買い物帰りの道でのことです。
10m程先の信号は青でしたが、渡るのは無理だろうと諦めてゆっくり歩いていました。
すると、うばゆりを抜かして乳母車を押したママが信号の中に進んでいきました。
横には2歳くらいの幼子も一緒です。
f0161708_22375070.png
危ない、危ない!
信号の色が変わったらどうするの?
あんなに小さい子と乳母車‥‥‥
うばゆりは坊やと手を繋いであげたかったけれど、両手に重い荷物を提げてよたよた歩きです。

信号はまだ青だったので、うばゆりも思い切って渡ることにしました。
途中でチパチパ点滅を始めました。
荷物を提げてよたよた小走りで頑張りましたが~ ガッビーン 信号は赤に変わりました。

反省~
若いママや元気な幼児より、足を引きずり大きな荷物を両手に提げた年寄りの方が余程危なかしいのだわ。
だけどね~ 何歳になろうが、我が身は見えずに幼子の危うさが気になってしまうのです。
 人の世話より我が身をよく知れ!  と、自戒です。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

縫い物をしていると端切れが沢山でます。
お宝布の場合は、どんなに小さくても捨てることが出来なくて どんどん溜まってしまいます。
綿絣や大島紬の場合は10センチ以上だと繋いでおいて、後で袋物などに活用します。
だけど、縮緬の場合はそのまま溜まってしまい、何時しか~しわくちゃのゴミ状態になってしまいます。
f0161708_23281310.png
何とかしたいと、そのゴミ状態の縮緬を引っ張り出しました。
小さくて、しわくちゃでもやっぱり縮緬は存在感があります。
鉛筆にくるくる巻き付けて筒状の布ビーズを作ってみました。
なかなか面白いものが出来たので、気をよくして次々布を小さい長方形に切って作ります。
布柄が違うので同じものは2つと出来ません。
没頭している内に直ぐに2~3時間経ってしまいます。

さてこの布ビースで何を作りましょうか?
ネックレスが面白いかしら?

机の上は益々大きなゴミの山になっていました。 
f0161708_23285033.jpg




         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

市内のデパートで【日本の匠展&リサイクル着物展】の催事をやっているので、一昨日出掛けました。
木彫、染め物、等大好きな工芸品が並んでいました。
藍染めの布や木彫りの鉢など欲しい品がありましたが、お値段が高くて手が出ませんでした。

出口の横で神戸の靴屋さんが展示していました。うばゆり好みの靴ばかり並んでいます。
目下、うばゆりは靴だけは買う必要が無い状態です。買ったまま履いてない靴が2足もあるのです。
12月に膝を痛めてからずっとウオーキングシューズだけを履いています。
f0161708_22300619.png
個性的な形で思わず見とれていましたら、「試しにどうぞ足を入れてみて下さい。」と声を掛けられました。
つい、足を入れてしまいました。
う~ん、似合うな~  いいな~ 
だけど、家には履いてない靴が2足もあるし~  ココは我慢だ!と帰ってきました。

だけど、何をやっていてもあの靴のことが気になります。
「やっぱり買おうかな~止めようかな~」と独り言を言っていると、山人氏が
「車いすを買わなければ~ どうしようか~と迷うのならつらいモノがあるけれど 履きたい靴があるのなら迷うこと無いのじゃない。」
と言いました。その一言で買う決心です。
考えてみればうばゆりは今・76歳‥‥あと何年お洒落な靴で歩けるのかしら? 今 買うっきゃないでしょっ!

と言うことで、今日またそのデパートへ行って来ました。
もし売れていたらどうしよう~と心配しましたが、ちゃんとこの前の場所に飾ってありました。

ルンルン♪♪~
この靴を履いてどこかにお出かけしたいな~♪♪


         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

うばゆりは布が好きです。中でも着物地が。
その中でも特に好きなのが文字や人物の絵柄です。

先日オークションで文字柄の布を見つけました。
1つは浴衣の反物で もう一つが箱入り4kgの端切れ詰め合わせの中の1点です。
PC画面に鼻を付けるようにしてよく見たのですが、やっぱりこの期を逃したら手に入らない~と思えたのです。
其れでオークションに参戦し、見事落札しました。
今日届いたのが下の写真です。
f0161708_21304791.jpg
これで、7130円。さて、高いのか安いのか?
気に入った布が出てくれば、超お買い得品で嬉しい買い物になるのです。

目的の布、2点をチェックです。
残念!予想とかなり違いました。
f0161708_21350279.jpg
写真の2点が目当ての品です。
白地に文字が書いてあるのは、墨痕鮮やかに黒々とした字~ではなくて茶色でした。文字は黒じゃ無くちゃしまらないわね~
左側の方は絵柄は良いのだけど、薄い羽裏で表地には使えない布でした。
目当ては外れたけれど、大島と紺絣と縮みの良い布が入っていたので、マーマー良い買い物になったと思います。

