先月手に入れた紬とそっくりな反物を見つけました。
模様は同じで色違いです。
この2つを組み合わせたら面白いバックや洋服が出来る、と思いました。

それで何が何でも手に入れるのだ! とオークションに参戦です。
色違いを既に持っているのだから~とムキになって見えぬ敵と戦いました。
ふ~
結局予定していた価格の倍近くになってしまいましたが、落札できた喜びの方が大きかった一昨日の夜です。
f0161708_21093443.png
朝からワクワク待っていた宅配便が昼頃届きました。
まずは、目的の反物を取りだしてみたら・・・
同じ柄で色違いと信じていた布は~   似て非なるものでした。
手元にあったのと、合わせてみると 似ているけれど お互いに嫌っているという感じです。トホ・ホ・ホ

その上、反物を広げてみると中程以降に点々と白いカビが。
これじゃあダブルパンチです。

うばゆりは奮い立ちました。
どうにか この大島紬を救うのだ!

まず全部を広げてカビの場所を確認です。
それから、ブラシでカビを払います。少しだけ薄くなったようですがまだまだ使い物になりません。

作業がしやすいように布を切ります。
それから布を風呂場に広げて、中性洗剤を薄めた液をスポンジに付けてカビの所をそっとこすります。
裏も表も丁寧にそっとそっと~です。
それから全体を手洗いして
ゆすいで、干しました。

カビは見えなくなりました。
これからアイロンを掛けて仕上げます。ふ~

大島紬の新品は高くて手が届きません。
オークションで安く手に入れるのだから、こんなことがあっても仕方が無いですね。

さて、この布で何を作ろうかしら?








          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
随分時間がかかりましたが、紬を繋いだバックが出来上がりました。
布を繋ぎ始めたのは9月です。
途中、そのまま箱に突っ込んでいたのを、先週また続きです。
f0161708_22205009.jpg
f0161708_22210312.jpg
持ち手を布にしようか、木の持ち手にしようか随分迷いましたが、
冬にタイで買ってきた木製の持ち手にしてみました。

前側と後ろ側で随分感じが違います。
1粒で2度美味しいバックになると良いのだけど~




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
大町に住んでいた頃、食用菊の美味しさに目覚めました。
農産物直売所で、朝どりの食用菊をよく買ったモノです。

ちょっとほろ苦くて、かすかな甘みもあり、その上 良い香りがして、正に大人の味です。
8月下旬に黄色い菊、10月下旬には紫色の菊が出回ります。
サッと茹でて、酢の物に入れたり、サラダに飾ったりしました。

神奈川に来てからもスーパーで見かけますが、いつ採ったものとも知れず
買う気になれません。

ならば自分で育てようと思い立ったのですが、花屋さんで苗を見つけることが出来ませんでした。
それで、ネットで調べてみたら、一応ヒットはしたのですが~
「売り切れ」の表示で
「来年5月から売り出し」と出ていました。
f0161708_21462703.jpg
来年の春までお預けだ~と諦めていたのですが、偶然駅前の花屋で夕方見つけました。
薄紫色の「もってのほか」でした。
「もってのほか」は食用菊の中ではとても有名な品種です。
4ポット残っていた中から2ポット選びました。

来春、脇芽が出て株数も増えるでしょう。
何年も欲しいと思っていた苗が手に入り嬉しい限りです。
今から来年の秋が楽しみです。

夕方写真に写っている菊の花を全部摘み取り、料理しました。
料理と言ってもただ花びらをむしり取って茹でただけです。
酢の物にしようと思ったのに、箸にひっかかったゴミ程度の量でがっかりです。
来年は口中モゴモゴ出来るほど収穫だ!





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
今日は手芸会の日です。
前回からの作りかけを持ち寄り、今日は完成を目指します。
f0161708_22110319.png
おけいさんは自宅で完成させて持参です。
にゃんさんは留め紐とボタン付けが残っています。
アサちゃんはネックレスの紐付けだけです。

完成した作品は幾ら見ても見飽きません。
皆さん嬉しそうにニコニコ顔でお披露目です。
もの作りの楽しさを十分味わっておられるようで、一緒にいるうばゆりも嬉しくなります。

例え下手でも、自己流でも、作り出すのって本当に楽しいです。
出来上がった作品を、見てみて!って 世界中の人に見せびらかしたい気持ちになるけれど~
ぐっと押さえて家族や友人に見せつけましょう。
この気持ちって幼い子どもと同じです。

さて来月はどんなものが出来るのか、今から楽しみです。

今日は写真を撮り忘れて、絵になりました。
皆さんの素敵な証拠写真が無くて残念&ごめんなさい。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
毎日、布をいじっています。

端切れを色合いよく繋いでいます。
何を作ろう~と考えずに只布を縫いつなぐこともあれば、
この布で手提げを作ろう~とハッキリ決めてからつなぐこともあります。
f0161708_22393205.png
最近は、折角布を繋いだのに、何だかしっくり来ないのです。
何だか自分のものでは無い様な~
どこか違うのです。

