど、宮本信子が演じたマルサの女には優に勝っていた程、、、の寝癖です。

さぞやお客様も驚いたことでしょう。それ以降そのお客様は二度といらしたことはありません。
あの頭を見れば、私だって二度と足を運ばないでしょう。

それで、キッチン帽子を色々試作して 今の形に落ち着いたわけです。
朝起きたら何が無くてもキッチン帽子を頭にのせます。あっ勿論、トイレと洗面の後ですよ。

それに、自分で言うのもナンデスガ~ この帽子を被るとかなり若く見えるのです。寝癖ばかりか白髪も隠してくれるからでしょう。

作り方を「古日記」に載せておきます。興味のある方は見てくださいね。 


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]
f0161708_20333583.gif

我が家のバカデカ犬スモークは、花火や猟銃の音が大嫌いです。
どちらも、バーンと火薬が破裂する音でよく似ています。

誰もスモークに猟銃を向けた者などいないのに、我が家に来たときから異常なほど怖がったのです。心臓発作を起こすのではないかと思うほどで、息は荒く 顔色は真っ青になり、全身で震えるのです。本当に顔色が青ざめるのですよ!

遠い先祖が余程ひどい目に遭い、子々孫々DNAに刷り込まれて今に至っているのだと思います。

同じように私たち人間も、理由が分からないけれど 耐えられない音には 何か曰わく因縁があると思うのです。

例えば、ガラスを金属でひっかいた時に出るキ~ンという音。
あれは苦手な人が多いですけれど、どんな曰わくがあるのでしょう。

昔々、大昔 隕石が地球にぶつかり、、、その時の音ではないかしら?
ガラス質の硬い隕石はお互いにぶつかり摩擦し、次々砕けていったのです。その音と共に沢山の人が死にました。それでキーンの音がDNAに刷り込まれて拒否反応を起こすのです。ナンテこと考えたのだけど、、、非科学的すぎる?

以前、紙をクシャクシャ揉む音が何より嫌だという人に会ったことがあります。私は紙から発する音は、札束を連想して心地よい音なのに~
不思議でなりませんでしたが 本人は至って本気のようでした。

そう言えば、先日のニュースに「風力発電所の近隣住民が頭痛や不眠など体調不良者が続発。原因は解明されていないものの風車から出る音が関係している」と書いてありました。
音は不思議です。人を心地よくしたり、不快にしたり、その上 体調を崩す素にまでなるのですから。
そうそう、乳牛の乳の出を良くするためにクラシックを聴かせていると言う話もありましたね。

私にとって 気分が良くなり力が湧いてくる音が小川のせせらぎ音です。
同じ水でも水漏れポタポタ音は絶体に嫌なのです。こう言うのは理屈じゃないのですから、本当に不思議です。どこかで学習したとも思えません。

心地よい音を聞いている時の私は、明るく優しげなウバユリになっていると~思うのですが、、、
 まだ だ~れも気がついてくれません、、、、
さりとて、自分で確認をしたら、
 鏡を見た途端 目からの情報が優先して「ギャー」と落ち込むに決まっていますし、、、

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]

f0161708_2044071.jpg

スキー場の入り口に 大きな松の木があります。

松の木は しっかり足を広げ 天に届けとばかりの様子です。

木の真下から上を見上げてみました。そしたら、分かりました。
「ジャックとマメの木」は間違いで、本当は「ジャックとマツの木」だったんだと!

マメの木は支柱がないと倒れてしまうし、あのユラユラする茎を登るのは不可能です。
でも、松の木ならどんな大男だって登れます。手を広げたように広がる枝には家だって建てられます。

のっぽなウバユリが見ても高い高い上まで伸びて、頼もしい限りです。
幼いジャックの目には如何ばかりに写ったことでしょう。もう宇宙の彼方まで登れる気になったこと間違いなし!

    ★
大きな木を見ていると色々なことが浮かんできます。ハッキリ言えばいつもの妄想なのですが、、、
動物より何十倍、何百倍も生き続け沢山のことを見てきた木はすごいです。
古木のウロや絡まった根の奥は動物たちの安息の場、、、
春にはすごいパワーで芽を吹き出し、秋には木の実を皆に振る舞って、、、
空気の掃除に、水の配給、、、
黙して語らず自慢はしません。お礼も要求しません。
ただ、生き物に恵をもたらしているばかりです。

都会では本当の木は見られない、、、
野生のブナ、トチ、ナラ、スギ、クルミ、マツ、、見る度に圧倒されて頭が下がります。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]

f0161708_19224318.jpg

むかしむかし、あるところに爺さまと婆さまが住んでいました。
爺さまは定職もなくぶらりぶらりと毎日暮らしておりました。

ある日のこと、爺さまがいつものようにぶら~りと竹林の中を歩いていると、赤子の鳴き声が聞こえて来ました。

声に引かれて歩いていくと、大きな切り株の中に小さな赤子がおりました。

それはそれは綺麗な赤子で爺さまは大層驚きました。
「これは よいものを見つけたわい。」と言って、こっそり抱いて帰りました。

綺麗な娘を持った親は身分のエライ人に嫁がせ自分の出世を計る世の中でした。
爺さまは赤子を逃げ出さないように閉じこめて、高く値が付くように色々と教え込みました。
和歌や詩歌の教養から日常の立ち居振る舞い、会話術、美顔術からヘアーケアー迄金目をいとわず磨き上げました。