届いた箱を開けるときのわくわく感はたまりません。これだから、オークションから脚が抜けられないのです。
さて、箱の中の絶対使わないような布はどう処理しましょうか。まさか捨てるわけにも行かず~




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

毎日寒くて、うばゆりは震えています。

庭のバラがこの寒さに耐えて健気に咲いているのです。
普通バラは1月に剪定をして冬眠期に入るはずなのに、我が家はどうしたことでしょう。
寒さに負けず幾つもの蕾を付けているのです。
花や蕾を切り落とすのは忍びなく ついつい剪定を先送りして花を愛でているのです。
f0161708_23263709.jpg
コレ、本当は真っ白なバラなのに寒さでこんなピンク色になりました。
それに枝は真っ赤です。
こんな素敵な花を切り捨てるなんて出来ません。毎日ガンバレ~寒さになんか負けるな~と応援しています。
厳しい状況だと、綺麗な花が益々綺麗になって咲き続ける‥‥‥‥いいわね!
うばゆりなんか厳しい状況だと直ぐにへなへなと縮まってしまうのに。
f0161708_23313988.jpg




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

確定申告の時期ですね。
うばゆりは慎ましい年金生活者ですから確定申告はしません。
でも、我が家のマドンナは自営業ですから~ 吹けば飛ぶような商売でも確定申告はしなければなりません。
今まではうばゆりが店の計算をやっていたのですが、何時どうなるか分からない年ですので今年からマドンナにタッチです。
初めてなので、教えながら~やりましょうと思っていたら、若い人は早いですね。
1つ2つ説明をし始めたら、半分聞きながら、手はパソコンのキーを叩いてあっと言う間に終わってしまいました。
やれやれ~うばゆりの出る幕はありませんでした。
f0161708_23164164.png
その時、うばゆりが置いたボールペンを見て山人氏が、
「あれ~、このボールペンは!」 と驚いています。
見るとボールペンの回りに大きな字で「大町税務署」と書いた紙が貼ってあるのです。
ええっ、以前住んでいた大町の税務署のペンが我が家に! 
自分で飛んでくるわけは無いし~
犯人は歴然としています。税務署に出入りしていたのはうばゆりだけですから。
知らない内に‥‥‥‥無意識に‥‥持ってきたのです。
無意識でも人様のものを持ってきたらドロボ・・・・。  なさけなや~

夕方、近くまで来たからとおけいさんが寄りました。
最近作ったポシェットと洋服を見てもらいました。
ポシェットはよく似たデザインで2つあります。
どっちが良いかしら~  こっちかな~ と言って見ていたのに
突然1つが見当たりません。
「確かにあったのに、おかしいね!」 と言いながら二人で探しました。
探すこと5分。
「あった!」
見つかった場所は、おけいさんの体です。ポシェットを斜めがけして身につけていたのです。
おけいさんはトホホ・・です。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

着物を解いた麻布で先日夏コートを作りました。
至ってシンプルで衿無し、ポケット無し、ボタン無しです。
ざっくりして透明感のある麻なのでポケットを付けると
型崩れはするし、ポケットの中身は丸見えだし~ちょっと恥ずかしいことになりそうなのでポケットは無しにしました。

ボタンは最後まで迷ったのですが、前を明けて颯爽と歩いて欲しいので付けるのを止めました。
↓写真左側です。
f0161708_22165349.jpg
さらっとした感じの良いコートになったので、同じようなのを更に1枚作ってみました。(写真・右側)
こちらは現代の布で、麻と化学繊維の混紡です。手触りは左側の着物地の方がずっと良いです。
それで手元にあった薄茶系の麻や木綿をパッチしてみました。
こちらはしっかりした布なのでポケットを付けました。ボタンはありません。
その代わりに麻布で作ったブローチを留めてみました。
f0161708_22212138.jpg
ブローチが大きすぎですね~




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

懐かしい人から展覧会の案内状が届きました。
40年以上前に親しくしていた友人ですが、転居をしたり、退職をしたりで疎遠になっていました。
f0161708_23410219.png
40年以上も前の話です。
その頃、うばゆりは片道1時間半、山人氏は片道2時間もかかる職場に通っていました。
子どもが生まれて、産休明けが迫ってきたというのに保育園が見つかりません。
当時は民間の保育園は無くて、公立だけが頼みの綱でした。
ところが、保育園の数が少なくてフルタイムで働いていてもなかなか入れないのです。
何度市役所に足を運んだかしれません。

