カテゴリ:花・植物・庭( 131 )

冬になると、春の花壇のことを考えます。
本を見たり、ネットで検索したり~
それから、テレビで海外放送のガーデンものを見たりして
毎日研究に余念はありません。
f0161708_21375163.png
今、欲しいのは匍匐性の植物とつる性の花木です。
匍匐(ほふく)ナンテ言葉、今は使わないのかしら
戦争中の匍匐前進(ほふくぜんしん)なんて想像しますね。

匍匐性植物はグランドカバーなんて洒落た名前で園芸店では扱っているみたいです。

うばゆりの庭にはタツナミソウやイブキジャコウソウ、シンバラリア、ツルハナシノブ等がグランドカバー用に植えられています。
どれも地を這ってどんどん広がり春には小さな花を咲かせます。
何かもっと変わった匍匐性の花は無いかと探しているのです。

つる性の花も良いですね。つるバラやクレマチスが代表ですが
どちらも種類が多くて希望の種類を手に入れるのが大変です。
来春は小さな花のクレマチスを植えたいと思っています。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
田舎では毎朝霜柱で、10時過ぎまで外仕事は出来なかったのに、
こちらでは暖かくて庭仕事が朝からで来ます。

庭の草取りを朝から始めました。
滅多にやらない家と松の木の間を見ると、つたが地面を覆い尽くし、上に上にと這い上がっているのに気が付きました。
家の壁にもしがみついて土も無いのにムカデのように根を伸ばしています。
大きな石の上にも這い上がっています。
窓枠の隙間にもびっしりと生えています。
f0161708_23213774.png
もしうばゆりが、ココで瞑想をおこなったら2~3日で
体中にツタが絡まってしまうことでしょう。

後1年も放っておいたら、多分壁面は見えなくなるに違いありません。
窓も開かなくなるかも知れません。そうなってからでは除去するのが大変です。

今日は、草取りを止めてツタの除去をする事にしました。
手当たり次第にツタを引っ張って切り取りましたが、なかなかすっきりしません。
引っ張っても引っ張っても、ズルズルと出てくるのです。

松の木の後ろに入り込んで作業をしていると、松の葉がチクチク突き刺さるし
腰は痛くなって来るし、、、
いい加減の所で止めました。
今日は休戦として、又来週にでも再度挑戦します。

それにしてもツタの生命力ってスゴイです。
あの葉や茎、根っこを煎じて飲んだらピンシャンと、若返るのでは無いかしら?



          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
昨夜、無事神奈川の家に戻って来ました。
車の中は丸で引っ越し荷物のようにギュウギュウ詰めです。
勿論収穫した野菜もありますが、衣類や本、山道具、パソコンなど4ヶ月間留守にするので、こちらで使う品は皆運び出しました。

さて、今日はそれらの荷物の片付けです。
f0161708_23320187.png
一段落して庭を見たら、マ~驚きました。
あちらでは毎日氷点下で花は皆姿を消していたのに、
こちらでは、色とりどりのバラが満開です。
春のバラに比べて、この時期のバラは色が鮮やかでとても綺麗です。

蕾も沢山ついていて、まだまだ楽しめそうで嬉しくなりました。
狭い日本なのに、こんなに気候が違うのですね~





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
山人氏がカリンの剪定をしました。
大小様々な枝が山ほど出たので、それを利用して何か出来ないかと考えました。

庭の雪対策をかねて囲いを作ってみることにしたのですが、
初めての挑戦で四苦八苦です。
f0161708_21381744.jpg
真っ直ぐな細い枝を集めて長さをそろえて切ります。・・とコレが大変なのです。
そもそも真っ直ぐな枝など無い上に、切れないのこぎりでギコギコやるのも大変です。

どうにか枝を切り集めて麻紐でつなぎ、それから円柱状にして編み上げます。
円柱が完成したら、雪囲いをしたいアメジストセージの上からかぶせます。
最後に藁で笠部分を作って完成です。
f0161708_21405701.jpg
こんな感じに出来たのだけど~雪囲いに見えますか?
花壇には落ち葉と藁を敷き詰めました。
これで大切な花たちは厳しい冬を乗り切ってくれるでしょう。
f0161708_21443134.jpg
クレマチスやミニバラにも藁の笠をつけてやりました。
枯れ葉で寂しかった庭が何だか楽しい庭になりました。



          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
f0161708_23115344.png
田舎はもう冬の様相です。
勿論、ストーブは10月下旬からつけています。

庭の花はほとんどが枯れてしまい、菊の花と草紅葉がかろうじて色を添えているぐらいです。

昨日から庭の片付けを始めました。
コスモス、マリーゴールド、ナスタチュームなどを抜いて、ゴミ捨て場まで一輪車で運びます。
花は枯れても根はしっかり踏ん張っているので抜くのに一苦労です。

ぼーっと枯れ草を抜いているのではありません。
来年の庭を夢見ながら、作業をしているのです。

今までは、好きな花を次から次へと求めて植えてきました。
その結果、うばゆりの庭は統一の無いただ賑やかな庭になってしまったのです。
来年こそ、「しっとりと落ち着いた大人の庭」にしたいと思うのです。
まずは、全体を白とブルーの花で覆い、ポイントに赤い花を散らす~とか、、、
今年まで庭全体を覆っていたピンク系のコスモスとオレンジ色のナスタチューム、黄色い菊は消し去らなければ~

と言うことで、片付けの時にこぼれ種を落とさないように注意しました。
それから、玄関前から菊を抜いて処分です。
半円形にびっしり花をつける菊なのですが、うばゆりの夢の庭には合いません。
ご近所さんに「菊はいりませんか?」と聞いてみましたが、だれも貰ってくれません。
泣く泣く処分しました。
夢のためには多少の犠牲は付きものです。菊さんごめんなさい。









