ネムノキの思い出

毎日、よく雨が降りますね~
庭の手入れが思うように出来ません。
f0161708_23132748.gif

7月から8月にかけてはアヤメの株分けをしなければならないのに、まだ十分の一も終わっていません。
4~5年に1回はしないと、花付きが悪くなりいつの間にか消えてしまうのです。
庭には1000株以上ありますから大仕事です。

久しぶりに今日は晴れ間が覗きました。
早速 庭に出てアヤメの掘り起こしです。
抜いたアヤメは根がからまっているので、丁寧にほぐして1株ずつに」切り分けます。
ネムノ木陰に椅子を持ち出して、のんびり株分けを始めました。

頭の上に、何かがハラリと落ちてきました。
ネムの花でした。

うばゆりが初めてネムの花を見たのは20代でした。
花の名前は知っていましたが、実物を見たことは無かったのです。
神奈川に転居後、通勤電車の中から見つけたのです。
この世のモノとは思えないほど美しいと思いました。
枝を大きく広げた先に、一面の淡いピンクの花です。
ピンクと白のグラデーションは今にも消え入りそうなほど繊細に見えました。

それから、毎日、車窓からネムノキが見える側に立ちました。

ドキドキする程花を美しいと思うことは最近無いですね~

その時のことは50年近くたっていますが、今でもはっきり覚えています。





          -----------

【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら


【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ



今日もお読みいただき有り難うございました


    ----------------
[PR]
by ubayuri | 2014-08-18 23:22 | 子ども時代・思い出 | Comments(0)