どうにも困って、友人のバンさんに愚痴をこぼしました。
バンさんは我が子を実家のお母さんに預けて働いていたのですが、
「一人見るのも二人見るのも同じだからお母さんに頼んでみる~」と言ってくれたのです。

まさかそんな簡単に了解をしてくれるわけは無いと、思っていたのに
「困っているのならお互い様~」と預かってくれることになりました。

それからは、毎朝バンさんの実家に寄ってから出勤です。
大きなお屋敷にはバンさんのお父さん、お母さん、年頃の妹さんが住んでいました。
家の皆がうばゆりの子どもを歓迎してくれて実の孫のように可愛がってくれるのです。
特にお爺さんは「実の孫よりマドンナちゃんを可愛がるのよ~」 と言っていました。

本当にお世話になったのに、きちんとお礼も言わず仕舞いです。
もう何年も前にそのご両親は亡くなられたとのことで、今になっては、感謝の気持ちを伝えることも出来ません。

今のうばゆりは暇がありますが、「困っているから子どもを預かって!」と言われても首を縦に振ることは出来ません。
本当によく助けて下さった、と今更ながら思います。

さ~、明日はバンさんの書道展に出掛けます。
久しぶりの再会に今から胸がわくわくします。




          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

人の記憶って面白いですね。
すっかり忘却の彼方に消えていたことが、何かのきっかけでヒョイと思い出すことがあるのですもの。
f0161708_22121632.png
ニュースを見ていて、どうしたことか中学時代の嫌の思い出が急に甦ってきました。
うばゆりが13歳くらいの時のことです。
その頃、母親は仲良しグループとよくお茶飲み会をしていました。
ある日、いつものようにおばさんが3人集まってお茶のみです。

ケイスケ君のお母さんが話し出しました。
「ケイスケが、ボクも彼女が欲しいな~何て言ったから
 うばゆりちゃんがいいるじゃ無い  って言ったのよ。
 そしたら、ボクにも選ぶ権利はある~だって。 ワッハハハ・・・」
他のおばさんもワッハハハ・・・ ワッハッハハ・・・
もう笑いの渦です。

自分の母親まで一緒になってワッハッハハ・・・

ケイスケ君なんて屁とも思っていません。本当のところ友達でもありません。
そりゃ~、母親同士が仲良しだし、同学年だし、家は近所だしとつながりはありますが
全く目に入ってきたことも無いし、ましてときめいたことなど皆無です。
それが、なぬ~選ぶ権利があるだと~
うばゆりは、いたく傷つきました。
大笑いされていることにも腹が立ちました。

そう、思春期のうばゆりはとっても傷つきやすかったのです。
今なら100人に言われても、「なにさ、私にだって選ぶ権利はあるし、こっちこそ願い下げだわ!」くらい言えるのに~






         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

キルト展で糸と布を買ってきました。
昨日からその糸を取りだしては眺め、仕舞っては取りだして~の繰り返しです。
目下、作りかけているのは麻のコートとポシェットですが、この新しい糸で何かを作りたくなりました。
これ迄見たことが無い様な面白い糸なのです。
f0161708_22470184.jpg
作りかけを放りだして、布と糸でブローチの様なものを作ることにしました。
ネックレスでもブローチでも大きな形が好きなので、大きめに青い布を切って土台をまず作ります。
それから小さな四角のチョンチョコリンが付いている糸を縫い止めていきます。
右側のは麻布を利用して作ってみました。
f0161708_22474611.jpg
こんなものでも昨日から作り始めて、今日の午前中までかかりました。
まだ後ろ側の留め具は付いていません。こんなの使えるかしら?

年に1度の大きな楽しみ~と言えばキルト展です。
正式名称、第18回 東京国際キルトフェスティバルが東京ドームで開催中です。それで昨日、ハルさんと行って来ました。

体調のこともあって、いつもより2時間ほど遅く入り口に並びました。
見終わって帰る人とこれから入る人とで入り口周辺はかなり混雑してました。
f0161708_23522944.png
さて入場して、会場に突入モードになり歩き出した途端に前方からマスクを掛けたご婦人が両手をあげてうばゆり目がけて突進してきます。
「うわ~、うばゆりさーん」
マスクで顔が隠れているし、最近のうばゆりは物忘れが激しいし~
誰だか分からずキョトンと突っ立っていました。それでもかまわずそのご婦人は
「マ~何て偶然でしょう! こんな混雑の中で会えるなんて!」と感激している様子です。

その声で分かりました。 4年前まで住んでいた大町の友達テルさんです。
テルさんの作る人形は見惚れるほど素晴らしくて作品を見るのが楽しみでした。
転居してからは年賀状のお付き合いだけになってしまいました。
だけど住んでいたときはよく家を訪問し合って布談義に花を咲かせていたのです。
相手が分かった途端に今度はうばゆりが感激です。