          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
急に寒くなりました。
強い霜も降り、場所によっては霜柱も立ちました。

庭の縁取りのナスタチュームが一夜にして無残な姿です。花も葉も形が分からないほどグシャンとつぶれています。
たった一夜でこうも哀れな姿になるものか~と思いました。
そのほかの花もほとんどが首をうなだれて元気がありません。
f0161708_22531743.png
気になるハヤトウリを見るとツルも葉も形をなしていません。

先日見たときは、棚にツルが這い上がり 小さな実がいくつかぶら下がっていたのです。
それが、ずたずたの古紐がびろーんと垂れ下がっているだけです。
よく見ると下の方にツルごと落ちていましたが、実は陶器の様な肌が透明になり変な感じです。

ハヤトウリは1本から100コくらい実が採れると言う話しです。
たとえ5割と踏んでも50コ~ うわ~楽しみ!と首を長くして収穫を待っていたのです。
粕漬けにしようか? 醤油漬けにしようか? サラダも良いし、、、
等と、捕らぬ狸の皮算用‥‥‥
ア~それなのに全滅とは!クヤシイ!

隣に植えていた琉球オモチャウリも悲惨です。青い実のまま一生を閉じました。

11月に入ったばかりというのに、冬はすぐそこまで来ているのです。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
朝晩随分と寒くなってきました。
裏の林の白樺は半分以上葉を散らし、白い木肌がくっきりと見えるようになりました。
庭もそろそろ冬支度を始めなければなりません。

こぼれ種から出たポピーやニゲラ、チドリ草、ビオラの苗を間引いたり広い場所に移し替えたりしています。
最初から種が広々と広がって落ちれば問題が無いのに~ 
団子状にくっついて芽を出しているのです。
f0161708_22003764.png
好きな花から順番に良い場所を与えます。
1番がチドリ草、2番目がポピー、、、、最後がニゲラで
これは半分以上を間引いています。
どの苗も寒い冬を乗り越えてくれればいいのだけど、多分無理でしょう。
この地は雪が少ないけれど、気温は氷点下7~8度になるのです。
強い霜柱で小さな苗は生き残れないのです。

庭中をグルグルとなめるように見て歩いていると、クリスマスローズの陰に変な葉っぱが見えました。
よく見るとなんと!  ハマナスの苗です。
うばゆりの庭には自慢のハマナスが1本あります。夏中ピンクの花を咲かせ、秋には真っ赤な実を付けます。
その実がきっと飛んで とんでもないところから芽を出したのでしょう。
10センチにもみたない苗ですが、そっと掘りあげて日当たりの良い場所に植えてあげました。
2年もすれば花が咲くことでしょう。すごく儲けた気分です。
 





         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
半月ぶりに田舎に来ています。
10月下旬の田舎はすっかり秋に変わっていました。

庭の花はとても元気で色も鮮やかに咲き誇っていました。
f0161708_22210367.jpg
ナスタチューム、マリーゴールド、菊、クジャクアスター等が コスモスに代わって満開です。
小屋の周りの木も色づいてきました。
f0161708_22254294.jpg
正面の赤い葉の木はヤマボウシ、左側の黄色い葉は桜です。
土手の上にはマリーゴールドとナスタチュームが縁取っています。





          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
朝晩めっきり涼しくなりました。
この季節は、株分けや移植に大忙しのうばゆりです。 
f0161708_22220049.jpg
9月は雨が多かったので、ナスタチュームが生き返って花を沢山付けました。
10月末には種を採取して翌年の5月にまきます。
f0161708_22221404.jpg
こぼれ種でヤグルマギク(矢車草)が沢山芽を出しました。
通路に出た苗は花壇の中にお引っ越しです。寒さに耐えて冬を乗り切ってくれるといいのですが~
f0161708_22222954.jpg
ブルーの小さな花はクジャクアスターです。
大好きな花なので、挿し芽で増やしました。

周りの景色が、だんだんと秋色になってきました。





         -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]
神奈川の園芸店で、珍しい苗を3種類見つけて買いました。
それを手提げ袋に入れて、電車で田舎に来ました。
f0161708_22482551.png
植える場所を2鉢はすぐに見つけて無事植えたのですが、最後の1鉢の場所が決まりません。
残ったのはベンケイソウです。 なんだ珍しくも無い~と思われるでしょうが、このベンケイソウの葉は斑入りなのです。
うばゆりは斑入りのベンケイソウは初めて見たので、即買ってしまったのです。

水はけが良くて乾燥気味、日当たりが良く風通しの良いところがベンケイソウは好きです。
ここなら良いな、と思うところにはイカリソウがいたので抜いてベンケイソウを植えました。

さて抜いたイカリソウを何処に植えましょう。
庭をウロウロ探してやっと見つけた場所にはキキョウがいます。

それでキキョウを抜いてイカリソウを植えました。
さてこのキキョウはどこにやれば良いかしら~又庭をウロウロです。

沢山増えた白いホタルブクロを抜いて植えることにしました。
そして、そのホタルブクロを庭から追い出して敷地の斜面に植えました。
たくましいホタルブクロはきっと土手でも生き延びることでしょう。

やれやれ、たった1ポット植えるだけなのに半日掛かりました。

もっと広い庭が欲しいと思いますが、多分どんなに広くなっても満足は出来ないことでしょう。
綺麗な花や面白い植物が多すぎますもの。






          -----------
【ちょっとお茶でも】 ←コメントはこちら
【古日記】 ←以前のうばゆり日記&チョットした情報はココ

今日もお読みいただき有り難うございました    
       ----------------

[PR]