生兵法は大けがの元~

今日はうばゆりにとって、一世一代の真面目な話しです。

虫や蜂に刺されたらアンモニア水で中和をすると良い、とずっと信じていたうばゆりです。
病院は近くに無くて、蜂や虫がぶんぶん飛んでいるこの田舎暮らしでは
アンモニア水、虫除けスプレー、虫刺され用軟膏、蜂用の殺虫スプレーなどは必需品です。
それらは玄関ドアを開けたら直ぐに取れるように下駄箱の上に置いてあります。

さて、先日蜂に刺された時の話しです。
スズメバチが家に入り込んで、うばゆりは右腕の肘下を刺されました。
その痛いこと!
即、アンモニア水を腕にたっぷりと塗りつけ、かつ
ガーゼに染み込ませて幹部にテープで固定しました。

徐々に腕は腫れてきて熱も帯びてきました。
腕全体が痛いのですが、それ以上にガーゼの下がなんか変なのです。
4時間ほどしてからガーゼを剥がしてみると、そこはまるでやけどのようになっていました。
一部は水疱が破れて皮がむけ、又一部は水疱で膨らんでいるのです。
慌てて患部を水洗いして消毒してみました。

その後二日経っても、三日経ってもその赤剥け状態は良くならないのです。
ねばねばした透明の液が流れ出ます。
蜂の刺した腫れは引いてきたのに、やけどの跡の状態は変わらないのです。
病院嫌いのうばゆりもコレはおかしい、と思って今日町の医院に行きました。

お医者さんの診断では
強いアンモニア液でやけどの状態になったのだというのです。
昔はアンモニアを塗ると良いと言いましたが、今は使いません。
というのです。
f0161708_22471069.jpg
知らないと言うことは怖いですね!
これが年寄り・うばゆりだったから良いけれど赤ちゃんだったり、うら若い女性の顔部分だったりしたら大変なことだったでしょう。
本当はこんな無知なことを書きたくないのだけれど、もしかして「虫刺されにはアンモニア水」と思っている人がいたら大変なので恥を忍んで書きました。
上は病院で治療してもらった後の写真です。見苦しい写真でごめんなさいね。

それで帰宅後アンモニア水の箱をよく見たら、
虫刺され用薬 アンモニア水 100ml とはっきり書いてありました。
だけど、使用上の注意には5倍に希釈して使うこと とありました。

どちらにしても、皆様はアンモニア水の利用にはご注意下さいませ!




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
by ubayuri | 2018-05-22 22:53 | 手作り色々 | Comments(2)
Commented by mame-623 at 2018-05-22 23:35
蜂に刺されたと聞くだけでも
痛みが伝わってくるのに 酷いことになったのですね。
アンモニアの件 私も知りませんでした。

どうぞお大事になさってくださいね
Commented by ubayuri at 2018-05-28 22:33
まめさん、有り難うございます。
蜂は怖いけれど、アンモニアも怖いです!