2018年 03月 20日 ( 1 )

買い物の帰り道でのことです。
突然、街の無線放送が飛び込んできました。
「行方不明者を捜しています。
 男性・74歳・ネズミ色の上着に白いズック靴・・・・」
f0161708_22081251.png
うばゆりの斜め前をのんびり歩いている老人は、
 男性・70歳代・ネズミ色の上着に白いズック靴です。

コレはもしかして、もしかするぞ! と、その方を観察しました。
歩いている他の人も、その老人をちらっと見ているようです。

こういう場合は、徘徊者本人に声をかけると良いのかしら?それとも近くの交番に届けるのが良いのかしら?
交番よりも市民センターに注進すべきかしら?
等と考えつつ、その老人を観察です。

その方はうばゆりと同じ方向に進んでいるので、後ろを付いて行きました。
ゆっくりでも、チャンと目的を持って歩いている様子です。

ふ~、声をかけなくて良かった。
100均のダイソーに入って行かれました。 ホッ

行方不明者の無線放送は3~4日に1度はあります。
ついつい、年齢をチェックしてしまうのですが70代が圧倒的に多いです。
90歳代とか100歳代は聞いたことがありません。
徘徊も元気な内にやるのかしら?

それにしても、家族は着ている物や靴のことを良く覚えていますね。
我が家なら全く分からないと思います。
うばゆりが行方不明になった時は、
「女性・75歳・のっぽ・短髪・変な服を着用・靴不明」となるでしょうね。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]