久しぶりに手提げ袋が1つ、出来上がりました。
でも、気に入りません。

原因は多分あれ・・・です。
某サイトの手芸作品の見過ぎです。
素晴らしい作品が毎日更新されているので、毎日1時間くらい見ています。
うばゆりには無い発想や布使い、色の組み合わせなど幾ら見ていても飽きません。
「いいな~」「すっごい!」「作ってみたい!」など刺激を受けます。
頭の中は混乱状態で、本来のうばゆりの色合いが霞んでしまったのかも知れません。

どうしたら、自分らしい作品が作れるようになるのでしょうね。










          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
先月受けた健康診断の結果を聞きに行きました。
3連休の後とあって、病院は患者で溢れていました。
待っている間にいつの間にか居眠りです。
突然、「うばゆりさ~ん」と呼ばれたので、反射的に立って返事をしたのですが
診察室の場所が分からなくてウロウロしてしまいました。
f0161708_22190483.png
結果は概ね良好~特に治療を要するところは無いとのことで、気分はバンザイです。
検査結果の数値を示して、色々気をつけるところを言われましたが、ほとんど頭に残っていません。
少しだけ引っかかるところが有るので6ヶ月後にもう一度血液検査をします~だって!

来年の3月に検査に来なさい って言われても覚えている自信はありません。
兎も角異常なしだったのだから、気分よく帰宅しました。

まずは健康だったのでお祝いの饅頭を頬張ったのですが、
確か~甘いものの食べ過ぎに注意って言われたような、、、、





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
沢山の野菜が採れて大喜びのうばゆりです。
その野菜を神奈川の家に持ち込んだのですが、置くところも不自由します。
玄関のドアを開けると、どーんと、大根が5本とキャベツと白菜2個が迎えてくれます。
f0161708_22232457.png
まず、完成した切り干し大根の試食をしたいし、
乾燥イモも作りたいし、
大根や菜っ葉類を使わないければいけないし~と思っているのに
庭のグリーンカーテンが目に付きます。
上の方から枯れ葉やツルがぶらぶら下がり何とも見苦しいです。
2部屋にわたってのグリーンカーテン(琉球おもちゃウリ)ですから、全部外すのは一仕事です。

自分の部屋を見れば、作りかけの布が何枚も有るし~
f0161708_22432567.jpg
切り干し大根の煮付けは美味しく出来ました。手作りの切り干し大根は成功です!
リビングの前だけグリーンカーテンを外しました.ゴミ袋に入り切らない程の葉や実の屑が出たので、この後の始末が大変です。
干しイモは午後作って、まだべたべたして乾燥していません。外に干すと虫が来そうなので家の中に広げています。
大根は夕食用に、ふろふき大根と大根の即席漬けを作り、1本消費しました。

作りかけの布は袋物になるように手を加えてみました。
ふ~、忙しい1日でした。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
少し前に、神奈川に戻ってきました。
勿論、車には収穫の野菜を積み込んで。

帰るとなると忙しいこと。
野菜はやっぱり新鮮が一番なので、帰る当日か前日に収穫です。
小松菜、チンゲン菜などの葉物は朝採りです。
大根や里芋などの根菜類は昨日掘りました。

どんな野菜もあと処理に結構手間が掛かります。
落花生や里芋は洗ってから干します。
大根は半分を土の中に埋めて保存します。
葉物は洗います。
f0161708_23365447.png
お天気がよかったので、どうにか作業が終了しました。
でも、花苗の冬支度が残っています。
大切な苗には籾殻をかけた上にワラを載せます。
先日埋めた百合の球根や以前からの球根類、苗類にそれをやるのですから、結構大変なのです。
来春の花を想像すると疲れていても頑張ります。

花や野菜を育てるのって本当に楽しいです。
頑張ったことにチャンと答えてくれるのですから。
特に収穫した野菜を口にする時は嬉しくてニコニコしてしまいます。

田舎と街を行ったり来たりは大変だけど、この充実感は何物にも代えがたいです。
山人氏が欠けても、我が身の健康が欠けても この生活は続けられないと思うと感謝で一杯です。

沢山の野菜を目の前にすると こんなしおらしい気持ちになりますが~
平素は露程も思っていないことに反省です。クシュン!




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
朝起きたら、外は霜で真っ白です。
余り寒いので、寒暖計を見たらナント氷点下3度です!
f0161708_21263317.jpg
霜の付いた葉は、白いレースの花のように見えます。
霜柱は5センチほどもあり、花たちの根が切れなかったか心配です。

周りの紅葉も、いっそう鮮やかな色に変わっていました。
写真を撮ろうとドッコイショ内を歩いていると、「これ、どうぞ」との声がかかりました。
大喜びでヤーコンとショウガをいただきました。