テルさんは見終わって帰るところでした。
大町から泊まりがけでキルト展を見に来るのですから、大変な入れ込みようです。
立ち話を20分程して別れましたが、本当に嬉しい再会になりました。

素晴らしいキルト作品を見て、布や糸などを買い込んで‥‥‥‥いつも通りの楽しいキルト展でした。
素晴らしい作品を見るとやる気がモリモリ沸いてきます。








          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

1つ作り上げると、直ぐに次に作るものを考えます。

まず、ワンピースにしようか、ブラウスにしようか、それとも手提げ袋にしようか?とか大雑把に考えます。
それから布の前に立って布選びです。
以前は超お気に入りの布は外していたのですが、最近は気に入った布からどんどん使うことにしています。
いつまでこうやって作っていられるか分からないから、大事なものからどんどん使ってしまわなければ~と思うのです。
もしうばゆりが寝込んだり死んだりしたら、この布は只のゴミになってしまうからです。
f0161708_23202226.png
使いたい布を4~5種類選んで机の上に広げます。
ここで布の組み合わせと服のデザインを考えます。
結構ここに時間を使うのです。半日で決めることもあれば3日程かかる時もあります。

決まってしまえば、後は布を裁って縫うだけです。
今、広げているのは透け感のある麻布です。
是でカーデガン風の夏コートを作ろうかしらと考えています。
絵で描いてみると格好良いのだけれど、さて実際にはどうなるでしょう。





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

長く空き家だった裏の家にご夫婦が引っ越してきました。
年齢はうばゆり達とほぼ同年齢でとても感じの良い方です。
f0161708_22091738.png
二人揃って働き者で、我が家とは大違いです。
うばゆりが起きる前から庭に出て、朝ドラをやっている時間も動いています。
庭には雑草が全くなく、どんな小さな枯れ葉も見つけて掃き清めてあります。

《二人揃って働き者なんだわ~すごいな~》 と、うばゆりは見ていました。

すると山人氏が
「裏の奥さんは偉いね! 旦那さんが働き出すとそれに合わせて働いているのだね。」
と、感心したように言いました。

エエッ? 其れを言うなら
奥さんが働き出すと、旦那さんが付き合って動き出しているのでしょ!
偉いのは旦那でしょ! と、心の中で思いました。

男と女で、見方が違うのかしら?
それともアレはうばゆりへの嫌みだったのかしら?

ハイ、我が家の日常は山人氏がどう働こうが、うばゆりはお茶したりテレビを見たりしています。
勿論その反対もいつものことです。





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

戴いた浴衣を昨夜 夜中の1時まで解いていたのですが、目がショボショボしてきたので断念です。
今朝は朝食もそこそこにその続きです。

10時頃解き終わり、洗濯をして軽く乾かしてから柿渋染めをしました。
浴衣の解きだけでは勿体ないので手元にあった手ぬぐいも染めることにしました。
f0161708_23091954.jpg
とても気に入っていた絵柄ですが、染めたらますます良い感じになり大満足です。
写真の手前のねぶた風模様が浴衣の解きで、後ろ側の色々が手ぬぐいです。
本当はかなり濃い茶色ですが、写真は何故か薄い色になってしまいました。

この布を使って直ぐにでも何か作りたい気分です。
目下、上着を縫っている途中ですが中断してねぶた模様を利用しようかな?

日曜日は、家族が出払ってうばゆりが一人で留守番です。
お汁粉でも作りましょう~とやりかけている所に嬉しい連絡です。

「古い着物が手に入ったので、見て! 貰って! 」とのことです。
嬉しいな~ 
布を見るのは大好きで、その上気に入ったらくれるというのです。キャー
それにお汁粉を一緒に食べる人が見つかったのです。キャーキャー
ならば、二人よりも3人の方がもっと楽しくなるわ…………と、おけいさんに電話です。
いつも忙しく飛び回っているおけいさんが、即OKで来るという返事です。
f0161708_22595156.png
待つこと1時間半。
大袋を提げたおゆきさんと大判焼きを持ったおけいさんが前後してやって来ました。

着物を広げて皆で品定めです。
脇をほんの少し解いて布の状態を見ると、かなり劣化しているものがありましたが、
まだまだ使えそうな素敵な着物もありました。
遠慮無く「これいただく!」と握りしめました。特に1枚絶対に手を離さないぞ~と言うのがありました。
ねぶた祭の迫力ある武者達が描かれているゆかたです。
これを柿渋で染めたら~ ワクワク作るものが目に浮かんできます。

ワイワイガヤガヤ~布談義をしながらお汁粉を食べ、大判焼きも食べました。
今夜は寝る時間を減らしても素敵な浴衣を解くつもりです。

  




         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------