大きくなるにつれ その美しさは近郷近在にとどろくようになりました。

爺さまは欲深でそのくらいでは満足いたしません。もっともっと、と借金してまで磨き上げました。ついに国中にその美しさが響き渡るようになりました。

国中から 「我こそは」と結婚の申し込みをする若者がやって来る様になりました。
その中には、美しい公達や力のある豪族、名のある貴族までプレゼントを山ほど持って門口に並んでいるのでした。爺さまは豪華な贈り物だけを受け取ってナンダカンダと難癖を付けて追い返しておりました。

爺さまはこの位では満足はしません。爺さまの狙いは時の天子さまだったのです。
まだまだ、と待っている内に美しかった姫も、いい年増になってきました。その上、「姫は赤子の時に拉致されたのだ」という噂がち立ち始めました。

姫自身も、爺さまのやり口にホトホト嫌気がさしてくるのでした。

ある月の綺麗な晩に、姫はそっと家を出たのです。
それきり 姫の行方は分からなくなってしまいました。

爺さまは、「姫は月に帰った」と見栄を張ったのですが、その言葉を信じる者は誰一人として おりませんでした。

本日の教訓:身勝手で欲深が度を過ぎると、お金も友人も家族さえも失って、寂しい老後を送らなくてはなりませんよ!

    …………………………………………………
「ゆめいろ絵の具」(フリーソフト)を使って竹の絵を描いてみました。墨絵のような雰囲気になったので、お爺さんを描き足したら竹取物語が頭に浮かんだので、バカバカしい話を書いてみました。お粗末様でした。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]
今年はとても雪が少ないです。
と言っても、5~60㎝程の積雪はあり、地面は全く見えません。3月下旬まではずーっと見えないのです。

この季節は毎日 手芸とパソコン、時々読書で過ごします。
全く体を動かさないので、体中がこわばって来ます。
それで、自己流ヘンテコ体操をしたのですが、、、やはり肩はこるし、足はツルのです。それで、一念発起して歩くことにしました。

f0161708_20324475.jpg

1周1時間半のウオーキングコースです。
日中の一番暖かい時間を選んだのに、日陰は道が凍っていました。
日当たりの良い道は、サッサッサ と早足で進みますが、日陰になった途端腰をかがめてソロリソロリとカメの歩みです。そんなに注意しているのに、3度もツルリと足を取られ、危うくスッテンコロリンするところでした。

残り3分の1位になったとき、先の方に大型除雪機が見えました。
道路一杯の大きさで、雪をビョンビョン飛ばしながら進んでいます。速度は私よりも遅いのですが、抜くに抜けません。
近づきすぎると、頭から雪を被り歩く雪だるまになってしまいます。

それで30分ほど、周りの景色を眺めたり、写真を撮ったりしながら少し離れて付いていきました。
お陰で 雪景色をゆっくり楽しむことが出来ました。


          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]

f0161708_210159.jpg


ぼく ずーと待っていたんだよ。

ねっね、年幾つ?

どこから来たの?

名前なんていうの?

彼氏 いる?


      ★

失礼ね~  初対面で変な質問ばかりして、、、

それに~  なにさ青い顔して、毛は三本 その上裸足。

まずは挨拶、自己紹介。それから美人ですね!くらい言ったらどうなのよ。

私は色白、毛は4本 それに下駄を履いているのよ


    ………………………………………………………………
パペットの作り方を【古日記】に載せました。
型紙も書いておきましたので興味のある方は是非クリックしてください。
ついでに↓の【シニア日記】もヨロシクね。
          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]
今、外の温度計を見たら、氷点下8℃。

寒いと思ったらやっぱり、、、この分だと明け方は-10度以下になりますね。
f0161708_2029691.gif

毎夜、足跡を残していく狸君やキツネさんもさぞかし寒いことでしょう。

それよりもっと寒いのが、小鳥さん。
どこで どうやって寒さをこらえているのでしょう。

この位 寒いと、濡れタオルを空中で3回ほどクルクル回すと
シャキーンとつっぱります。

小さな体の小鳥さん、木の上でふるえているのじゃないかしら、、、

毎年冬は気になります。

          -----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]
f0161708_20543144.jpg

ひとりぼっちで さびしいな~

かみのけ3本 おかしいな~

顔が青くて ぶきみだな~

でもね、この世でたった一人のボクだから
ひとと違って あたりまえ、、、


       ☆

久し振りにパペットを作りました。
後ろ側から手を入れて動かすことが出来ます。先月中頃pc落書きした絵を頭に浮かべて作ってみました。
-----------
【ブログ村・シニア日記】 ←ランキングに参加しています。応援のクリック お待ちしています。
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら

【ナッツベリー】 ←森のロッジへ
【古日記】 ←以前のうばゆり日記はココ
[PR]