林の中は赤や黄色の絨毯が敷かれ、別世界に迷い込んだようです。
赤や黄色の山に囲まれたドッコイショの家々は人里離れた天空の里のように見えます。

朝食後は寒さに弱い里芋とコンニャクイモの収穫です。
ついでに、ピーナッツも堀り上げました。

この冬のコンニャクはすべて手作りでまかなえそうです。

収穫した野菜は夕方まで干してから、霜よけを厳重にして軒下に置きました。

収穫仕事は嬉しくて~楽しくて~ 疲れを感じません。
とは言っても、夜は腰が痛くて、、、、





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
朝から快晴、雲一つありません。
その上、風がだんだん強くなりました。
f0161708_22113486.png
今日は、絶好の切り干し大根日です。
昨日までの雨続きで頭を抱えていたうばゆりですが、今日は一転お日様と風の恵みに感謝です。
朝一番に庭に大根を広げました。
色々な厚さ・形・長さで切ってみたのですが、それらの1長1短もも分かってきました。

やはり伝統的な拍子木切りが一番のようです。
乾く早さで言えばピーラーを使った薄切りが一番でしたが長すぎて絡まってしまうのです。
その点拍子木切りの場合は割と早く乾いて扱いが楽なのです。

次に良かったのがいちょう切りです。大根を4等分にして薄く切ったのですが、これも早く乾いて扱いも楽でした。

煮物用にと厚切りにしたのは乾きが悪くて表面が黒ずんできてしまいました。まだほとんど乾いてないのでもう少し様子を見てから処分するか決めようと思っています。

生乾きの拍子木切りのもので粕漬けを作ってみました。ほどよく水分が抜けているので上手に大根の粕漬けが出来上がりとても美味しかったです。
それから、カラカラに乾いたピーラー利用の薄切りではりはり漬けを作ってみました。水洗いをしてから10分ほど水に戻して甘い酢醤油に漬けただけです。これも十分食べられる味でした。

最低気温が今朝は4度、明日は氷点下になる予報ですが、このくらい寒い方が切り干し大根作りには向いているようです。
暖かいと蜂とかハエとかがたかりますが、このくらい寒いと何も飛んで来ませんので気持ちがいいです。

後2~3日もすれば完成するでしょう。今度は切り干し大根の食べ方について考察します。





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
ドッコイショ横川の住民には年に3回参加をする行事があります。
春の共同作業、10月の紅葉祭り、11月の収穫祭です。

昨日はその紅葉祭りの当日でしたが、雨のため今日に順延になりました。
延ばしてみたものの今日も朝から雨でした。
それでもやるというので、9時に会場に集合です。
会場はかやぶきの館の庭ですが、すでに地区の担当者、観光協会の人、出店する人、出し物に出演の大学生、など関係者でいっぱいです。
f0161708_21434230.png
ドッコイショの住民が手伝うのはニジマスの塩焼きと子供用玩具売りです。
開会式が始まり、店の準備も整ったのに雨はやむどころかますます強くなってきました。
お客はほとんどありません。
たまに、出店者の身内か 物好きな人とかが歩いているくらいです。

子供が近づこうものなら「いらっしゃい、おもちゃどうですか!」「クジもありますよ!」
と、皆で大きな声で呼び止めます。
雨でさっぱり売れないので半額の100円で売り、買ってくれた子供にはおまけも付けました。
結局、10人くらいの子供に半分押し売りです。
ニジマスの方はテントの中で炭火焼きをした熱々を売ったのですが、こちらは用意した3分の2ほど売れました。
買って下さったのは、ほとんどが会場にいた関係者の人たちです。

勿論うばゆりたちも交替で各テントを回り、協力をしました。
うばゆりはバザーテントで超お買い得な布団カバーを買いました。

行事をひとつ消化したという感じです。
やっぱりお祭りはお天気がいいですね。




         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
以前から木曽路の宿場巡りをしたいと思っていました。
朝から快晴ということで、思い立って出かけることにしました。
f0161708_23365759.png
木曽路を全部歩くことは体力的に無理なので、有名どころだけをつまんで歩くことにして、
今日は第1回目です。
車で中央西線の贄川(にえかわ)駅まで行き、駅前駐車場から歩き始めます。
駅近くの贄川関所で観光パンフレットと地図をもらって「元気よく出発だ!」

まずは贄川宿で昔の家並みが残る旧道を気分良く歩きます。
程なく車がビュンビュン走る国道を歩かなければなりませんが、現代に生きているのだから仕方ありません。
むしろ昔の面影を残す道が残っていることに感謝しなければ、と思いました。

道路沿いには驚くほど沢山の漆器店が並んでいました。

奈良井川に沿って歩を進めるのですが、川が反対向きに流れているのがどうにも不思議で仕方がありません。
うばゆりは道を下っているのに、横の川はまるで上っているように流れているのです。
道路脇の側溝はどうなっているのかと、覗いてみたらやっぱり逆方向に流れていました。
後で分かったことですが、この地点から4~5キロ先の鳥井峠が分水嶺でこの奈良井川は日本海側に注ぐのだそうです。

今日の目的地の奈良井宿に到着。
古い家並みが道沿いにびっしりと並び、まるで江戸時代にタイムスリップしたようです。
どこから沸いたのかと言うほど観光客がぞろぞろ歩いていました。

奈良井駅から電車で2駅乗り、出発地の贄川に戻りました。
久しぶりに歩いたので疲れましたが、良い1日になりました。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]